サンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument)

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 21~22

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

モニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんだあと、DAY 21にモニュメントバレーからフラッグスタッフへ、そしてDAY 22にセドナへ移動しました。 その途中には、4か所の National Monument(国定公園)が点在しています。

各国定公園(国定記念物)、モニュメントバレー、フラッグスタッフ、そしてセドナの位置関係は次の地図の通りです。

DAY 21 と DAY 22に4か所すべての国定公園に立ち寄ってきました。

DAY 21

ナバホ国定公園 (Navajo National Monument)

ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument)

・サンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument)

DAY 22

ウォルナットキャニオン国定公園 (Walnut Canyon National Monument)

今日は、その中の サンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument) を紹介します。

サンセットクレーターボルケイノ国定公園
(Sunset Crater Volcano National Monument)

サンセットクレーターボルケイノ(火山)はアリゾナ州フラッグスタッフ (Flagstaff) という街の北にあります。 最後の噴火は西暦1085年、最新の研究では現在は死火山 (extinct) とされています。 ここでは火山の大きなクレーターと溶岩流の跡を見ることができます。 分類上は、噴石丘 (cinder cone) といい、なだらかな傾斜を持った大きな火口の火山です。 プロミネンス(比高)は304メートルですから、近くから眺めてもそれほど高い火山には見えないです。 でも標高は2,451メートルもあります。

このサンセットクレーターボルケイノを保護するために周辺の広い範囲が国定公園に指定されています。

アメリカの国立公園管理局 (NPS, National Park Service) が運営するサンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument) のオフィシャルサイトです。

フラッグスタッフからすぐ

フラッグスタッフの街からUS-89を北へ少し走り、その東側にあるサンセットクレーターボルケイノ国定公園とウパトキ国定公園とをつなぐループ状の道路沿いにあります。

グランドキャニオン(サウスリム)、セドナまで足を延ばすなら、折角の機会ですからこのループ状の道路を走ってサンセットクレーターボルケイノ国定公園と前回紹介したウパトキ国定公園も旅程に組み込んでみる価値は十分あると思います。 またモニュメントバレーへ南側からアプローチする場合には通り道のすぐ脇にこのループ状の道路があるので3時間程度の時間の余裕を作ることができれば是非立ち寄ってみたいところです。

サンセットクレーターボルケイノ国定公園のエントランス

今回はループ状の道路を北から時計回りで、まず最初に前回紹介したウパトキ国定公園をそして次にこのサンセットクレーターボルケイノ国定公園です。 お決まりの場所で写真です。

地面を見てください。 細かな噴石(軽石)の粒のようなもので覆われています。 この国定公園には同じような粒で覆われている場所が多いです。

このエントランスには料金所はありません。 ビジターセンターで自己申告して支払います。 サンセットクレーターボルケイノ国定公園かウパトキ国定公園のどちらかで入園料金を支払えばもう片一方では領収書を示せば大丈夫です。

Cinder Hills Overlook

サンセットクレーターボルケイノ国定公園のエントランスの看板のところからCinder Hills Overlookという見晴らし台に車でそのまま上がっていくことができます。

西暦1085年の最後の噴火の時に活発に活動したエリアを見渡せます。

クリックすると拡大します。

そして、右に90度向きを変えるとサンセットクレーターボルケイノが目の前に迫ります。 まさにその名の通りのサンセットのときに写真を撮ることができました。

トレイルもあります

帰り際にビジターセンターでもらったトレイルマップを貼っておきます。 前回紹介したウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument)も同じですが、このループ道路を回るときは、北側からではなく南側から反時計回りで回る方が効率が良いです。 まず初めに各国定公園のビジターセンターが設置されていて、その後、見どころになる場所やトレイルなどを回っていくことができるからです。

Lava’s Edge Trailは利用できないと言っていました。(2017年11月中旬時点)

今回はLava Flow Trailをハイキングしました。 昨年(2016年)11月にもこのサンセットクレーターボルケイノ国定公園に来ていてその時にはA’a Trailを歩きました。(ゴツゴツに固まった溶岩の塊の中を進むのでハイキングという感じはしません) 各々、写真付きで紹介します。

Lava Flow Trail

その名の通り溶岩流跡の中に作られたトレイルです。

最初の400メートルは舗装されていて平坦な道です。 車椅子でも大丈夫なようにデザインされています。 残りの1.6キロメートルのループ状のトレイルは舗装はされていません。 ちょっとラフなトレイルになるようです。

クリックすると拡大します。

ここがなかなかいい眺めの場所でした。 先ほどの案内板に書いてありましたが、サンセットクレーターボルケイノ内部のハイキングは禁止されています。

トレイル上には、いろいろ説明板が置いてあります。 興味がありましたらどうぞ。

クリックすると拡大します。

A’a Trail

去年(2016年)11月にこの地を訪れA’s Trailを歩いたときの写真を貼っておきます。 凸凹にそして切り立った状態で固まった溶岩の中を歩きます。

クリックすると拡大します。

動画を撮ってきました

サンセットクレーターボルケイノ国定公園のLava Flow Trailの中間地点あたりでの動画です。

ビジターセンター

ビジターセンターは、ループ道路の南側のUS-89に近いところにあります。 南からアプローチするときは、最初にビジターセンターで説明を受けてから見どころを順番に回りましょう。 今回は北からアプローチしたので、最後の出口に近いところでこのビジターセンターに迎えられました。

ビジターセンターからもう少し走ったところでサンセットクレーターボルケイノともお別れです。 ループ道路を南側からアプローチするときはここが最初にサンセットクレーターボルケイノを眺める場所になります。

クリックすると拡大します。

ウパトキ国定公園とサンセットクレーターボルケイノ国定公園を結ぶループ道路は全長54キロメートルもあります。 ずっと片道1車線、スピードはそれほど出せないので走り抜けるだけでも1時間はかかるでしょう。 途中、両方の国定公園の見どころに立ち寄って景色を楽しみ、トレイルも歩いてということをしようと思うと3時間は欲しいところです。

まとめ

サンセットクレーターボルケイノ(火山)はアリゾナ州フラッグスタッフ (Flagstaff) という街の北にあります。 最後の噴火は西暦1085年、最新の研究では現在は死火山 (extinct) とされています。 ここでは火山の大きなクレーターと溶岩流の跡を見ることができます。

Cinder Hills Overlookという見晴らし台には是非行ってみましょう。 車でそのまま上がっていくことができます。 西暦1085年の最後の噴火の時に活発に活動したエリアを見渡せます。 また、サンセットクレーターボルケイノをすぐ間近で見ることができます。

Lava Flow Trailは溶岩流跡の中に作られたトレイルです。 サンセットクレーターボルケイノに来たと最も実感できる場所です。

グランドキャニオン(サウスリム)、セドナまで足を延ばすなら、折角の機会ですからこのループ状の道路を走ってサンセットクレーターボルケイノ国定公園と前回紹介したウパトキ国定公園も旅程に組み込んでみる価値は十分あると思います。