ユタ州キャピトル・リーフ国立公園へ行くならCapitol Reef Resortの宿泊がおすすめ!

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 12~13

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 12~13はユタ州南部中央に位置し、断崖、峡谷、ドーム、ブリッジが織りなす隠れた宝物と評されるキャピトル・リーフ国立公園 (Capitol Reef National Park) へ行ってきました(詳しくは前回の記事をご覧ください)。

今回はこのキャピトル・リーフ国立公園を訪れた際に利用したホテルを紹介・おすすめします。

キャピトル・リーフ リゾート
(Capitol Reef Resort)

2017年11月、キャピトル・リーフ国立公園を訪れた際に、キャピトル・リーフ リゾート
(Capitol Reef Resort)というところに2泊しました。

こちらがオフィシャルサイトです。

Capitol Reef Resort places you right where many adventures begin at Capitol Reef National Park and provide you with charming accommodations and more!

外観

新しくできたリゾートホテルのようです。 まだ一部工事中のところがありました。

入ってすぐのところです。

屋根には、防寒タイルらしきものがまだ積まれたままです。 これから屋根に敷き詰めていく感じでした。

キャピトル・リーフ国立公園に近い!

ホテルの前の道路から眺めてみました。

キャピトル・リーフ国立公園のエントランスの看板まで車で5分程度。 ビジターセンターまで15分程度です。 訪問先の玄関脇にあるようなホテルです!

客室タイプにおどろき!

そしておしゃれな感じ。 ホテルタイプの2階建てのメインの建物の他に、キャビンタイプやTeePee(ティーピーはネィティブインディアンが利用した移動用住居)、Conestoga Wagon(西部開拓者が利用したほろ馬車)タイプの客室もあるのです。

写真を見ないとイメージがわかないと思います。

クリックすると拡大します。

エイドリアンが撮った上の写真は2017年11月のもの。  ティーピーとほろ馬車タイプの客室は、6月から9月の予約のみ受け付けてくれます。 冬場はちょっと寒そうですね。利用されていないときなので明かりがなく少しそっけない感じですありません。

オフィシャルサイトには明かりが利用されている時のとってもおしゃれな感じの写真が掲載されているので貼っておきます。

クリックすると拡大します。

キャンプファイヤーサービスは11月でもありました

エイドリアンが滞在したのは2017年11月でしたがキャンプファイヤーサービスはありました。

このホテルに泊まるのは、キャピトル・リーフ国立公園を訪れる観光客ばかり。 エイドリアンが宿泊した日はアメリカ、イギリス、フランス、カナダ、韓国からの観光客がキャンプファイヤーを囲みながら、どこに行った、次はどこに行くと自慢話に花が咲きました。

動画も貼っておきます。

客室も立派

エイドリアンはこの日はホテルタイプの部屋を利用しました。 部屋のドアを開けてすぐのところです。

部屋は十分な広さです。 リゾートと名前を付けているだけあり、装飾品にもお金をかけているなという感じがします。 バスタブはきれいでした。 冷蔵庫、電子レンジもあります。

クリックすると拡大します。

まとめ

キャピトル・リーフ国立公園を訪れた際に利用したホテル、キャピトル・リーフ リゾート
(Capitol Reef Resort)。 公園のエントランスからは車で5分程度の至近距離。 新しいホテルでまだ一部工事中のところがありました。

特筆すべきは、このホテルには、一般のホテルの客室タイプやキャビンタイプの他に、6月から9月の季節限定で予約できるティーピーやほろ馬車タイプの客室まであるのです。 これには今度是非泊まってみたいと思います。

11月でしたがキャンプファイヤーのサービスがありました。 国立公園を巡る旅行者とのおしゃべりを楽しむことができます。

キャピトル・リーフ国立公園を訪れる際の宿泊先をお探しなら候補先として検討する価値は十分にあると思います!