ユナイテッド航空 ファーストクラス 搭乗記 サンフランシスコ~ホノルル

シアトルを起点にハワイ旅行

2017年8月21日に観測された皆既日食を見る旅(2017 8月 アメリカ(ワシントン-オレゴン 皆既日食!))終了後、シアトルを起点にハワイへ行く旅がスタートします。 目的地はマウイ島。 このハワイ・マウイ島へ行く旅の一連の記事は、2017 8月 アメリカ(ハワイ)でご覧いただけます。



サンフランシスコからホノルルへ

この日は、シアトル~サンフランシスコ~ホノルル~カフルイ(マウイ島)と乗り継ぎます。 今回はサンフランシスコ~ホノルル便の紹介です。

Great Circle Mapper

搭乗機材はアメリカ国内線用B777-200

結局、シアトルからサンフランシスコの便は変更後の便が少し遅れましたがホノルル行きの便への乗り継ぎには影響ありませんでした。

2017年8月 UA300便 サンフランシスコ(SFO)ー ホノルル(HNL
出発: 13:20 / 到着: 15:38
飛行時間: 5:18
機材: B777-200
搭乗クラス: ファーストクラス

搭乗機材は米国内線用のB777-200です。 ファーストクラスは横8席。 ユナイテッド航空がビジネス・ファーストとして従来使っていた座席タイプです。

エイドリアンの座席は1A。 一番前の左窓側席です。 この席は後ろ向きになります。

B777-200 version 3 Seatmap / United Airlines Homepage

搭乗です

82番ゲートからの搭乗でした。

後ろ向きの座席1Aと1Bです。

クルーの休憩用にも使われる席みたい

ファーストクラスへのアップグレードが確定した段階では後ろの方の通路側の席でしたが、搭乗日の3~4日前くらいに、1Aと1Bが空席になったので、1Aに変更しました。 1Aと1Bの席を覆うようにカーテンとカーテンレールが備え付けられています。 クルーの休憩用に充てられるときもありそうです。

ハワイ線B777-200ファーストクラス席の紹介

個人用モニターです。

シートコントローラーとハンドセット。 ヘッドフォンジャックの差し込み口がこの写真の右上の方にあります。

前方の足置き。 ファーストクラスで横に8席もあるので、座席配置をパズルのように組み合わせ、足先はちょっと狭い感じになります。 ヘッドフォンは、現在の国際線のポラリス・ビジネスクラスで使用されているのと同じタイプでした。

座席間のひじ掛け前方下には電源差し込み口とUSBポートがありますが、座席に座っている時に利用する際は手探りになるのでちょっと不便です。

出発前のサービス

ウエルカムドリンクです。 シャンパンではなく、スパークリングワインだと念を押されました。

扉が閉まり、プッシュバックされ、出発です。

後ろにはB747-400です。 もう乗る機会はないかもしれません。

離陸後のサービス

ハワイ路線にはマイタイがあります。 パイナップルスティックがずっしりと入っています。

次いで、赤ワインを頂きました。 アルコールはここまで。 ホノルルで乗り継いでマウイ島に到着後、車の運転があります。

肉か魚の選択です。 紙のメニューはなく、口頭での説明です。 肉と魚に何がついてくるのかという問いに要領を得ませんでした。 魚には普通は御飯なんだけど、という説明でしたが。 魚を選択。 見た目はなかなか良さそうです。

この白身魚は柔らかく、ソースとの相性も良くてとても美味しかったです。 野菜の付け合わせもグッドでした。 御飯はなかったですね。

サラダはハワイ風です。 果物の甘みとバルサミコヴィネグレットドレッシングの酸味が食欲をそそります。

こちらがドレッシングです。

パンとバターです。 このパンの名前は、プレッツェルバンズでよかったかな? もっちりしていて美味しいですね。

酸っぱい、でもあっさりした味のシャーベットでした。

到着前には

焼きたてのクッキーが配られました。

クッキーに牛乳という組み合わせを好む方も多いようで、トレーにコーヒーのほかに牛乳だけが入ったグラスも載せてありました。

もうすぐ、ホノルルに到着です。 南の方には、熱帯の雨雲がきれいに横に並んでいますね。

ダイヤモンドヘッドとワイキキビーチが見えてきました。

到着です

到着後、マウイ島への乗り継ぎのためにハワイアン航空のターミナルへ移動しました。 手前に見えるのが乗ってきた飛行機です。

エイドリアンの感想

アメリカ国内線仕様のB777-200のファーストクラスは今回が初めての利用でした。 従来のユナイテッド航空の国際線ビジネス・ファーストクラスと同等の座席です。 機内食は、十分に合格点だと思います。 マイタイがあるのもいいですね。 ユナイテッド航空としてもハワイ路線の機材を良くしていく方向にするなら、米国本土の東西を結ぶp.s.プレミアムサービス(ここここ)のように紙のメニューや簡単なアメニティがあってもいいかもしれないですね。 その方が高級感が出るかもしれません。

同じタイプの機材が成田とグアムの間でも飛んでいます。 ファーストクラスを利用する場合は、予約する際に機材を確認してこのB777-200の機材を選ぶ方が快適な旅になりそうです。

次は、ハワイアン航空でマウイ島・カフルイへ向かいます。