バンフのトンネル山頂上へ登山ハイキング

2017年5~6月 カナダとカリフォルニアへ

カルガリーを起点にカナディアンロッキーの大自然を満喫し、サンフランシスコ周辺でチェリー摘みを楽しむ旅。 この旅の一連の流れは2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)から確認できます。



バンフで楽しめる登山ハイキングコース

バンフにあるトンネル山(Tunnel Mountain)のトレイルは2時間程度で頂上までの往復を楽しめる登山ハイキングコースです。 しっかり整備されたトレイルで安心して登ることができます。 登っていくにつれて少しずつ眼下にバンフの街並みと周囲を囲む山々の景色が広がっていきます。 そして頂上に近づくと山の反対側の光景が一気に開けます。 小さな山で初級者向けの位置づけですが途中少し息切れするくらいの勾配の強弱があり、カナディアンロッキーの(小さな)山の頂上まで登山をしたという達成感を味あうことができました。 読者の皆さんに自信をもってお薦めできるトレイルです。

バンフのトンネル山トレイルってどこに?

トレイルヘッド(トレイルのスタート地点)は下の地図の中心点。 トレイルヘッドまではバンフの町の中心部から歩いても行けるくらいですが、自動車用の舗装された道路を歩くことになるのであまり面白みがなさそう。 車がある方は車でトレールヘッドまで行くのが良いと思います。

人気のトレール、駐車場はあるけど。。。

トレイルヘッドには広い駐車場がありますがエイドリアンが到着した朝の10時頃には8割方埋まっていました。 こちらのトレールの人気の高さを実感できます。 下の写真はトレールヘッドの駐車場です。 この写真の後ろ側のほうに駐車場が広がっています。

トレイルヘッドの案内もバッチリ

この案内があればトンネル山のトレイルの方角を間違えることはないですね。

トレイルの地図もあります。 解像度が悪くて見にくいですが、片道距離2.4キロメートル、標高差260メートルとの記載があります。

ルールを守って登山ハイキングを楽しもう

トレイルから外れることがないように。

Limber pine tree という松の種類が絶滅寸前のようです。 トレールから外れずに、自然は自然のままに。

登山ハイキングの途中で景色が大きく変わります

登り始めたときはこれくらいの景色です。

ちょっと上の方まで来ました。 真ん中下の方に見ええるのは、あの有名なFAIRMONT BANFF SPRINGSホテルですね、たぶん。

上の方まで登ってくると見晴らしがよくなります。 真ん中の下の方にボー川が見えます。

頂上に近づいてくると急に山の反対側が開けてきます。 この緑の中でゴルフが出来たら最高でしょうね。 グーグルフォトが複数の写真を自動的につなげてパノラマ写真にしてくれました。

頂上に到着、気持ちのいい汗です

頂上では、「Congratulations!」の案内板で迎えてくれます。

頂上からの眺めです。 景色を楽しみながら小休止です。

右手にはバンフの街側の方も視界に入ります。

皆さんも機会があればぜひトライしてみてください。