シンガポール航空 新型機B787-10 ビジネスクラス搭乗記 シンガポール~大阪

シンガポール・香港経由コロラドロッキーへの旅

2018年5月、大阪からシンガポール・香港経由でアメリカ、コロラド州のデンバーへ飛びます。 デンバーを起点にロッキーマウンテン国立公園へドライブし景色の良いトレイルのハイキングを楽しむ旅です。 この一連の旅行記事はこちら(2018 5月 アメリカ(コロラドロッキー)、シンガポール・香港経由)に順次追加してゆきます。

今回の記事では、シンガポール航空のビジネスクラス(新型機ボーイングB787-10)を利用したシンガポール~大阪・関西のフライトを紹介します。

シンガポール航空の新型機B787-10のビジネスクラスについては今回の旅行の往路SQ619便(大阪~シンガポール)の搭乗記にめちゃくちゃ詳しく紹介しているのでそちらも併せてご覧ください。

なぜシンガポール・香港経由にしたかについてはこちらの記事に詳しく書いています

今回の旅のフライトを地図の上で眺めるとこのような感じです。

Great Circle Mapper



SQ618 シンガポール~大阪・関西の深夜便

この日、利用する便の情報です。 機内では寝るだけの深夜便です。

2018年5月 SQ618便 シンガポール(SIN)ー 大阪・関西(KIX)
出発: 01:25 / 到着: 09:05
飛行時間: 6:40
機材: B787-10
搭乗クラス: ビジネスクラス

シルバークリスラウンジで夕食

今回はシンガポール航空のビジネスクラス利用なので、シンガポール航空のラウンジ(シルバークリスラウンジ)を利用できます。 深夜便なので、搭乗前にシルバークリスラウンジで夕食を取り、搭乗後は寝ることにしました。

T3(ターミナル3)のシルバークリスラウンジのエントランスです。 右手の受付で搭乗券を提示してラウンジ内へと進みます。

お腹いっぱいになるまでいただきました。 一番シンプルなお粥が最高に美味しかったです。 食べたものをギャラリーにしました。(クリックすると拡大します)

ゲートA14からの出発

眠い目をこすりながら搭乗ゲートA14へ向かいます。 シンガポール・チャンギ国際空港は各搭乗ゲート前で手荷物検査があるので時間の余裕をもってゲートへ向かう方が良いですね。

良い座席なんだけどかなり圧迫感を感じました

進行方向に向かって右側の窓側席です。 この席に座ってまず感じたことは、かなり圧迫感があるということです。 いい意味では個室感・プライベート感があるということなのだと思いますが、深夜便で機内が暗く座席の囲いが結構高くて座った時に、箱の隅に追い込まれたような感覚を覚えました。 座席の囲いで窓を一つ完全に塞いでしまっているのはもったいないように思います。 (往路のSQ619大阪~シンガポールの時は、それほど窮屈さを感じませんでした。 昼間の便で終始明るかったのと、真ん中の島側の席だったのも影響したと思います)

** ユナイテッド航空のポラリスビジネスクラスと比較 **

右の写真はユナイテッド航空のポラリスビジネスクラス(日本路線では現在B777-300ER機材に設置)の窓側座席です。 今回利用してみて、シンガポール航空もユナイテッド航空も座席の造りはとても似通っていると感じました。

一番の違いは、シンガポール航空のように窓を一つ塞いでまでも頭の周りを完全に覆ってしまってプライベート感を高めるか、それともユナイテッド航空のように窓を生かしてプライベート感と開放感のバランスを取るかというところだと思います。 好き嫌いが分かれるところかと思いますが、エイドリアンは圧倒的にユナイテッド航空タイプの方が好きです。

こちらがシンガポール航空のB787-10のシートマップです。

B787-10 Seatmap / Singapore Airlines Homepage

就寝の準備

エイドリアンの席からのビジネスクラスキャビンの眺めです。

深夜便で寝るのでひじ掛けは押し下げて横のスペースを広げます。

小物入れに押し込んで寝る体制を整えます。

機内食(朝食)は、離陸後すぐでも着陸前でもどちらでも提供できるけどどちらが良いですかとFAさんが聞きに来てくれました。 もちろん到着前でお願いしました。

普段はあまり使わないアイマスクもこの便では使いました。

新聞・雑誌も持ってきてくれましたが、これは到着前の読み物にします。

「必ずご覧ください」ですが、後ろの景色の方ばかりに目が行きます。

離陸後すぐに水の配給がありました。 寝るということを理解してくれています。

寝つきが良くなるように少しだけアルコール(カクテル)をいただきました。

朝食のサービス

そして、気が付いたら機内が明るくなっていました。 台湾の東沖を飛んでいます。 大阪までまだ2時間13分もあります。 ユナイテッドならもう1時間寝かしてくれるんだけどね。

機内食のメニューです。

こちらは和食。

こちらは洋食などなど。

和食『花恋暦』を選びました。 和食は、ボーイング787-10の関西空港路線就航を記念した大正元年創業の京都の料亭「菊乃井」のシェフ、村田吉弘氏による特別創作料理です。

各料理をギャラリーにしました。 クリックすると拡大します。

すべてとても美味しかったです。 そして一番驚いたのは、あさりの味噌汁が出てきたということです。 機内でいただいているということを感じさせないくらいに美味しいあさりの味噌汁でした。 おそらく、かなりの工夫がなされているんだろうなと感じました。

最後にカプチーノをいただきました。

関空に順調に到着

高度を下げていきます。

そして無事関空に到着です。

まとめ

シンガポール航空のB787-10型機のシンガポール~大阪・関西 ビジネスクラス深夜便の搭乗記です。

シンガポール航空B787-10のビジネスクラスの座席周り等の装備はユナイテッド航空のB777-300ERの新しいポラリス・ビジネスクラスととても似通っています。 しかし、窓側席に座った時にシンガポール航空の場合はかなり圧迫感を感じました。 その違いは、頭の周りの囲いです。

  • シンガポール航空は、窓を一つ塞いでまでも頭の周りを完全に囲いで覆ってしまってプライベート感を高めています、
  • ユナイテッド航空は、窓の部分の囲いはなくプライベート感と窓側の開放感のバランスを取っています

好き嫌いが分かれるところかと思いますが、エイドリアンは圧倒的にユナイテッド航空タイプの方が好きです。

離陸後は少しだけアルコールを流し込んで熟睡しました。 大阪に到着2時間以上前に機内が明るくなり朝食となりました。 朝食には和食を選びました。 和食は、ボーイング787-10の関西空港路線就航を記念した大正元年創業の京都の料亭「菊乃井」のシェフ、村田吉弘氏による特別創作料理です。 とても美味しくいただきました。