ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument) フラッグスタッフ近くの古代住居・集落

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 21~22

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

モニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんだあと、DAY 21にモニュメントバレーからフラッグスタッフへ、そしてDAY 22にセドナへ移動しました。 その途中には、4か所の National Monument(国定公園)が点在しています。

各国定公園(国定記念物)、モニュメントバレー、フラッグスタッフ、そしてセドナの位置関係は次の地図の通りです。

DAY 21 と DAY 22に4か所すべての国定公園に立ち寄ってきました。

DAY 21

ナバホ国定公園 (Navajo National Monument)

・ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument)

サンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument)

DAY 22

ウォルナットキャニオン国定公園 (Walnut Canyon National Monument)

今日は、その中の ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument) を紹介します。

ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument)

ウパトキ国定公園では、古代アメリカ原住民プエブロ族の12~13世紀頃の住居遺跡などを見ることができます。 ビジターセンターが置かれている場所に残る遺跡には古代の村集落の多くの機能がそのまま残っています。

前回紹介したナバホ国定公園や近く紹介するウォルナットキャニオン国定公園の古代住居遺跡は断崖に作られていますが、ここウパトキ国定公園の住居遺跡は平原や小高い丘に作られている点が大きく異なります。

アメリカの国立公園管理局 (NPS, National Park Service) が運営するウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument) のオフィシャルサイトです。

フラッグスタッフからすぐ

フラッグスタッフの街からUS-89を北へ少し走り、その東側にあるウパトキ国定公園とサンセットクレーターボルケイノ国定公園 をつなぐループ状の道路沿いにあります。

グランドキャニオン(サウスリム)、セドナまで足を延ばすなら、折角の機会ですからこのループ状の道路を走ってウパトキ国定公園とサンセットクレーターボルケイノ国定公園も旅程に組み込んでみる価値は十分あると思います。 またモニュメントバレーへ南側からアプローチする場合には通り道のすぐ脇にこのループ状の道路があるので3時間程度の時間の余裕を作ることができれば是非立ち寄ってみたいところです。

ウパトキ国定公園のエントランス

今回はモニュメントバレーから南下してきたときに、ループ状の道路を北から南に時計回りにドライブしました。 北側のループ道路に入ってすぐのところにウパトキ国定公園のエントランスがあります。 お決まりの場所で写真です。

クリックすると拡大します。

Box Canyon Dwellings (住居) と Lomaki Pueblo (村集落)

ループ状の道路に入ってしばらく走ると左手に Box Canyon Dwellings と Lomaki Pueblo の遺跡の案内板が出てきます。

駐車場に車を停めると簡単なマップがあります。

クリックすると拡大します。

トレイルからはみ出さないようにしましょう。

Box Canyon Dwellings(住居)

名前の通り箱状の住居です。 少し小高い丘の上に作られています。 レンガ造りで、崩れてしまった部分もありますが現在でもレンガが崩れずにしっかりと残っている部分もあります。 柵で囲われているわけではないので、すぐ目の前で昔の住居を見ることができる貴重な場所です。

クリックすると拡大します。

すぐ隣にも同じような住居遺跡があります。

クリックすると拡大します

サンセットクレーターボルケイノ(火山)

遠くにサンセットクレーターボルケイノ(火山)が見えます。 足元の砂は火山灰であることが分かります。

この地域で暮らしていたプエブロ族原住民は、サンセットクレーターボルケイノ(火山)の噴火で幾度となく他の地域へ移住せざるを得なくなったようです。

Lomaki Pueblo(村集落)

こちらは少し大型の住居です。 名称はPueblo(村集落)になっています。 レンガ作りの住居の中に入っていくことができます。

Lomaki Puebloのすぐ横には小さな崖があります。 地面には溶岩石があちこちに転がっています。 サンセットクレーターボルケイノ(火山)が噴火した時にここまで飛んできたのでしょうか?

Nalakihu and Citadel Pueblos (村集落)

400メートルほどの舗装されたトレイルになっています。 小高い丘のてっぺんにまで登るので360度の景色を楽しめます。

クリックすると拡大します。

小高い丘のてっぺんからの眺め。360度、ぐるりと遠くまで見渡すことができます。

小高い丘の裏側には大きな窪地があります。 名前はCitadel Sink。 てっきり火山のクレーターかと思ったのですが違うようです。 雨水で大量の石灰が溶け出し、陥没してこのような地形ができたようです。

Citadel Sinkの動画です。

ビジターセンター

ウパトキ国定公園のビジターセンターです。

ビジターセンターで、トレイルの地図をもらいました。

次回の紹介するサンセットクレーターボルケイノ国定公園も同じですが、このループ道路を回るときは、北側からではなく南側から反時計回りで回る方が効率が良いです。 まず初めに各国定公園のビジターセンターが設置されていて、その後、見どころになる場所やトレイルなどを回っていくことができるからです。

Wupatki Pueblo (村集落)

ビジターデンターの裏手にはWupatki Puebloが広がっています。 ビジターセンターで案内の冊子を貸してくれます。 こんなのです。 帰るときには返却します。

ここはかなり広い土地に村集落として多くの古代プエブロ族の人々が住んでいました。

まとめ

ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument) では、古代アメリカ原住民プエブロ族の12~13世紀頃に作られた住居遺跡などを見ることができます。 ビジターセンターが置かれている場所に残る遺跡には古代の村集落の多くの機能がそのまま残っています。

住居遺跡などの多くは平原や小高い丘の上に作られているので、アクセスが容易、トレイルもしっかりと整備されているのもうれしいです。 予備知識なしで現地に向かってもなかなか理解が深まらないと思います。 このブログで少し予備知識を持って現地のウパトキ国定公園を歩いてみてください。 古代のプエブロ族の人々がどのような暮らしをしていたのか想像が大きく膨らむこと間違いなしです。

グランドキャニオン(サウスリム)やセドナまで足を延ばすなら、折角の機会ですから近くにあるウパトキ国定公園と次回紹介するサンセットクレーターボルケイノ国定公園も旅程に組み込んでみる価値は十分あると思います。 またモニュメントバレーへ南側からアプローチする場合には通り道のすぐ脇にウパトキ国定公園があるので3時間程度の時間の余裕を作ることができれば是非立ち寄ってみたいですね。