ナバホ国定公園 断崖に掘られた住居遺跡 モニュメントバレーの旅の前か後にいかが?

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 21~22

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

モニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんだあと、DAY 21にモニュメントバレーからフラッグスタッフへ、そしてDAY 22にセドナへ移動しました。 その途中には、4か所の National Monument(国定公園)が点在しています。

各国定公園(国定記念物)、モニュメントバレー、フラッグスタッフ、そしてセドナの位置関係は次の地図の通りです。

DAY 21 と DAY 22に4か所すべての国定公園に立ち寄ってきました。

DAY 21

・ナバホ国定公園 (Navajo National Monument)

ウパトキ国定公園 (Wupatki National Monument)

サンセットクレーターボルケイノ国定公園 (Sunset Crater Volcano National Monument)

DAY 22

ウォルナットキャニオン国定公園 (Walnut Canyon National Monument)

今日は、その中の ナバホ国定公園 (Navajo National Monument) を紹介します。

ナバホ国定公園 (Navajo National Monument)

ナバホ国定公園では、1909年に発見されたナバホ語でベタテキン (Batatakin)と呼ばれる断崖に掘られた住居の遺跡を見ることができます。

ベタテキン (Batatakin)と呼ばれる断崖住居の遺跡 (ここに100~125人が暮らしていました)

この断崖住居には、アナサジ族 (Anasaji、ナバホ語で古代の人を意味する) が暮らしていました。 実際に住居に使用されたのは50年(西暦1250~1300)ほどです。 アナサジ族の子孫は今日のプエブロ族 (Pueblo Indian) です。

アメリカの国立公園管理局 (NPS, National Park Service) が運営するナバホ国定公園 (Navajo National Monument) のオフィシャルサイトです。

モニュメントバレー観光の前か後にいかが?

ラスベガスやグランドキャニオン(サウスリム)、セドナなどからモニュメントバレーへ向かう時にはナバホ国定公園のすぐ近くを通ることになります。 モニュメントバレーからは車で1時間15分ほどです。 モニュメントバレー観光の前か後にいかがでしょうか? 観光客は少なく、しっかりメンテナンスされたトレイルが設置してありますよ。

ナバホ国定公園 多くの写真を使って紹介します

DAY 21は、朝8時頃にモニュメントバレーを出発しました。 モニュメントバレーとKayentaの街のちょうど中間地点にあるビュートにも別れを告げます。

到着です

Kayentaの街からUS-160 を西に向けて約30キロメートル走ります。 AZ-564とNavajo National Monumentの案内のところを右折し、AZ-564を北へ15キロメートルくらい走ると到着です。 以下の写真はクリックすると拡大します。

ビジターセンター

もう少し走るとすぐにビジターセンターが現れます。

クリックすると拡大します。

ビジターセンター内にはベタテキン (Batatakin)と呼ばれる断崖住居の遺跡の写真や模型を見ることができます。

クリックすると拡大します。

ビジターセンターには、ナバホ国定公園の案内冊子と日本語の説明メモ(ページ1)も置いてくれています。

ベタテキン (Batatakin) 断崖住居の遺跡を見晴らせる場所へ

ベタテキン断崖住居を見晴らせる場所(Betatakin Overlook)へは、Sandal Trailというトレイルを歩きます。 往復1.3マイル(約2キロメートル)です。

クリックすると拡大します。

Betatakin Overlook

ベタテキン断崖住居を見晴らせる場所(Betatakin Overlook)に到着です。 なかなかいい眺めですよ。

真正面にベタテキン断崖住居を見ることができます。 Betatakin Canyonを挟んで反対側にあります。

拡大してみました。 ビジターセンターの模型にあった細かな住居のユニットまでは確認できないですがそれらしき影は分かります。

見晴らしの場所にあった説明版です。

クリックすると拡大します。

Canyon View Trail

ベタテキン断崖住居を眺めるOverlookの場所の目の前にあったBetatakin Canyonを正面から眺めることができます。 Sandal Trailの来た道を戻り、Canyon View Trailのサインに従って進みます。

クリックすると拡大します。

Canyon Viewのいい眺めです。 東を向いているので夕方には岩肌の赤みが増してもっときれいな光景になることでしょう。

Canyon View Trailの先端まで行きました。

Pinyon Pineって何?

Pinyon Pine Nutsは松の実の意味。 このナバホ国定公園の敷地に入ると至るとことにPinyon Pineの実を採ることは禁止されているという張り紙がありました。 ビジターセンターで聞いたら、そのまま食べたり、炒ったりして食べるそうで、とても美味しいのだけれども国定公園内の松の実を採ることは禁止されているとのことでした。

クリックすると拡大します。

恐竜の足跡の化石(本物)

ビジターセンターの裏口(トレイルへつながる道の途中)に恐竜の足跡の化石がありました。 無造作に地面に埋め込まれているだけという感じ。 触ることもできます。 本物ではなくコピーしたものかと思いましたが、ビジターセンターで確認したら本物だとのことでした。 このナバホ国定公園の北側で恐竜の多くの化石が発見されているそうでその中から足跡の本物の化石を寄贈してもらったとのことでした。

下の写真はクリックすると拡大します。

こちらが恐竜の足跡の化石です。

まとめ

ナバホ国定公園では、1909年に発見されたナバホ語でベタテキン (Batatakin)と呼ばれる断崖に掘られた住居の遺跡を見ることができます。

ベタテキン (Batatakin) 断崖住居、そして Betatakin Canyonを眺める場所への初級者向けのトレイルがあります。 気持ちいい汗を流して、素晴らしい光景を楽しむことができます。

ビジターセンターの裏口には近くで発掘された1億8千年前の恐竜の足跡の化石が地面に埋め込まれています。 本物です。 触ることもできます。

ラスベガスやグランドキャニオン(サウスリム)、セドナなどからモニュメントバレーへ向かう時にはナバホ国定公園のすぐ近くを通ることになります。 モニュメントバレーからは車で1時間15分ほどです。 モニュメントバレー観光の前か後にいかがでしょうか?