ローカルホテル一覧

モニュメントバレー The View Hotelと併設キャビンの予約方法を分かりやすく解説

モニュメントバレーのおおすすめの宿泊施設、The View Hotelのキャビンの予約方法を詳しく説明しました。なんとホテル側よりもおすすめのキャビンの方が年間を通じてお得なレートです。さらに11月以降のオフシーズンになるとピーク時の約半額です

保存版 モニュメントバレーの宿泊のおすすめは?各ホテルの違いを写真付きで徹底解説

今年で5年連続、通算9回目のモニュメントバレー。モニュメントバレー観光で宿泊する際の宿泊先情報を経験に基づいて徹底解説。候補宿泊施設から見るモニュメントバレーの景色の違いを写真付きで比較しました。皆様のお役に立てれば嬉しいです

ユタ州キャピトル・リーフ国立公園へ行くならCapitol Reef Resortの宿泊がおすすめ!

キャピトル・リーフ国立公園から車で5分の距離にあるキャピトル・リーフ リゾート。一般のホテルやキャビンタイプの他に、6月から9月の季節限定のティーピーやほろ馬車タイプの客室まであります。11月でしたがキャンプファイヤーサービスがありました

ソルヴィータホテル那覇(Solvita)、朝食に本格的な沖縄そば(軟骨ソーキ添え)とタコライス

モノレールの駅から徒歩圏内。広くて快適、きれいな室内でした。ホテル1階にはファミマが、徒歩4~5分くらいのところにマックスバリュがあり便利。朝食に本格的な沖縄そば(軟骨ソーキ添え)とタコライス、毎朝食べても飽きが来なかったです。

オーロラ観測を終え帰国、イレギュラーの連続で日本帰着が2日遅れに

2017年9月、深夜発のアンカレッジ発デンバー行きのユナイテッド航空機がナビゲーションシステムの不具合で16時間遅れ。スケジュールの再調整で明け方まで空港ターミナル内で立ったまま待つことに。ユナイテッド航空からはお詫びのメールと共にうん百ドルのバウチャーを頂きました

フェアバンクスでのオーロラ観測 運だけでなく忍耐も必要

2017年9月フェアバンクスでオーロラ観測に挑戦。結果は4泊して2勝2敗。オーロラは暗くなってから雲さえなければいつ出るかわからない。オーロラ出現を予測するサイトはあるが過信すべきでない。せっかく遠い地にまで足を運んでいるのだから徹夜覚悟でオーロラ観測に臨みたい

フェアバンクスのオーロラ観測に最適のロッジ A Taste of Alaska Lodge

米国アラスカ州フェアバンクス郊外にある A Taste of Alaska Lodge はオーロラ観測の際の宿泊に自信をもってお薦めできるロッジです。周囲に街明かりがないのでオーロラ観測のために移動する必要がなく、宿泊料金もまずまず手頃です

デナリ国立公園周辺での宿泊 White Moose Lodgeは合格点

手ごろな宿泊料金が設定されているWhite Moose Lodge。Wi-Fi、TV、冷蔵庫、電子レンジはあるが、レストランはなく朝食もつかない。シンプルステイと考える旅行者にとってはコストパフォーマンスが良く快適。

マウイ島での宿泊にCPが高いマウイシーサイドホテル(Maui Seaside Hotel)がおすすめ

ホテルの宿泊レートが高騰するマウイ島にあってマウイシーサイドホテルは宿泊時の満足度がありコストパフォーマンスの高いホテルとして位置づけることができる。カフルイ空港からのアクセスが良く空港利用の前後泊の際に利用するのも良いだろう

スポンサーリンク