保存版 モニュメントバレーの宿泊のおすすめは?各ホテルの違いを写真付きで徹底解説

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 16~21

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 16~21はモニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんできました。

今日は、モニュメントバレーの宿泊ホテルの違いを写真付きで徹底解説します。

宿泊先の選択は大事です!

せっかく、遠い遠いモニュメントバレーにまで行ったなら、良い景色を見てみたいですよね。 昼間だけでなく、サンセット、そしてサンライズも見てみたいですね。 旅の最高の思い出になることは間違いありません。

右の写真は、モニュメントバレーで撮った日の出前の写真です。

この写真を撮るのに朝早くからバスに揺られてこの場所にまで移動するか、自分の部屋からこの景色を眺めることができるかというのは大きな違いです。

まずは位置関係を把握しましょう

モニュメントバレーからの近隣の街は、Kayenta。 Kayentaからはモニュメントバレーの光景は見えません! 上の写真のような景色が見える場所までの移動には車で30分強の時間がかかります(下の地図では、Kayentaの街のヒルトンホテル系列 Hampton Inn を例にとっています)。 日の出の時は、ちょっときついですよね。 日の入りの後もKayentaまで移動というのは疲れてしまいます。

日本からのツアーでは、モニュメントバレーの宿泊と言いながらKayentaの街の宿泊施設が選ばれている場合もあります。 要チェックですよ!

モニュメントバレーの宿泊の選択肢は?

モニュメントバレーの宿泊場所の選択肢は大きく2つです。 Kayenta の街から向かう場合は、US-163を挟んで、東側にThe View Hotel(ザ・ビュー・ホテル)、西側に Goulding’s Lodge(ゴールディングス・ロッジ) があります。

なお、The View Hotel はホテルタイプの宿泊施設ですが、The View Hotel と同じ運営の下で、The View Hotel のすぐ近くにキャビンがあります。

これらの宿泊施設の位置関係は、下の地図の通りです。

1. Goulding’s Lodge
2. The View Hotel
3. The View Hotel – Cabin

ここで注意していただきたいのは、1.のGoulding’s Lodge と 2.3.の The View Hotel との間の距離です。 約10キロメートルもあります(上の地図をクリックすればグーグルマップでその距離を確認できます)。 それだけ距離が離れていれば、見える光景も大きく変わってくるだろうというのは容易に想像できると思います。

各宿泊施設の外観を説明していきましょう

1.Goulding’s Lodge

すこし小高い岩場の丘へと上ります。 クリックすると拡大します。

2.The View Hotel

クリックすると拡大します。

The View Hotel のロビーです。 クリックすると拡大します。

3年ほど前にこちら The View Hotel に宿泊しましたが、客室内はアメリカのごく一般的なホテルと同じような様式でした。

3.The View Hotel のキャビン

The View Hotel からすぐ近くにキャビンがあります。

2018年5月25日追記

2018年5月 NHK BSプレミアムで放映された、

堤真一 × アメリカ 謎の古代遺跡 ~先住民3000年の記憶~

の中で堤真一さんがモニュメントバレーで宿泊したのが、エイドリアンが推薦しているThe View Hotelのキャビンでした!

モニュメントバレーの眺めを比較

この記事でThe View Hotelのホームページに眺めの比較が掲載されているということを説明しました。 今回エイドリアンが責任をもって比較できる写真を自身で撮影してきました。 ご覧ください!

The View Hotelのキャビンを強くおすすめ!

今年で5年連続、通算9回目のモニュメントバレーです。 これまでにエイドリアンは、Kayentaのホテル、Goulding’s Lodge、The View Hotel、The View Hotelのキャビンのすべてに宿泊経験があります。 おすすめは?と聞かれれば、「The View Hotelのキャビン」と即答です。 それ以外にはありえません。

The View Hotelのキャビンの良いところを箇条書きにします。

  • グランドキャニオンの素晴らしい光景が目の前に大きく見えます
  • キャビンの前には何も遮るものはない(前列)。前に歩いて出ていくこともできます
  • キャビンの部屋の中からモニュメントバレーの姿を楽しめます。起きたらその時からサンライズを眺める体制に入れます
  • 静かです!1室1室が独立しています。
  • The View Hotel側よりも暗いです。見事な星空を眺めることができます
  • キャビンとはいえ、ホテルと同じレベルの設備が備わっています(後ほど説明します)
  • 無料のWi-Fiも用意されています。ストレスなく利用できます
  • 駐車場は広いです
  • The View Hotel の施設(ビジターセンター、レストラン、お土産物売り場など、後ほど説明)を利用するためには歩いていくのは現実的でありませんが、The View Hotel のキャビンに宿泊する方は自分で運転して来ているでしょうから、車での移動にすればいいですね
  • 時期によっては宿泊料金は手頃です! (予約には少しコツが要ります。次回紹介)

The View Hotelのキャビンを紹介

キャビンの玄関横にはデッキがありイスが2脚備わっています。 目の前にビュートを眺めながらの最高の贅沢です。(モニュメントバレーではお酒は禁止されているのでご注意のほど。)

以下の写真はクリックすると拡大します。

キャビンだからと心配した方もこれで安心できたのではないでしょうか? キャビンですが室内の設備はホテル並みの充実度ですね。 繰り返しになりますがキャビンですがWi-Fiもあります。

キャビンから撮った動画です

2017年11月にThe View Hotel のキャビンに宿泊した際の動画です。

予約方法は?

The View Hotelのキャビンの予約にはちょっとコツが必要です。 次回紹介します。

Goulding’s Lodgeのメリット

Goulding’s Lodgeの目の前には観光セスナ機用の小さな滑走路があります。 セスナ機観光をする方には便利です。

その他のメリットは、Goulding’s Lodgeのエリアにはスーパーマーケットとコインランドリーが併設されています。 そのどちらともThe View Hotel 側にはないので、The View Hotel 側に数日間宿泊するという場合には、Goulding’s Lodgeにも立ち寄ることになると思います。

The View Hotel の施設

クリックすると拡大します。

レストランは別の記事で紹介したのでこちらをご覧ください。

お土産物売り場です。 広いスペースが設けられています。 クリックすると拡大します。

2016年11月も2017年11月もThe View Hotel のキャビンに宿泊した際に以下の写真にあるバウチャーをもらいました。 宿泊日数分です。 2017年11月は5泊したので、合計100ドル分です。 上の写真で示した工芸品のうち、ネィティブインディアンの手作り品の購入に使用できます。

まとめ

エイドリアンにとって今年で5年連続、通算9回目のモニュメントバレーです。 これまでに、モニュメントバレー近郊のKayentaのホテル、モニュメントバレーの宿泊先全て(Goulding’s Lodge、The View Hotel、The View Hotelのキャビン)に宿泊経験があります。 おすすめは?と聞かれれば、「The View Hotelのキャビン」と即答です。 それ以外には”ありえません” それだけ自信をもってお薦めできます、ハイ! 詳細は、記事本文内に写真付きで説明しているので是非ご覧ください。

次回はThe View HotelとThe View Hotelのキャビンの予約方法を解説します。 お楽しみに。