モニュメントバレーからのおすすめ日帰りドライブ。Moki Dugwayの絶壁にはちびりそう。

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 16~21

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 16~21はモニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんできました。

今日は、モニュメントバレーを起点にした日帰りドライブコースの紹介です。

メリハリの効いたおすすめコースです

今回紹介するモニュメントバレーからの日帰りコースを楽しんだのは昨年(2016年11月)モニュメントバレーで過ごしたときです。 今回(2017年11月)の分ではないのですがメリハリの効いたなかなかのおすすめコースだと思いますので、昨年分の写真を使って説明してゆきます。

モニュメントバレーから北へ

ルートマップは下の地図の通りです。 北の方へ進んでゆきます。 往復で約250キロメートル、3時間30分。 走行距離の割には時間がかかっていると思いませんか? その理由は後ほど分かります。

地図の中にもマークした、

・メキシカンハット (Mexican Hat Rock Formation)
・グースネックス州立公園 (Goosenecks State Park)
・Moki Dugway
・ナチュラルブリッジズ国定公園 (Natural Bridges National Monument)

の順に紹介してゆきます。

メキシカンハット (Mexican Hat Rock Formation)

メキシカンハットは街の名前にもなっています。 間違えないようにするために、グーグルマップ上では、Mexican Hat Rock Formationと記載されています。

モニュメントバレーからはUS-163を北へ進みます。 Mexican Hatを示す小さな道路標識があるので見逃さないようにしましょう。 未舗装道へと右折します。 未舗装道では事故があってもレンタカーの保険でカバーされないので慎重に進みましょう。 近くまで進むと、メキシカンハットのように見える岩が見えてきます。 微妙なバランスを保っている岩ですね。

グースネックス州立公園 (Goosenecks State Park)

メキシカンハットで記念写真を撮ったのち、US-163を北へもう少し進みます。 そしてUT-261の道路標識のところを左折し、あとは案内板に従って進めば、ユタ州の公園、グースネックス州立公園 (Goosenecks State Park) に到着です。

入園料を支払います。 料金所はありません。 下の標識のところで、「ENVELOPES」と書いてある箱から封筒を取り出し、封筒に必要事項を記入し5ドル(個人の車で乗車人数が8人までの場合)を入れ、封筒の半券を切り取ってから封筒本体を料金箱に投函します。 切り取った半券は、車外から見えるような形で車のダッシュボードの上に置きます。 国立公園年間パス (National Park Pass) は利用できません。

この写真、ホースシューベンドにそっくりだと思いませんか? 本当にそっくりです。 この日は曇り空だったので、全体に白っぽく写っていますが、肉眼で見た時の感触はホースシューベンドと同じでした。

Google Map

そして、この眼下に流れているサン・ホアン川は、右の地図にあるように3重になって大蛇行しているので(3羽のガチョウの頭部をイメージできそう)、あたかも上の写真を撮った場所の反対・向こう側へ行ったような写真(下)も撮れるのです。

動画を取っているので貼っておきます。

グースネックス州立公園 (Goosenecks State Park) はとてもスケールが大きいです。 あまり有名ではないですが、モニュメントバレーまで行ったならぜひここにも足を延ばしてみたいですね。 ホースシューベンドと見比べてみても良いかもしれません。

Moki Dugway

そして、次にここからナチュラルブリッジズ国定公園 (Natural Bridges National Monument) へと向かうためにUT-261をさらに北上します。 しかし行く手を下の写真のような断崖が阻んでいました。 (エイドリアンが撮った写真は使い物にならなかったのでネット上からフリーの素材を拾ってきました。)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Moki_Dugway_2.jpg

おいおい、あの崖をどうやって超えるんだ、と思いました。 谷間らしいものはなさそうです。 道路はまっすぐその崖へと向かっているのです。

種も仕掛けもありません。 その険しい崖の壁面に下の写真のような車1台分程度の道路が敷かれているのです。 エイドリアンはアメリカで多くのちょっとちびりそうになるなるような道も走ってきましたが、間違いなくここが一番です。 本当にちびりそうになりました。 スピードを出したくても出せません。 ゆっくりゆっくり上りました。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Moki_Dugway_14.jpg

上の方まで登って、振り返るとこんな感じでした(下の写真はエイドリアン自身が撮りました)。 走ってきた平地の道路が見えます。

この道路は本当にスリリング。 「Moki Dugway」でググろうとすると、予測変換の2番目に出てくるのが、「moki dugway accident」ですからねえ。(2017年12月16日時点)

いい旅の思い出に、そして話のネタになると思いますが、ここへ行く場合にはくれぐれも安全運転でお願いします。

このMoki Dugwayではゆっくり運転せざるを得ないために、最終目的地のナチュラルブリッジ国定公園までは距離の割には時間がかかるのです。

ナチュラルブリッジズ国定公園
(Natural Bridges National Monument)

そして最後にナチュラルブリッジズ国定公園 (Natural Bridges National Monument) です。

お決まりの場所での写真です。

ビジターセンターに立ち寄り、おすすめのブリッジを教えてもらいます。

トレイルを使って見に行ったのは、Kachina Bridge と Owachomo Bridge です。

Kachina Bridge

上の方から眺めた写真。 こちらはブリッジの下の方では写真を撮らなかったみたいです。

Owachomo Bridge

Owachomo Bridgeの案内板です。

クリックすると拡大します

真下からの写真です。 写真には一部しか収まりません。

この位置で動画を撮りましたので貼っておきます。

帰り際にもう一枚。 これが綺麗に取れました。

まとめ

モニュメントバレーを起点にしたおすすめの日帰りドライブコースを紹介しました。 地図、写真を使って紹介したのは以下の4地点です。

・メキシカンハット (Mexican Hat Rock Formation)
・グースネックス州立公園 (Goosenecks State Park)
・Moki Dugway
・ナチュラルブリッジズ国定公園 (Natural Bridges National Monument)

グースネックス州立公園はホースシューベンドそっくり。 Moki Dugwayという絶壁に敷かれた未舗装道、はっきり言ってちびりそうになります。 ゆっくり安全運転で進みました。

モニュメントバレーまで行く機会があれば、是非この日帰りルートにもトライしてみてください!