ANA ビジネスクラス搭乗記 クアラルンプール~成田 2018年3月

ラウンジ

2018年3月 タイとマレーシアへ

東南アジアの街の雰囲気を楽しみ、寛ぐことを目的にタイとマレーシアへ行ってきました。 特に何もしていません(笑)。 暑い気候のもと、いっぱい汗をかいてちょっと体を絞ろうと思っていたのですが、結局、食べて、飲んでに終始してしまいました。 この旅の一連の流れは2018 3月 タイ&マレーシアはから確認できます。 (飛行機の搭乗記とホテルの滞在記だけになりそうです。)

今回の旅程を組み上げるのにどういったチケットを発券したか、どのように飛んだかについては前回の記事に詳しく書きましたので興味のある方はこちらをご覧ください。

今回の記事では、

  • ANAのB787-8型機ビジネスクラスを利用したクアラルンプール~成田

のフライトを紹介します。

スポンサーリンク

クアラルンプール~成田の昼間の便

泊っていたホテルはダブルツリーbyヒルトン・クアラルンプール。 朝8時出発の便だったので、ホテルを朝早く出ました。 ラウンジとレストランの朝食に焦点を当てたホテルの滞在記は後日記事にしようと思います。

2018年3月 NH816便 クアラルンプール(KUL)ー 成田(NRT)
出発: 08:00 / 到着: 15:40
飛行時間: 6:40
機材: B787-8
搭乗クラス: ビジネスクラス

クアラルンプールと日本の間には1時間の時差があり、搭乗時間は6時間40分。 先日ブログ記事で紹介した往路の羽田~クアラルンプールよりも1時間短いです。

マレーシア航空のGOLDEN LOUNGE

クアラルンプール国際空港(KLIA)のANAのカウンターでチェックインしたら、マレーシア航空のサテライト側の GOLDEN LOUNGE を紹介されました。 ANAがスターアライアンス所属、マレーシア航空がワンワールド所属なのでアライアンスの枠を超えた運用です。

ラウンジ内はとても広いです。 下の写真はクリックすると拡大します。

朝早かったので、朝食っぽいメニューでシンプルそうに見えましたがお皿に盛ってみると立派、豪勢です。 クリックすると拡大します。

マレーシア航空のGOLDEN LOUNGEなかなかやるじゃんという感想をもってゲートへと向かいました。

成田行きNH816便に搭乗です

クアラルンプール国際空港(KLIA)のセキュリティ・手荷物検査はシンガポール・チャンギ国際空港と同じで各搭乗ゲートの入り口で行われます。 少し余裕を見て搭乗ゲートへ向かいました。

クアラルンプール~成田の機材は往路の羽田~クアラルンプールと同じくB787-8でビジネスクラスはクレイドル(CRADLE)タイプ。 ちょっとショボめのビジネスクラスの座席ですが安い料金のビジネスクラスなので文句は言えません。

B787-8 Seatmap / ANA Homepage

今回の座席は窓側4A。 今回もお隣さんは不在。 最近ビジネスクラス搭乗時にお隣さんがいないことが多く、静かにゆったりと過ごせています。

クリックすると拡大します。

メニュー

メニュー冊子は到着少し前に回収されたので、機内で揺れている時に撮った写真しか残っていません。 ちょっと画質が悪いですが、ご辛抱ください。 それはそうとANAってメニューを回収したあと再利用するのかなあ? 最近メニューを回収した航空会社で思い浮かぶのはチャイナエアライン(中華航空)くらいかも。 (そのチャイナエアラインのビジネスクラスの搭乗記はこちら

「お好きな時に」のメニュー

「お好きな時に」ですが、1回目の食事終了後、ご希望の時間にお知らせください、ということですね。 往路の羽田~クアラルンプールの深夜便ではひたすら寝ただけでちょっともったいなかったですが、この復路の昼間の便では到着前の昼食としてアミューズ2品と一風堂のラーメンをいただきました。

「朝食」のメニュー

和食にしました。

朝食(和食)

このANAの便で感じたのは、離陸後、朝食がサーブされるまでに、えらい時間がかかるなあということでした。 ユナイテッド航空だといいペースでパッパッパッと出てきてサクッサクッサクッと食べてガンガンガンと寝るということに慣れてしまってますからねえ。

はい、こちらがその朝食(和食)です。

メニューにあった説明と一品ずつ突き合わせてみました。

クリックすると拡大します。

たいへん美味しゅうございました。 エイドリアンはやっぱり和食の方が良いです!

最後にお水をもらって朝食の時間終了です。

機内Wi-Fi

この便ではフルフライトプランでWi-Fiを利用しました。 6時間強のフライトでUS$21.95、2400円くらいです。  こんなもんでしょうか? 希望としてはもう少し安くしてくれると嬉しいけどね。

Wi-Fiのスピードは可もなく不可もなくというところ。 デバイス(iPhone と iPad)間のWi-Fiのスイッチも簡単にできました。

半分少し飛びました。

到着前のサービス

1回目の食事後、「お好きな時に」と言われてもそうそう食べれるものではありません。 途中で何か食べようかなと思っていたけど結局、大食いのエイドリアンでも無理でした。 到着前の昼食としていただきました。

こちらはアミューズから。 「チキンサテカクテルソース」、それに「2種のドライフルーツとゴーダチーズ」です。

それから、うわさに聞く「一風堂のラーメン」。 そもそも本来の一風堂のラーメンの味を知らないエイドリアンはこの機内上空1万メートルで出てきた「一風堂のラーメン」を評価しようがありません。 でもエイドリアンのラーメンに対する一般的な期待からすると麺がちょっと柔らかすぎる、麺がスープを吸ってしまっているんじゃないかなあ(平たく言うと、のびてしまっているんじゃないかなあ)と感じました。

今度いつか、本物の一風堂のラーメンを食べて、この機内のラーメンがどうだったのかを後追いで確認してみたいと思います。

成田に到着

高度を下げ始め、無事到着しました。 快適な空の旅でした。

着陸後は長~い地上誘導路滑走です。

このあと、クアラルンプールへのチケットにくっつけた那覇へのフライトがあります。 今回は那覇で3泊4日。 あれやこれやと食い倒しました。 そちらもまた記事にしてゆきます!

まとめ

今回の記事では、

  • ANAのB787-8型機ビジネスクラスを利用したクアラルンプール~成田

のフライトを紹介しました。

  • 出発前はマレーシア航空のGOLDEN LOUNGE(サテライト側)を利用。 とても広くゆったりとしたラウンジでした。 ラクサバーがあります。
  • 機内食メニューを貼ってます。 メニュー冊子は回収するのね。。。
  • 出発後の朝食には和食を選択。 美味しゅうございました。
  • 到着前の昼食に、メニューの「お好きな時に」からアミューズと一風堂のラーメンをいただきました。 機内上空1万メートルで出てきた一風堂のラーメンはちょっと期待していた味とは違ったなあ。 今度いつか、本物の一風堂のラーメンを食べて、この機内のラーメンがどうだったのかを後追いで確認してみたいと思います。

コメント