アメリカ・アラスカ州フェアバンクスへオーロラを見に行く旅が始まります

2017年9月 アメリカ・アラスカ州へ

アメリカのアラスカ州アンカレッジへ飛行機で入り、ドライブしながらフェアバンクスへ向かい、オーロラ観測にチャレンジします。 途中、デナリ国立公園(デナリは日本ではマッキンリーとしてよく知られています)にも立ち寄ります。 この旅の一連の流れは2017 9月 アメリカ(アラスカ オーロラ!)から確認できます。



オーロラ観測は真冬でなくてもOKって知ってた?

一度は見てみたいと思っていたオーロラ。 エイドリアンはずっと信じていました、鼻水も凍るような真冬の寒さを耐え忍びかつ天候の運にも恵まれたラッキーな者だけがオーロラを見ることができる、と。 でも、北の方でさほど寒くない時期でも暗い時間帯さえあればオーロラ観測のチャンスがあるということを知った時は大きな驚きでした。

今回、行き先に決めたフェアバンクスを例にとると、夜の時間が長くなる8月終わりから5月頃の間であればオーロラ観測のチャンスがあります。 11月から3月がベストシーズンと言われていますが、この時期は雪の心配をしなければならず、レンタカーで動き回りたいエイドリアンにとっては行動が制限されてしまうのがつらいところです。

どこでオーロラ観測にトライするか

オーロラは北極や南極に近いほど発生しやすいと思われがちですが、オーロラが発生するエリアは北緯60~70度付近のドーナツ状になっていてオーロラベルトと呼ばれます。 下のスクリーンショットはこの記事を書いている2017年9月11日(日本時間)のオーロラ観測予測マップです。 北極点あたりを中心にしたドーナツ状になっているのが分かると思います。

Source:  http://www.gi.alaska.edu/AuroraForecast

目的地をどこにするか、真っ先に思い浮かぶのは北欧か北米です。 エイドリアンは旅慣れた北米を選択しました。 北米だと、カナダのイエローナイフとホワイトホース、アメリカのフェアバンクスが晴天率が高くオーロラ観測地として有名です。

エイドリアンはできるだけツアーは利用せず、自分で旅程を組み旅に必要な手配をすべて自分で考える、その準備も含めた旅を楽しむスタイルを好んでいます。 オーロラ以外にもちょっと欲張りをしようと思い、結局次のような旅にしました。

  • アンカレッジに飛行機で入る
  • 黄葉(紅葉ではないです)を楽しみなら北上する
  • 途中、デナリ国立公園(日本ではマッキンリーとして良く知られています)に立ち寄り、アメリカの国立公園訪問済みリストに1か所加える
  • そして北極圏までもうあと僅か160kmというところに迫るフェアバンクスでオーロラ観測にトライする

オーロラ観測をトライする時期は?

アメリカの旅先では基本的に自分で運転して動き回りたい派なので雪の心配がない時期、またオーロラが少しでも見えやすいように満月のタイミングを避け、9月中旬あたりでフェアバンクスに4泊することにしました。

こんなにきれいなオーロラが見えればとワクワクしています。

旅行を開始してからビッグニュースが

オーロラとは、太陽から吹く「太陽風」の中にあるプラズマ(電気を帯びた粒子)が地球の磁力線に沿って高速で引き寄せられ、大気圏での衝突で酸素原子や窒素原子を励起することによって発生する発光現象と考えられています。 この太陽風の強さは太陽の活動状況により大きく変動します。 今回の旅に出発してから、オーロラの発生状況に大きな影響を及ぼす太陽の活動に関してビッグニュースが飛び込んできました。

太陽表面の爆発現象「太陽フレア」は、太陽の「黒点」と呼ばれる場所で起きている現象で、日本時間の6日午後9時前、大規模なものが発生しました。

情報通信研究機構によりますと、同じ規模の爆発は11年前の2006年に観測されて以降なかったということで、爆発で放出された電気を帯びた粒子が8日の午後3時ごろから9日の午前0時ごろにかけて地球に到達すると見られています。

日本時間で2017年9月6日に太陽表面で大規模な爆発が起き、通常よりも多くの太陽風が地球に到達するというのです。

太陽の表面で大規模な爆発現象が起きる「太陽フレア」が11日午前0時35分ごろに起こったことを情報通信研究機構(NICT)が明らかにした。爆発規模は通常の約1千倍だった6日のものより小規模だが、通常の約800倍程度という。

 太陽の表面で大規模な爆発現象が起きる「太陽フレア」が11日午前0時35分ごろに起こったことを情報通信研究機構(NICT)が明らかにした。爆発規模は通常の約1千倍だった6日のものより小規模だが、通常の…

さらに2017年9月11日にも太陽表面で大きな爆発が起こりました。 この2回目の爆発による太陽風の地球への到達はまさにエイドリアンがフェアバンクスでオーロラ観測をする時です。 この太陽風により、GPSや無線通信に障害が出るのは困りますが、オーロラ観測には良い条件になりそうです。

アラスカは遠いです

エイドリアンは何かにつけて有名になってしまったユナイテッド航空の1K(上級)メンバーです。 ユナイテッド航空を利用すると予約時にエコノミープラス(プレミアムエコノミー席)を確保でき、運が良ければアップグレードしてもらえたり、またラウンジ利用、手荷物の優先取り扱いや優先搭乗などいろいろとメリットを受けることができるので今回もユナイテッド航空を利用して旅程を組みました。 要するに、航空会社の顧客囲い込み戦略に完全にはまっているわけです。

ユナイテッド航空のウェブサイトで検索しアップグレード可能予約クラスの最安値で出てきたのが、往路は大阪(関西)~サンフランシスコー~デンバー~アンカレッジ。

Great Circle Mapper

復路は、同様に検索して、アンカレッジ~デンバー~東京(成田)~大阪(伊丹)です。

Great Circle Mapper

こうやって地図を見ると相当遠回りしているというのがわかります。

フェアバンクスの宿泊先

郊外のロッジタイプのホテルにしました。 このホテルは、自分で言うのもなんですが、大当たりだったと思います。 宿泊先情報については後日、詳細に記事にしますので楽しみにお待ちください。

アメリカから帰国してから1週間経ってないのですが

前回のアメリカの旅行からの帰国の記事がこちらです。 帰国から1週間経っていませんが、またアメリカへ出発です。

明日からのこのブログの記事では読者の皆さんに楽しんでいただけるよう、またオーロラ観測に出かけようと思いたった読者の参考になるように多くの情報を盛り込んで記事にしようと思います。