ユナイテッド航空 超長距離路線搭乗記 サンフランシスコ~シンガポール

2018年4月 シンガポール経由でアメリカへ

2018年4月にシンガポールへ、そしてそのシンガポールを起点にしてアメリカへ行ってきました。 シンガポールでは美味しいものを食べることとシティバンクシンガポールのアカウントマネジャーさんにもお会いすること、そしてアメリカではヒューストンに入ってこれまで行ったことがなかったテキサス州のサンアントニオ・オースティンのドライブの旅を楽しむことを目的にしました。

ルートは次の通りです。

往路: KIX-SIN(1泊)-SFO-IAH(8泊)
復路: IAH-SFO-SIN(2泊)-KIX

Great Circle Mapper

チケットは、KIX-SINの往復には、ユナイテッド航空のマイルを使ったシンガポール航空の特典航空券を利用し、SIN-SFO-IAHの往復にはユナイテッド航空の有償のチケットを購入しました。

この旅の一連の流れは2018 4月 シンガポール2018 4月 アメリカ(ヒューストン・サンアントニオ・オースティンに順次追加してゆきます。

今回の記事では、ユナイテッド航空 エコノミー席(エコノミープラス)を利用した 超長距離路線 サンフランシスコ~シンガポールのフライトを紹介します。

往路のシンガポール~サンフランシスコの搭乗記はこちらでご覧いただけます)



17時間超の夜間のフライト

ヒューストンからサンフランシスコのフライトの後の乗り継ぎでシンガポールへ飛びます。

このフライトの情報です。

2018年4月 UA1便 サンフランシスコ(SFO)ー シンガポール(SIN)

出発: 22:40 / 到着: 6:45 +2
飛行時間: 17:05
機材: B787-9
搭乗クラス: エコノミークラス(エコノミープラス)

このフライトではちょっと変わった経験ができますよ!

  • 飛行時間がなんと17時間強です。 8444マイルの距離になります。 時間的な感覚で言うと東京とサンフランシスコを往復するのに匹敵するくらいです。
  • しかもこの17時間のフライトの間は、ずっと夜です。 地球の自転と共に飛んでいきます。 シンガポール到着時がちょうど夜明けのころですね。
  • 到着地シンガポールでは、出発地サンフランシスコよりもなんと2日も進んでいます。

こちらは、このときの搭乗ゲートG95です。

エコノミープラス席、隣は空席でした

今回の搭乗機材はB787-9。 シートマップは次の通りです。

B787-9 Seatmap / United Airlines Homepage

今回のチケットは、国際線のアップグレード対象外の安いエコノミーチケットです。 1Kなのでエコノミークラスの中でも足元のスペースが少し広いエコノミープラス席を優先的にゲットすることができます。 機体の中央部、上のシートマップで青く色付けされている座席です。

足元がスペースが少し広いとはいえ、17時間のフライトなのでお隣さんがいるかどうかも気になるところです。 ユナイテッド航空のアプリで、座席の埋まり具合の最新の情報を確認できます。 エイドリアンの座席は23Dでした。 最終的にお隣りは空席で、17時間のフライトもかなりゆったりと過ごすことができました。

そして、この写真がエイドリアンの席からエコノミープラスキャビン前方を眺めた写真です。

機内サービス

離陸後、中間地点あたり、着陸前の3回の食事があります。

離陸後の食事

サンフランシスコを夜22:40出発のフライトですが、離陸後すぐに食事がありました。 こちらが食事前のドリンクサービス。

メインは焼きそばですね。

アイスクリーム、美味しかったです。

この映画を見ました。 サンフランシスコ~シンガポール区間のフライトでも日本語の映画があります。

水分補給

長いフライトです。 水分補給も大切! 1回目の食事の後に水のボトルの配給はなかったので、途中で機体後部まで運動がてら歩いて行って、炭酸水をもらってきました。

中間地点あたりでの軽食

サンドイッチとm&mのチョコレート。 そしてこのタイミングで水のボトルの配給がありました。

日本上空を深夜に通過

frightradar24で見たUA1便です。 0:56は日本の時刻。 真夜中に日本上空を飛び越えていきます。

到着前の食事

そしてこちらが到着前の食事です。 パンとヨーグルトくらいをつけてもらえるともうちょっと写真映りも良くなりそうです。

シンガポールに到着

17時間の長い長いフライトでしたがエコノミープラス席で隣が空席ということもあり、疲れは思っていたほどではなかったです。 そして順調にシンガポールに到着しました。 この日、パスポートコントロールではいつも以上に時間がかかったと感じました。

この時期、トランプ大統領と金正恩委員長の米朝首脳会談がどこで開かれるかというのが話題に上っていました。 シンガポールも候補に上っていると噂されていましたが正式決定されてはいませんでした。 後になって思い返してみると、ひょっとしたらそんなこともあって、審査が厳しく行われていたのかもしれません。

UBERでヒルトンシンガポールへ

2018年4月の時点では、シンガポールではまだUBERを利用できました。

UBERの東南アジアでの事業は完全にGrabへ譲渡されたため、現時点でUBERのアプリをシンガポールで立ち上げても車の検索はできません。 Grabのアプリを予めダウンロードしておきましょう。

まとめ

ユナイテッド航空 エコノミー席(エコノミープラス)を利用した 超長距離路線 サンフランシスコ~シンガポールの搭乗記です。

  • 飛行時間はなんと17時間強、フライトの間はずっと夜です。 到着地シンガポールでは、出発地サンフランシスコよりもなんと2日も進んでいます
  • 今回は安いエコノミークラスのチケットなので国際線のアップグレード対象外。 1Kはエコノミークラスの中でも足元のスペースが少し広いエコノミープラス席を優先的にゲットできます。 お隣は空席だったのでゆったりと寛ぐことができました
  • 機材はB787-9。 サンフランシスコ~シンガポール区間でもエンターテインメントサービスでは日本の映画を見ることができます
  • 機内食は3回。 離陸後すぐ、中間地点あたり、そして到着前です
  • 米朝首脳会談の場所としてシンガポールが噂に上っている時でした。 パスポートコントロールはいつも以上に時間がかかっていると感じました

長い長いフライトです。 水分をしっかり取り、時々機内を歩くなどしてエコノミー症候群にならないように注意しましょう。