バンコク Salil Hotel Sukhumvit Soi 11

2017年7月 タイ・バンコクへ

東南アジアの街の雰囲気を楽しみ、寛ぐことを目的にタイ・バンコクへ行ってきました。 この旅の一連の流れは2017 7月 タイから確認できます。



バンコクで宿泊したホテル

今回は、バンコクには10日間の滞在でした。 その間、コンラッド・バンコク、

コンラッド・バンコク。「2013年タイのベスト・ラグジュアリー・シティホテル」の栄光に輝いたコンラッド・バンコクは、バンコクのセントラル・ビジネス・ディストリクト(CBD)という絶好の立地にあり、すぐ近くには高級ショッピングモールもございます。

そしてヒルトン・スクンビット・バンコク、

最後に、サリルホテル・スクンビットソイ11

Salil hotel Sukhumvit Soi 11, Budget Boutique accommodation in Sukhumvit city centre. Located near Nana BTS Skytrain Station along Sukhumvit Road. Modern Chic s…

の各ホテルに宿泊しました。

各ホテルともホームページは日本語版が用意されているので便利です。

エイドリアンは、ヒルトンのダイアモンドメンバーなので、コンラッドとヒルトンでの宿泊は至れり尽くせりでとても快適、満足いく宿泊でした。 でもそれなりに宿泊料金は高くなります。

これまでバンコクではヒルトン系列、マリオット系列、IHG系列と言ったグローバルのチェーンホテルにばかり宿泊してきました。 今回はタイでは初めて現地のホテルに泊まってみました。 朝食付き、税・サービス料込々でプレミアムルームを7,000円程度で予約できたスクンビットソイ11にある*サリルホテルです。 Googleの口コミには厳しい評価もありますが、コストパフォーマンスは良さそうだったのでここを選びました。 さて、実際に宿泊してどうだったでしょうか?

*注 サリルホテルはタイ国内ではチェーンホテルになっているようで、バンコクには複数の同じ名前のホテルがあります。

サリルホテル・スクンビットソイ11は賑やかな通りに

BTS(スカイトレイン)の ナナ駅から徒歩圏内。 スクンビットソイ11沿いあります。 ホームページ上にはナナ駅から徒歩3分と書かれていますが5分から10分近く見ておく方が良いでしょう。 スクンビットソイ11はとても賑やかな通りです。 人も車も多いのに歩道はガタガタで狭く、屋台が歩道を占領して歩道から一部車道に出て歩かないといけなかったりするところもあるので少し長めに時間がかかると踏んでおく方が良いでしょう。 スーツケースを引いて歩くのには適しない道路です。

また夜になると一段と賑やかさが増します。 音に敏感な方は、寝つきが悪くなってしまうかもしれません。

こじんまりとしたホテル

自分でホテルの全体像を撮ろうとしてもうまく取れませんでした。 ホテルのホームページにはこんなにもきれいな写真が載っていましたので引用させていただきました。

http://www.salilhotel.com/sukhumvit-soi11/jp/index.html

ホテルの写真を見ると間口が狭く、縦長に見えます。 その通りです。 周辺には大型ホテルが並んでいるので、同じようなサイズのホテルかと思って探していると見落としてしまいます。

ホテルの従業員さんは丁寧、親切

チェックインカウンターです。 チェックインカウンターは二人しか対応できない横幅ですね。 エイドリアンが到着した午後4時頃は、これからチェックインする先客が3名いました。 ベルボーイさんがエイドリアンを隣のバーエリアへ手際よく案内してジュース(無料サービス)を出してくれました。 順番が回ってきたら案内するので少し待っててください、とのこと。 スーツケースを丁寧に運んでくれたのは好印象でした。

10分ほど待ちましたが、お待たせして申し訳ないとの言葉を添えて、チェックインの手続きを進めてくれました。 丁寧に対応してもらえると待ち時間を長いと感じないのが不思議です。 その間、エイドリアンはバーのところで寛いだままでした。

ベルボーイさんもフロント担当の方も愛想が良く親切、丁寧。 チェックインの時点でこのホテルの印象は大きくアップです。

部屋はコンパクトにまとまり、きれいで快適

ホテルは全体的に古い印象は否めませんが、メンテナンス、清掃が行き届いていて、特に問題になるようなことはありませんでした。

泊まった部屋はプレミアムルーム、25平方メートルです。 広くもなく、狭くもなく、必要なものがコンパクトにまとまっていました。 ベッドメーキングはばっちり。 新しいシーツで気持ち良かったです。

テレビはSONY製、大きくはありませんが部屋のサイズからすればテレビが小さくて不便ということもありません。

デスクの出っ張り幅が狭いですが横幅が広いので、エイドリアンの場合は特に手狭な感じはしませんでした。

アイロン、金庫、スリッパがあります。

電子レンジがあるのは嬉しいですね。 電子レンジの上の水のボトル2本はサービスで無料です。 その他のスナックバーは有料です。 すぐ近くにコンビニ(セブンイレブン)があるので、買い出しに行けば安く上がります。

バスルームです。

ビールの無料券をいただきました

チェックインの際にビールの無料券をもらいました。 ホテルに併設されているバーでビールと引き換えになります。 ビールだけでもいいのですが、メニューを見ていたらカラマリフライがあったので、気が付いたら注文してしまっていました。

こちらがカラマリフライです。 衣がパリッとしていて食べ応えがあり美味しかったです。 タルタルソースとの相性は抜群でした。

朝食はハイレベルで大満足

海外のホテルの朝食は、品数は豊富だが安っぽい素材を使っていて大雑把な味であまり美味しくなかったという経験はありませんか?

このホテルの朝食ですが、各料理をパッと見て、良い品質の素材を使っていそうだということが分かります。 丁寧に調理され、きれいに盛り付けされていて、見た目に美しく、そして実際いただいてみるとすべてがとても美味しかった。 お好みに合わせて目の前で作ってくれたオムレツはまた食べたいと思わせるものでした。

パン、果物、シリアル、中華の点心、味噌汁などもありました。 ホテル自体があまり大きくないので、一つ一つの料理の量はそれほど多くないんですね。

焼きめしを選んでいますが白米もありました。 焼き魚は合格点。 ハムは日本人の口にもバッチリ、とても美味しかったです。

グリーンカレー。 朝食でこのグリーンカレーを味わえるのは幸せなことです。

果物はフレッシュで美味しかったです。

ヨーグルトとオレンジジュース。

エイドリアンの評価

こじんまりとした古めのホテルですが、メンテナンス、清掃が行き届いていて問題ありませんでした。 賑やかな通りに面したホテルなので音に敏感な方は要注意です。 チェックインの時にジュースを出してくれたり、無料のビール引換券をくれたり、高品質の朝食があったりで大満足。 コストパフォーマンスは非常に高い。 レートは時期により変わるようなので、ぜひホテルのウェブサイトでご確認ください。 ホテルのサイトで直接予約をすると無料で朝食が付いたり(2017年8月16日時点)、他にもいろいろなキャンペーンを実施しているようなので、お得感満載で予約できるかもしれません。

Salil hotel Sukhumvit Soi 11, Budget Boutique accommodation in Sukhumvit city centre. Located near Nana BTS Skytrain Station along Sukhumvit Road. Modern Chic s…