ユナイテッド航空 ファーストクラス 搭乗記 アンカレッジ~デンバー 約17時間遅れで出発

2017年9月 アメリカ・アラスカ州へ

アメリカのアラスカ州アンカレッジへ飛行機で入り、ドライブしながらフェアバンクスへ向かい、オーロラ観測にチャレンジします。 途中、デナリ国立公園(デナリは日本ではマッキンリーとしてよく知られています)にも立ち寄ります。 この旅の一連の流れは2017 9月 アメリカ(アラスカ オーロラ!)から確認できます。



ホテルで休憩後、再度空港へ

前回の記事で紹介したように機材のナビゲーションシステムの不具合で16時間遅れとアナウンスされた便に搭乗するためにユナイテッド航空が手配してくれたホテルで休んだ後、ホテルのシャトルバスで空港に戻りました。 飛行機の便名や座席は変わっていないので搭乗券はそのままもう一度使いますが、変更後の旅程でさらに確認しなければならないことが発生したのでチェックインカウンターに舞い戻りました。

何と驚くべきことに、今朝がたまで徹夜していたユナイテッド航空の職員さん数名がまだチェックインカウンターに。。。 たぶん少人数での切り盛りで代替要員がいないんでしょうね。 さすがにお仕事とはいえ、体調の方は大丈夫かこっちが心配になってしまいました。

復路のアンカレッジからデンバー区間

2017年9月 UA1104便 アンカレッジ(ANC)ー デンバー(DEN)

出発: 23:55 / 到着: 7:01(+1)
(実際の出発: 翌日の16:47 / 実際の到着 23:28)
飛行時間: 5:06
機材: B737-800
搭乗クラス: ファーストクラス

Great Circle Mapper

搭乗ゲートも同じでB5でした。 ゲート前に行くと昨晩駐機していて一旦搭乗した飛行機はその場にはいませんでした。 しばらくしてシカゴから飛んできた機材がデンバー行きに使われました。 クリックすると拡大します。

エイドリアンの座席3Fはファーストクラス席の前から3列目右窓側席です。

B737-800 Seatmap / United Airlines Homepage

出発です

実際の出発は翌日の16時47分だったので実に17時間近くの遅れでした。

クリックすると拡大します。

機内サービス

この飛行機には個人用モニターがありませんが、自分のスマートフォンやタブレット端末があれば、機内の電波を拾って無料で映画を見ることができます。 ファーストクラスもエコノミークラスの乗客も同じ、無料です。 そのためにはあらかじめユナイテッドのアプリをダウンロードしておく必要があります。

United Airlines

United Airlines
開発元:United Airlines
無料
posted with アプリーチ

この時は久しぶりにTOY STORY 3を見ました。

食事です。 まあ軽食ですね。

機内Wi-Fi

機内Wi-Fiは、1時間$4.99です。 (先ほど紹介した機内の映画はWi-Fiサービスを購入せずとも無料で利用できます) フルフライト$7.99ですが、アンカレッジ出発からカナダ上空を飛んでいる間はWiFiがつながらずアメリカ本土上空に入ってから着陸までの約2時間だけの利用になります。 機内Wi-Fiで2時間で900円くらい。 そんなに悪くはないかなというところです。

ユナイテッド航空からのお詫びのメール

前回の記事で紹介したように、この便で機内Wi-Fiを利用しているときにユナイテッド航空からお詫びのメールが届きました。 CAさんと機内で話をしたら、

乗客全員にお詫びのメールが送られると連絡を受けていたけどもう届いたのね

とのことでした。

届いたお詫びのメールのリンクを開くとまず、We Apologizeで始まるこの文面でした。

次の画面で、お詫びの印として、マイルかチケット購入時に利用できるE-certificateを選択するように促されます。 ユナイテッド航空を利用する人にとってはいいけど、この先、利用予定のない人にとっては、うーん、どうするべか、というところでしょうか。 その場合は、マイルを選択して、NH国内線を5000マイルで発券しまくるというのは美味しい利用方法でしょう。

(具体的なマイル数や金額は人によって異なるかもしれないので伏せておきます)

エイドリアンはE-certificateを選択しました。

そしてその後15分くらいしてからE-certificateが届きました。 早いですね。

もうすぐデンバーに到着です

デンバーまであと1時間くらいです。 でも到着するともう真夜中です。

到着前にあたたかいマフィンが配られました。

そしてようやく、本当にようやくデンバーに到着です。

デンバーでの宿泊は?

ドアが開いた後、地上係員からすぐに説明がありました。

今回のUA1104便の遅れでデンバーにて宿泊が必要になったお客様には宿泊の手配をします。 降機後、**番ゲート近くにあるカスタマケアデスクにお越しください。

エイドリアンは、翌朝7時45分発のサンフランシスコ行きに搭乗予定です。 ホテルを5時過ぎには出てまた空港へ戻ってこなければなりません。 ホテルで休むにしてもほんの数時間ですが、ターミナル内での野宿よりはましです。

**番ゲート近くにあるカスタマケアデスクに向かいましたが、ここでも行列です。 休む時間がただでさえ短く行列に並んで時間を浪費したくなかったので、自分でホテルをすぐに予約し、シャトルバス乗り場へ向かいました。 この時の宿泊代金はAmerican Expressの航空機遅延補償のお世話になることにしました。

翌日はデンバーからサンフランシスコ経由で帰国予定だったのですが、さてさて。 次回の記事をお楽しみに。

まとめ

いやー、参りました。 結局17時間遅れでの出発でした。 アンカレッジ空港のユナイテッドの職員さんは倒れなかったかちょっと心配。 出発後はスムースで実飛行時間は5時間ありませんでした。

デンバー空港で到着後すぐに宿泊手配のアナウンスをするところはなかなか優秀(もっといいのは、アンカレッジで、あるいは機内でアナウンスがあればいいんだけど、まあこの辺の対応に慣れてしまったエイドリアンにとっては到着後すぐにアナウンスがあったので満足しています)。 一番困るのは、アンカレッジでもデンバーでもそうでしたが、行列が長い、一人一人のお客さんの対応に時間がかかってなかなか前に進まない、という点。 これは何とかできないものかと思います。