ユナイテッド航空 ファーストクラス 搭乗記 サンフランシスコ~フェニックス 2018年1月

2018年最初のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して2018年で4年目。 2018年最初のアメリカ個人旅行は、1月の後半2週間程度の時間をかけてフェニックスを起点にセドナ、フラッグスタッフ、アリゾナ大隕石孔(ミティア・クレーター(Meteor Crater))、化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)、アルバカーキ、サンタフェ、世界遺産タオス・プエブロへとドライブします。 この一連の旅行記事はこちら(2018 1月 アメリカ(セドナ、アリゾナ大隕石孔、サンタフェなど))に順次追加してゆきます。

この旅行の全体のあらましについてはこちらの前回の記事で紹介しました。

今回の記事では、ユナイテッド航空ファーストクラス(米国内線仕様)を利用したサンフランシスコ~フェニックスのフライトを紹介します。



サンフランシスコで乗り継いでフェニックスへ

前回の記事の大阪・関西からのUA34便から乗り継いでフェニックスへと向かいます。 同じくユナイテッド航空便です。 この乗り継ぎ便もアップグレードに成功しファーストクラスの利用ですが、米国内線仕様なので大きな期待はできません。

2018年1月 UA1168便 サンフランシスコ(SFO)ー フェニックス(PHX)

出発: 13:19 / 到着: 16:20
飛行時間: 2:01
機材: B737-900ER
搭乗クラス: ファーストクラス(米国内線仕様)

Great Circle Mapper

搭乗ゲートは89番

サンフランシスコ国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジで簡単に食事をとってから89番搭乗ゲートへ向かいました。 歩いて7~8分かかります。

搭乗ゲート前のモニターの写真です。 クリックすると拡大します。

搭乗です

エイドリアンの座席はファーストクラスの2Fです。 前方右窓側席です。

B737-900ER Seatmap / United Airlines Homepage

エイドリアンの座席からのキャビン前方の眺めです。

機内エンターテインメントサービス

ファーストクラスといっても個人用モニターはありません。 自分のデバイス(スマホやタブレット端末)を使って無料の機内エンターテインメントサービス(映画やTV番組、音楽など)を利用することができます。 先日紹介したソラシドエアの機内エンターテインメントサービスと同じような仕組みです。 自分のデバイスを持っている方なら問題ないですが、ガラケーしか持ってないという方にはつらいところです。

ヘッドフォンはお願いすればたぶん持ってきてもらえると思いますが、エイドリアンは自分の物を持ち歩くようにしています。

ユナイテッド航空のアプリはこのブログで何度か紹介しましたが、搭乗前にダウンロードしておくことをお勧めします。 機内での退屈度合いが大きく違ってきますよ!

United Airlines

United Airlines
開発元:United Airlines
無料
posted with アプリーチ

ファーストクラスの座席情報

座席のゆったり具合は、次の表を参考にしてください。 ユナイテッド航空のホームページの情報をもとに簡単に表にまとめました。

クラス 座席間隔 背もたれ 座席数(並び)
前後 横幅 リクライニング幅
ファースト 96cm 52cm 19cm 20(2-2)
エコノミープラス 88cm 43cm 12cm 51(3-3)
エコノミー 78cm 40-43cm 7cm 96(3-3)

(出所: ユナイテッド航空ホームページ)

数字としては、ファーストクラスの座席はエコノミープラスよりも少し広いかなというところですが、席の並びが3-3であるのと2-2であるのとでは大きな違いです。 エコノミーの3-3だとお隣に大きな体をした方が座ると絶望感が漂いますが、ファーストクラスでは広いアームレストが備えられているのでお隣を気にせず両腕をゆったりと楽にすることができるのはとっても助かります。

ファーストクラス2Fの席から外を覗いてみると

クリックすると拡大します。

搭乗時の飲み物サービス

フェニックス到着後に車を運転するので、炭酸水をいただきました。 米国内線でも、ファーストクラスであればアルコールをリクエストすれば持ってきてもらえます。

出発です

プッシュバックされ、前へと進み始めるときに、目の前をルフトハンザの大きなA380が通り過ぎていきました。

動画はこちらでご覧いただけます。

一旦太平洋側に出てからフェニックスへと向かっていきました。 クリックすると拡大します。

離陸後はスナック類だけです

ファーストクラスですが離陸後のサービスはシンプルです。 飲み物はアルコールも含めて好きなものをいただけます。 この区間の食べ物はスナック類だけ。 フライトアテンダントさんがスナック類(+バナナ)を盛ったカゴを持ってファーストクラスの前方席から順に回っていくので好きなものをもらいましょう。 1つだけでなく複数もらったり、気に入ったものがあればお代わりすることもできます。 クリックすると拡大します。

Nacho Cheese Especialはこちらのサイトに、エイドリアンが病みつきになっているKey Lime Coolersはこちらのサイトに説明があります。 エイドリアンは、Key Lime Coolersをいつもお代わりしています。

食事をしたい方は、搭乗前に済ませてしまうか、搭乗前に何か買って持ち込みにしましょう。

あっという間に到着です

エイドリアンの自分のiPad miniで無料の機内エンターテインメントサービスの映画を見ていたらあっという間にフェニックスに到着でした。  途中揺れることなく、ずっと安定した飛行でした。

無料の機内エンターテインメントサービスには日本語の映画が入っていることがありますが、この日の便には日本語映画は入っていませんでした。

フェニックスはいい天気でした。 クリックすると拡大します。

まとめ

ユナイテッド航空ファーストクラス利用のサンフランシスコからフェニックスへのフライトの搭乗記です。 一応、ファーストクラスではありますが、米国内線仕様なので大きな期待はできません。 搭乗機材はB737-900ER、搭乗時間は約2時間です。

記事内では、ユナイテッド航空の米国内線仕様の座席(エコノミー、エコノミープラス、及びファースト)のスペックの紹介、サンフランシスコ~フェニックス区間のファーストクラスの機内飲食サービス、そして機内エンターテインメントサービスについて紹介しました。

機内エンターテインメントサービスは搭乗クラスに関係なく無料で利用できます。 自分のデバイス(スマホ、タブレット端末など)に予めアプリをインストールして機内に持ち込む必要があります。 ヘッドフォンは、簡単なものでいいので自分で持ち込む方が良いでしょう。