ユタ州南部Toadstoolsはハイキングに最適、自然の異空間は最高のインスタ映え間違いなし!

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 3~9

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 3~9は”The Wave”へのチケットをかけてガラガラ抽選に臨みました。 ガラガラ抽選については最後にまとめてブログ記事にします。

DAY 6

“The Wave”のガラガラ抽選に外れた後、DAY 6のこの日は拠点にしているユタ州KanabからのドライブでToadstoolsというところへ行ってきました。

Toadstools

Toadstoolsは日本語に翻訳すると「毒キノコ」。 ユタ州南部は本物の「毒キノコ」があるような自然環境ではありません。 ユタ州で「毒キノコ」、そうですあたかも「毒キノコ」かと思わせるような形をした”奇岩”があるのです。

快適なドライブです

KanabからToadstoolsのトレイルヘッドまでは車で40分程度。 きれいに舗装された道で爽快なドライブを楽しめます。

KanabからUS-89を東(ハイウエィの道路標識では南になります)に向かってひたすら走ります。 70キロメートルくらい走ったところ、左手にこの案内板が見えたら到着です。

“Toadstools” は “GRAND STAIRCASE-ESCALANTE National Monument” の中にあります。

出発地点・トレイルヘッド

駐車場にはこの案内板があります。

クリックすると拡大します。

大切なところを実際に歩いてきた経験を交えて説明しておきます。

  • 往復1.6マイル(約2.6キロメートル)です。 トレイルヘッドを出ると道は舗装されていませんが特に苦になるようなことはありません。 子供も年配の方も楽しくハイキングを楽しんでいました。
  • トレイルの標高差は30メートル。 上り坂になるのは最後の100~200メートルくらいです。 その登りが少し深い砂地になっていて足を取られます。
  • 途中、日陰になるようなところはありません。 帽子をかぶったり日焼け対策をしておく方が良いでしょう。 十分な水を持つようにしましょう。
  • 携帯はずっと圏外でした。

出発です

駐車場からトレイルへ出るとトレイルの方向を示す棒が立っています。 ところどころにこの棒が立っているので、この棒を目印に道に迷わないように進みましょう。

ひたすら前へ進みます

棒を目印にひたすら前進です。 片道1.3キロメートルということが分かっているので気分的にも楽チンですね。

クリックすると拡大します。

毒キノコの形ということにしましょう

岩が侵食されていき、微妙なバランスを保っているこの”毒キノコ”。 でもいつかは崩れ落ちてしまうときが来ます。 この瞬間にこの地を訪れて眺めることができたことに感謝の気持ちです。

これが一番の写真でした。

この”毒キノコ”の周りをぐるりとしました。

クリックすると拡大します。

一番の時間帯は夕方がおすすめ

エイドリアンは今回は日中にこの “Toadstools” にやってきました。 昼間でも十分にいいのですが、夕方の方がもっとインスタ映えするようです。

Toadstools のパンフレットです。

ユタ州やアリゾナ州の自然を写真に撮るのは朝夕がおすすめ。 ”奇岩”や岩肌、山々が赤く色づきとても美しく見えます。 これはほとんどの場合の共通の秘訣です!

Toadstools のオフィシャルサイトはこちらです。

A land of balanced rock formations which look like mushrooms, The Toadstools is an enchanting wilderness area accessed via an easy to moderate 1.5-mile round-tr

動画を貼っておきます

“毒キノコ” の周りを動画に収めました。

まとめ

“毒キノコ”のように似ているとして名付けられた”Toadstools”へ行ってきました。 ”GRAND STAIRCASE-ESCALANTE National Monument” の中にあります。

往復2.6キロメートルほどのハイキングでその奇岩を見に行くことができます。 子供も年配の方も楽しくハイキングを楽しんでいました。 日差しが強く乾燥しています。 帽子をかぶり日焼け対策もして、水をたくさん持って向かいましょう。

岩が侵食されていき、微妙なバランスを保っていますが、でもいつかは崩れ落ちてしまうときが来ます。 この瞬間にこの地を訪れて、この”毒キノコ”を眺めることができたことに感謝の気持ちです。

心地よい汗をかいてトレイルヘッドに戻りました。