デナリ国立公園周辺での宿泊 White Moose Lodgeは合格点

2017年9月 アメリカ・アラスカ州へ

アメリカのアラスカ州アンカレッジへ飛行機で入り、ドライブしながらフェアバンクスへ向かい、オーロラ観測にチャレンジします。 途中、デナリ国立公園(デナリは日本ではマッキンリーとしてよく知られています)にも立ち寄ります。 この旅の一連の流れは2017 9月 アメリカ(アラスカ オーロラ!)から確認できます。



アンカレッジからフェアバンクスに向けてドライブ

今回の旅行の一番の目的はフェアバンクスでのオーロラ観測。 アンカレッジから北のフェアバンクスへ向けてドライブ開始です。 まだ時差ボケが残る中、一気にフェアバンクスまでドライブするには距離が長すぎるので、この日は途中のデナリ国立公園までです。

下の地図は、アンカレッジからデナリ国立公園周辺で宿泊したロッジまでのルートを示しています。 フェアバンクスまでだと約6時間、デナリ国立公園まででも4時間程度はかかります。

9月初旬のGeorge Parks Hwyの黄葉は素晴らしい

9月初旬にもなるとアンカレッジでは少し肌寒さを感じました。 アラスカ州道3号線・George Parks Hwyを北へ進んでいくと標高が上がり道路の両側の樹木が綺麗に黄色く色づいていきます。 この素晴らしい黄葉と青空を眺めながらのドライブは気持ちよくて最高でした。

黄葉を眺めながらのドライブの映像を貼っておきます。

居眠りには要注意

綺麗な黄葉を楽しめるドライブですが、長時間の単調な運転が続き、さらにまだ時差ボケが残っているので居眠りには要注意です。 誤って左に外れれば正面衝突、右に外れれば横転、まっすぐな道では時速100キロメートル以上で走っていることが多くいずれも即命に関わる事故になります。

アメリカの多くの道路では、車が車線から外れそうになった時に運転手に危険を知らせる工夫がなされています。 下の写真のように舗装道に少し切り込みが入れられていて、この上を高速の車が走った場合には車に大きな振動が発生し運転手に危険を知らせます。

デナリ(マッキンリー)山の眺め

アンカレッジからGeorge Parks Hwyを北上していくと、デナリ(マッキンリー)山を南から眺めることができるポイントがあります。

今回の旅行中にデナリ(マッキンリー)山を見ることができたのは、このポイントからだけでした。 次回紹介するデナリ国立公園内のバスツアーでは天候に恵まれずデナリ(マッキンリー)山を北側から眺めることはできませんでした。

デナリ国立公園

さらに北上し、アンカレッジから約4時間のドライブを経て、デナリ国立公園に到着です。

翌日のバスツアーの予約

デナリ国立公園は自然環境を保護するため、一般車が入り込めるエリアを制限しています。 公園内の奥の方に入り野生動物と出会ったり、雄大な山々を眺めるには公園が手配するバスツアーを利用する必要があります。 ビジターセンター近くにあるWilderness Access Centerに立ち寄り、翌日のバスツアーのチケットを購入しました。 次回のブログ記事で詳細を紹介させていただきます。

この日はデナリ国立公園内での活動は短時間で済ませ、午後3時頃には宿泊先へ向かいました。 国立公園ビジターセンターから宿泊先まではさらに約20キロメートルあります。

途中給油もしました。

White Moose Lodgeに宿泊

デナリ国立公園周辺の宿泊施設の宿泊料金はとても高いです。 今回エイドリアンはデナリ国立公園入口から少し離れたところにWhite Moose LodgeというInnタイプのシンプルな宿泊施設を利用しました。 離れているといっても車で20分程度なので苦になる距離ではありません。 宿泊料金は手ごろなところに設定していると思います。

道路沿いからこの宿泊施設本体を見ることはできません。 デナリ国立公園側からGeorge Parks Hwyを北上する場合には、道路右手のマイルマーカー248を過ぎるとすぐに上の写真のようなLodgeの看板が左手に出てくるのでそこで対向車に注意して左折しましょう。

White Moose Lodgeの外観

ロッジ内の仕様

2ベッドが標準で、シャワー、冷蔵庫、電子レンジが用意されています。 TVはニュースや天気予報、スポーツなどの基本的なチャンネルはカバーされていました。 Wi-Fiは早くはありませんでしたが、映像などを見ないのであればそれほどストレスを感じることはないと思います。 シーツはきれいで気持ち良かったです。 Innタイプなので部屋の扉を開けるとすぐそこに自然が広がっています。 車を自分の部屋の近くに停めることができるので荷物の部屋への持ち運びは楽です。

朝食はついていません。 施設内にはレストランもありません。 食事は自分で近くのレストランへ行くか何か予め買ったものを持ち込むようにする必要があります。

お部屋の中の様子はこちらで確認できます。

White Moose Lodgeの詳細情報、予約

施設の詳細情報は以下のホテルのリンクからどうぞ。 なお、こちらは5/12から9/20までの期間限定オープンです。(2017年9月の情報)

ホテルのリンクからネット予約できるとなっていますが、エイドリアンは完了させることができませんでした。 指定されているe-mailアドレスにメールを送って予約するのが一番手っ取り早いと思います。 メールに対するリスポンスは早かったです。

エイドリアンの評価

デナリ国立公園入口周辺のホテルの高額な宿泊料金と比べるととても手ごろな宿泊料金が設定されているWhite Moose Lodge。 LodgeとなっているがInnとイメージしておく方が良い。 デナリ国立公園のビジターセンターから車で20分程度なので許容範囲の距離。 Wi-Fi、TV、冷蔵庫、電子レンジはあるが、レストランはなく朝食もつかない。 シンプルステイと考える旅行者にとってはコストパフォーマンスが良く快適。 総合評価として十分に合格点を与えることができるだろう。