バンフのカフェ、お買い物など

2017年5~6月 カナダとカリフォルニアへ

カルガリーを起点にカナディアンロッキーの大自然を満喫し、サンフランシスコ周辺でチェリー摘みを楽しむ旅。 この旅の一連の流れは2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)から確認できます。



バンフには人気のお店がたくさん出店

バンフはとても人気のある観光地で世界中から人が集まってきます。 するとそこに世界の名の知れた多くのお店が集まってくるのも自然な流れです。 下の地図で青色で線を引いたあたり、メインストリートであるバンフアベニューの中でも特に飲食店、ブランドショップやおみやげ物を扱うお店が集中しているエリアです。

今回はエイドリアンのかなり偏った選択ですが、この旅の間に立ち寄ったお店を紹介します。 エイドリアンは旅行中は、スーパーで食材を買ってきて自炊するか自炊できないホテルではスーパーのデリでおかずを買ってホテルに持ち帰ることが多いので、レストランはあまり利用しません。 悪しからず。

Various Shops, Banff / Copy of Google Map

上記地図上の番号のお店は次の通りです。 その番号順に紹介します。

① Tim Hortons
② McDonald’s
③ Starbucks(バンフアベニュー沿い)
④ Safeway
⑤ Starbucks(Safeway店内)
⑥ O.K.ギフトショップ
⑦ BeaverTrails

① Tim Hortons

カナダ国内に広く浸透しているドーナツ店です。 カナダを旅行しているとホントにいろいろなところで目にします。 Torontripトロント総合情報サイトがTim Hortons のすごさをまとめてくれています。

▪ カナダ国内での店舗数は 3000 店以上!
▪ カナダ国内のカフェとしてのシェア 60 %以上!
*ちなみに 2 位のスタバシェアは 10 %以下。あの天下のスタバが、、、一ケタ違いますね。
▪ カナダ国内では飲食業最大手の一つであるマクドナルドの売上げを抜き、その店舗数も約 2 倍を誇るのです!
▪ 筆者も驚いたのですが、カナダは 1 人あたりのドーナツ消費量が世界一多い国!
*それを裏付ける事実として → → → カナダはドーナツ・ショップの対人口比率も世界一を誇る!!

カナダのコーヒーショップと言えば、Tim Hortons(ティムホートンズ)です!日本ではスタバが有名ですが、カナダでは圧倒的に Tim Hortons のお店の方が多いのが特徴☆値段もリーズナブルですので、カナダに訪れた際には是非とも試してみましょう。

店内では自分で購入したいドーナツを選んで店員さんにこれ、あれ、みたいに注文すればOK。 スタバよりも全体的に安い値段設定のように感じました。

5月ですが日中は汗ばむような陽気でした。 冷たい飲み物とドーナツが良く合いました。

Welcome to Tim Hortons. Our Always Fresh Coffee, hot beverages, cold beverages and many quick meal options will hit the spot any time of day.

② McDonald’s

世界中どこに行ってもあるマクドナルド。 バンフでは景観に配慮してかあまり目立ちません。 店内は中国語をしゃべる観光客でごった返していました。

③ Starbucks(バンフアベニュー沿い)

カナダではスターバックスよりもTim Hortonsの店舗数のほうが圧倒的に多いのですが、世界各地から観光客が集まるここバンフに限って言えばスターバックスの方が店舗数が多いです。 こちらはバンフアベニュー沿いのスターバックスです。 マクドナルド同様、スターバックスも外観は目立たないですね。

④ Safeway

食材から日用品まで何でもそろう大型のスーパーマーケットです。 バンフの中では良心的な値段設定の製品が多いので地元の住人らしき人もたくさんいました。

店内です。 買い物が15点以下ならレジのエクスプレスレーンを利用できます。

⑤ Starbucks(Safeway店内)

このSafewayのスーパーマーケットの店内にはスターバックスが入っています。

ここでフラプチーノをクレジットカードを使って購入しました。 エイドリアンはアメリカのスターバックスのプリペードカードを持っているのですが、ふと気になりました。 アメリカのスターバックスのカードはカナダでは通用しないのか? 店員さんに聞いてみたところ、即答で、使えるよ、とのことでした。 アメリカのスターバックスのカードはポイントがたまるとフリードリンクをプレゼントしてくれます。 いろいろキャンペーンがあり、そのポイントがたまりやすいのでエイドリアンはアメリカのカードを愛用しています。 そのアメリカのカードをカナダでも利用できるなら利便性が上がります。 この店員さんの言葉を信じるだけでなく、今度、実際にエイドリアン本人が検証してみようと思います。 読者の皆さんでアメリカのスターバックスのプリペードカードをカナダで利用できたという方はぜひ教えてください。

⑥ O.K.ギフトショップ

おなじみ、大橋巨泉さんのお店です。 お店は健在です。 日本語が通じるとして日本人に愛用されていますね。

⑦ BeaverTrails

日本にもお店を構えるカナダ発の人気のスイーツ店、BeaverTrailsです。 揚げたてアツアツのペイストリーにお好みのフレーバーをトッピングできます。

メニューです。

初めてBeaverTrailsを利用するエイドリアンはこの写真のようにいろいろな種類のフレーバーを1枚のペーストリーにトッピングできるのかと思ってしまいました。 1枚のペーストリーには1~9の番号が振ってあるフレーバーの種類を一つ選びます。

目の前でトッピングしてくれます。

日本のウエブサイトですが参考になると思うので貼っておきます。

日本初上陸!カナダで大人気のペイストリーショップBeaverTails® JAPAN公式Webサイトの公式ホームページです。