ヒルトンオナーズ会員特典まとめ・ヒルトン成田宿泊時に受けた実際のサービスは?

ヒルトン・オナーズ会員特典

エイドリアンは長年にわたりヒルトンホテルグループの会員制度(ヒルトン・オナーズ会員)のゴールドとダイヤモンドメンバーを行き来しています。 エイドリアン(プロフィールはこちら)の現在のランクはヒルトンダイヤモンドメンバーです。 このブログでこれからヒルトン系列のホテルを取り上げることがちょくちょくあると思います。

今回の記事では、

  • ヒルトン・オナーズ会員特典に興味を持ってこの記事に辿り着いた読者の皆さんへヒルトン・オナーズ会員特典・制度を紹介し、
  • 2017年10月末に成田空港出発時の前泊としてヒルトン成田を実際に利用した際の利用記と共にダイヤモンドメンバーとして受けたサービスについて説明

させていただこうと思います。



ヒルトン・オナーズ (Hilton Honors) 会員特典

どれぐらいの規模のホテルグループかが分かるように一応貼っておきます。

ヒルトンについて

14のブランド、5,000軒以上のホテルを有し、世界各地の所有施設、管理施設、事業所に169,000人を超えるチームメンバーを擁する当社は、世界最大のホテル企業です。

ヒルトンドへようこそ。1919年以来、ヒルトンは世界的なホテル企業のリーダーであり続けています。当社のホテルブランド、事業開発、採用情報の詳細を見る。

世界に5,000軒以上とはすごいですね。

日本国内に限ってみると、この記事の投稿(2018年1月11日)時点でヒルトン、コンラッド、ダブルツリーの3ブランド、計14のホテルが運営されています(最新情報はこちらで確認)。 日本ではまだまだ14軒ですから少ないですね。

世界のヒルトンホテルグループは、ヒルトン・オナーズ(HILTON HONORS)というポイントプログラムを持っています。 そのポイントプログラムには、以下のような会員ランクが設けられています。 ヒルトンのホームページの情報をもとにエイドリアンが下の比較表に編集しました。

会員ランク 獲得条件 メンバー特典
ブルー 入会後すぐ ・宿泊によりヒルトン・オナーズポイントを獲得
(利用1ドルあたり10ポイント。このポイントがベースポイント(BP)になります)
以下、基本特典・割引保証:変更および返金可能な割引料金は会員が対象
・デジタルチェックイン
・スタンダードWi-Fi無料(会員でないとWi-Fiが有料ですよ!)
・登録希望部屋タイプによるスピーディな予約とチェックイン
・レイト・チェックアウト(部屋の空き状況と交渉次第)
・エクスプレス・チェックアウト
・2人目のお客様はご宿泊無料(日本ではとてもありがたい!)ヒルトンホテルを利用するなら取り敢えず会員になりましょう!
会員入会はこちらから
シルバー 1~12月の1年間:
4回の滞在

又は 10泊の宿泊
基本特典に加えて:

・BPに加え15%のエリートステータス・ボーナス
・5泊目無料宿泊
・1滞在につき無料のボトルウォーター2本

ボトルウォーター2本は嬉しい!

ゴールド 1~12月の1年間:
20回の滞在

又は 40泊の宿泊
又は 75,000 BP
基本特典に加えて:

・BPに加え25%のエリートステータス・ボーナス
・5泊目無料宿泊
・1滞在につき無料のボトルウォーター2本

My Wayゴールド会員特典

My Wayには、無料朝食(ホテルブランドによっては無料朝食が標準でついていることもあり)、ラウンジ利用(そもそもラウンジがないホテルもあり)、部屋のアップグレードなどがあります。シルバーとゴールドは大きな違い

ダイヤモンド 1~12月の1年間:
30回の滞在

又は 60泊の宿泊
又は 120,000 BP
基本特典に加えて:

・BPに加え50%のエリートステータス・ボーナス
・5泊目無料宿泊
・1滞在につき無料のボトルウォーター2本

My Wayダイアモンド会員特典
48時間客室保証
ダイヤモンド陥落後も1度だけ救済措置あり

ゴールドよりはダイヤモンドの方がもちろんいいんだけど、無理してダイヤモンドを狙うまではないか? 新しくスタートした救済措置は万一の時の保険になりそう。 航空会社もぜひ導入してほしいサービスです

備考・
注意事項:
メンバー特典を受けるにはヒルトンの自社サイトで直接予約する必要あり。 楽天、Expedia等の予約サイトを通じて予約した場合には、ダイヤモンドであってもこのご時勢でWi-Fiが有料になるのであれば実質自社サイトでの予約を強要しているようなものです。
・同じホテルでチェックアウト・チェックインを同じ日に繰り返しても宿泊回数は1回とカウントされます。会員ランクを達成するために回数を稼ぐにはホテルを転々とする必要があります
・デジタルチェックイン: 24時間前からデジタル機器で部屋を選択しチェックイン可能
・5泊目無料宿泊: 5連泊以上をポイントのみで予約した場合に5泊毎に5泊目が無料
無料Wi-Fi: ゴールドとダイヤモンド会員は高速サービスを利用できるホテルが多い

My Way: 部屋のアップグレード、無料朝食、ラウンジ利用、追加ポイント付与、スナックサービスなどから好みによって選択。ゴールドよりもダイヤモンドの方が手厚い選択肢。提供されるサービスと選択できる数は各ブランドホテル毎に異なる
・48時間客室保証: 到着48時間前までに予約すると満室であっても客室を保証。優先順位が低い予約客が他のホテルへ飛ばされます!
・ダイヤモンド陥落後の救済措置: 新しいサービス。各種条件あり。詳細はヒルトンのサイトで説明してくれています。 該当する方はそのリンク先で(仮?)申込みができます。
ヒルトンのサイトには各種会員特典について細かな条件がたくさん記載されています。実際のご利用にあたってはオリジナルサイトで詳細をご確認ください。

< このまとめの表の更新日は 2018年1月11日 です >

ヒルトンゴールドメンバーになるためには

国内外のヒルトングループのホテルに宿泊することになった場合には、まずはメンバーになりましょう。 1回きりで2度と使わないよという方も会員登録しましょう。 Wi-Fi無料サービスや1人の予約でももう1人無料になるなどメリットは絶大です。

会員入会はこちらからできます。

これから将来にわたって、繰り返し利用することになるかも、というあなたの場合、上の比較表で説明したように、シルバーとゴールドでは大きな違い、月とスッポンです。 年に20回宿泊してゴールドメンバーになるというのもいいですが、果てしなく長い道のりです。 また19回目の宿泊まではヒルトンホテルに泊まっても朝食はつかないしラウンジ利用もできません。 それはもったいないです! そのようなあなたの場合ために、手っ取り早くゴールドになる方法があります。

それは、三井住友のヒルトン・オナーズVISAゴールドカード会員になるのです。 するといきなりヒルトン・オナーズのゴールド会員メンバーになれます。 年会費が13,950円かかりますがヒルトン初心者でこれからヒルトンを使う機会が多いという方の場合には検討する価値が十分にあると思います。 さらに2018年1月31日までの入会キャンペーンもやっていますね。

もう一つは、アメックスのプラチナカードメンバーになる(アメックスからのインビテーションが必要)ことによってもヒルトンのゴールドになることができますが、年会費(消費税込みで140,400円)を考えるとヒルトン・オナーズのゴールド目的での入会は本末転倒です。

成田空港出発時のおすすめ前泊ホテル

2017年11月の丸々1か月間かけてThe Wave、モニュメントバレー、セドナ、ツーソン、メキシコ国境などを巡ったアメリカ個人旅行、帰国してから早いもので1か月が経過しました。

  • この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事(48記事のリスト)はこちらからご覧いただけます。

さてさて、その旅行の日本出発は成田空港でした。

  • ユナイテッド航空838便 成田 ~ サンフランシスコ へ運用されている新機材新シート搭載のポラリスビジネスクラス搭乗記はこちら

いちおう関西地方に住んでいる著者エイドリアン、成田出発の時は成田で前泊することが多いです。 よく利用しているのは ヒルトン成田コンフォートホテル成田 です。

コンフォートホテル成田はJR・京成成田駅から近くて周囲には飲食店が多く宿泊料金は手頃、そして立派な朝食(無料!)がついています。 エイドリアンの基準はヒルトン成田を1万円以内か20,000ポイントで予約できればヒルトン成田へ、それよりも高くなる時はコンフォートホテル成田を選択します。 ヒルトン成田の方が宿泊料金が高くなりますがメリットがとても大きいのです。

今日は、2017年10月末に利用したヒルトン成田をこれまでの利用経験をもとにたっぷりと紹介してみたいと思います。

ヒルトン成田

成田空港から無料シャトル送迎サービスがあるエアポートホテルです。 成田空港は日本の空の玄関口。 多くの外資・内資のホテルが空港周辺にありますが、その中でももっとも高級な(宿泊料金が高い)部類のホテルといってもいいでしょう。 ヒルトン成田のオフィシャルサイトです。

成田市【ヒルトン成田】の公式サイトです。成田空港を望む高台の緑豊かな1万坪の敷地には、寛ぎの空間が広がります。飛行機好きにはたまらないエアポートビューのお部屋も。直接予約で最もお得な宿泊プランをご予約いただけます。

今回ヒルトン成田に宿泊の際にダイヤモンドメンバーとして受けたサービスには以下、黄色のマーカーで印をつけます。

ホテルの外観

ヒルトン成田へ向かっていくときに見える眺めです。

ヒルトン成田外観 / http://hiltonhotels.jp

ロビー

ロビーはソファの座りごこちが良くアトリウムを眺めることができ広くてゆったりしていて快適です。 ヒルトン・オナーズ専用のエクスプレスチェックインレーンが一応ありますが、ヒルトン成田ではほとんど機能していません。

チェックイン時に翌日のレイトチェックアウトをリクエストし、チェックアウト時刻を正規の正午から午後2時に変更してもらえました。

ヒルトン成田は一般宿泊客だけでなく、エアラインクルーもよく見かけます。 UA、DL、KE、他にもいろいろ見たような気がします。 エアラインクルー専用のラウンジが用意されているのでそれだけ多くのエアラインクルーが利用しているということでしょう。

でもヒルトン成田にはゴールド・ダイヤモンドメンバーが利用資格を持つラウンジがありません。 世界のヒルトンの中ではエアポートホテルであってもラウンジを持つホテルがありますが成田には有りません。 その代わりに、バーでのドリンクチケットをもらえますが、 ちょっとしょぼいです。

客室

最安値料金の部屋タイプで予約してもいつも高層階のデラックスタイプ、エアポートビューの部屋にアップグレード(ゴールドもアップグレードされることが多いと思います)です。 これは本当に助かっています!

客室内サービス

ボトルウォーター2本はシルバー以上ですね。 助かります。

和風ハンカチにはあられが包んであります(ゴールド以下にもついてくるサービスかどうかはエイドリアンにはわかりません)。

ヘルスクラブ

ヒルトン成田にはプール、ジム、サウナを完備したヘルスクラブが地下1階にあり、ゴールド以上は無料で利用することができます。 これはとてもうれしいサービスです。 宿泊ごとに2度は利用しています。

本格的競泳室内プール(25m×4コース)に、ジェットバスやサウナ、疲れを癒す大きなお風呂など、万全の設備をご用意しております。 フィットネスジムはコンディションや目的に合わせて、ご自分のペースでお使いください。

サウナ・お風呂

リラックスしながら、美容と健康を促進。 男性にはドライサウナ、女性にはミストサウナをご用意。ドライサウナでは、乾燥した高温の熱気によって発汗を促し、爽快感がお楽しみいただけます。 またミストサウナは、しっとりと全身を包む穏やかなミストがリラックスに最適です。サウナの後は大きなお風呂でゆったりとおくつろぎください。

成田市【ヒルトン成田】の公式サイトです。成田空港を望む高台の緑豊かな1万坪の敷地には、寛ぎの空間が広がります。飛行機好きにはたまらないエアポートビューのお部屋も。直接予約で最もお得な宿泊プランをご予約いただけます。

テラスバー

テラスバーは客室へのエレベーターホールの奥にあります。 ここでもエアラインクルーらしき人をよく見かけます。 ダイヤモンド・ゴールドメンバーはチェックインの際にテラスバーでドリンク1杯と引き換えできるドリンクチケットをもらえます。

テラスレストラン

朝食は1階にあるテラスレストランでいただきます。 朝6:30のオープン前から順番待ちする宿泊客が多いです。 オープンしても一人(1グループ)ずつ順番にテーブルへ案内してもらうので朝の空港への移動を急ぐ場合には6:30より少し早めにレストランへ向かう方が良いでしょう。

ダイヤモンド・ゴールドメンバーはチュックインの時に無料朝食券をもらえます。 何年か前はコンチネンタル限定という時代もありましたが、現在は朝食メニューとして準備されているものであれば何でもいただくことができます。

客室の窓からの眺め ~ エアポートビュー

飛行機好きにはたまらないロケーションです。 非常に近いところを飛行機が飛んでゆきます。 窓ガラスがうろこ状の水垢で汚れまくっています! ヒルトン成田さん、もうちょっと窓ガラスを綺麗にしてほしいです。

ヒルトン成田の客室から眺める成田空港へ着陸するユナイテッド航空機の動画です。

アクセス

ヒルトンホテルへのアクセスについては以下のリンクで最新情報をご確認ください。 特に、無料のシャトルバスの成田駅前のバス停の場所が最近変更されているので昔の記憶を頼りにしていると失敗しますよ!

成田市【ヒルトン成田】の公式サイトです。成田空港を望む高台の緑豊かな1万坪の敷地には、寛ぎの空間が広がります。飛行機好きにはたまらないエアポートビューのお部屋も。直接予約で最もお得な宿泊プランをご予約いただけます。

ヒルトン成田は、成田空港(第1ターミナル・第2ターミナル)、成田駅前、イオンモール成田間で無料のシャトルバスを走らせています。 夕食はホテルで食べるのも良いですが、成田駅前やイオンモール成田へ繰り出すのも良いでしょう。

夕方、ホテル出発のバスに乗るとエアラインのクルーらしき方々がいっぱい乗ってきてその多くの方がイオンモール成田で降車します。 食事やお土産物を買ったりするのにとても便利です。 エイドリアンは百均で旅行中に必要なちょっとしたものを買いました。

成田山新勝寺 / 2016年10月撮影

朝食をいただいたあと朝早いバスで成田駅前で降りて、成田山新勝寺に散歩というのもいいですよ。

このヒルトン成田のシャトルバスは利用価値が大きいです。 エイドリアンの愛用の足です。

予約

この宿泊の際には、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の25%割引きサービスを利用して9,000円程度で予約できました。 ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)については、手前味噌ですが下の記事で分かりやすく紹介できていると思うので興味がある方はそちらもご覧ください。

ダブルツリー by ヒルトン那覇の宿泊記。HPCJ会員特典をフルに活用しお得に宿泊しました~宿泊レートは限定割引プラン25%OFF、ホテルのレストラン利用分は客室付けにして20%OFF、HPCJ会員割引券10,000円分を使ってHPCJ年間費は実質無料です!

まとめ

今回はまとめ記事として以下の2点にポイントを置きました。

  • ヒルトン・オナーズ会員特典・制度の紹介
  • 実践編として、ヒルトン成田を実際に利用した際の利用記とダイヤモンドメンバーとして受けたサービスについて説明

実際にヒルトン成田でダイヤモンドメンバーとして受けているサービスを書き出してみるとかなりのメリットがあるということを改めて確認することができました。 ゴールド以上とシルバー以下では月とスッポンの待遇の差です。 一度ゴールド以上になるともうシルバーへの陥落は考えられません。 こうやって顧客囲い込み戦略にまんまとハマっていくエイドリアンでした。