ヒルトン スクンビット バンコクの客室・エグゼクティブラウンジ・朝食

2018年3月 タイとマレーシアへ

東南アジアの街の雰囲気を楽しみ、寛ぐことを目的にタイとマレーシアへ行ってきました。 特に何もしていません(笑)。 暑い気候のもと、いっぱい汗をかいてちょっと体を絞ろうと思っていたのですが、結局、食べて、飲んでに終始してしまいました。 この旅の一連の流れは2018 3月 タイ&マレーシアはから確認できます。 (飛行機の搭乗記とホテルの滞在記だけになりそうです。)

今回の旅程を組み上げるのにどういったチケットを発券したか、どのように飛んだかについては前回の記事に詳しく書きましたので興味のある方はこちらをご覧ください。

今回の記事では、

  • タイ・バンコクにある『ヒルトン スクンビット バンコク』の客室・エグゼクティラウンジ・朝食

をヒルトンダイヤモンドメンバーの視点から詳しく紹介します。



ヒルトン スクンビット バンコク

今回紹介するヒルトン・スクンビット・バンコクは、前回の記事で紹介したダブルツリーbyヒルトン・スクンビット・バンコクの裏手にあります。 ホテルの裏手を歩いてダブルツリーとヒルトンの間を簡単に行き来できます。 なので立地環境はダブルツリーとほとんど同じです。 ショッピング、食事、ナイトライフと何でもこいのとても賑やかなスクンビット地区です。 スカイトレインのプロンポン駅へはダブルツリーよりもヒルトンの方が若干近いです。 まあどこかへ出かけるのにもとても便利です。

このホテルのメリット

  • 大きなホテルなのでタクシーの運転手さんもあまり迷いません
  • 大通り(スクンビット通り)まで歩いて5分弱。 とても便利です。
  • 隣のダブルツリーにはないエグゼクティブラウンジがあります。 ダイヤモンドメンバーとエグゼクティブフロアーに滞在する方が利用できます。 ゆったりくつろぎながらのアフタヌーンティー、夕方のカクテルタイム、一日中好きな時にコーヒーを飲んだり汗をかいた後に冷たいジュースを飲んだりという天国のような場所です。
  • ヒルトンのダイヤモンド、ゴールドメンバーはレストランあるいはエグゼクティブラウンジで朝食(無料)をいただけます。

このホテルのデメリット

  • 隣のヒルトンホテルよりも宿泊料金は高め。

ヒルトン・スクンビット・バンコクのオフィシャルサイト(日本語)です。

ダイヤモンドメンバーへのサービス

チェックインの時にもらったエグゼクティラウンジの利用案内です。 英語版と日本語版をもらいましたが、朝食の利用条件の記載に齟齬があります。 どっちやねん!

今回の2泊の滞在中、朝食をエグゼクティラウンジに加えて2階のScaliniレストランでもとりましたが無料でしたので英語版の方が正解ですね。

客室(部屋)

こちらがお部屋です。 最安値の部屋の予約でしたがスィートタイプの部屋にアップグレードしていただきました。 リビングとベッドルームに分かれていてとても広いです。

クリックすると拡大します。

ミニバーです。

こちらがベッドルームです。 クリックすると拡大します。

シャワーとバスタブが各々独立しています。 バスタブに浸かっていると寝てしまいそうになります。 トイレは簡易型のウオッシュレットがついていました。

シティビューと言えば聞こえがいいですが、ホテルの足元は工事現場ビューです。

エグゼクティラウンジ

こちらが4階にあるエグゼクティラウンジです。 ダイヤモンドメンバーの場合、チェックインは1階のフロントに加えて、こちら4階のエグゼクティラウンジでもOKです。 エグゼクティラウンジだとチェックインの時にお手拭きや飲み物を持ってきてくれたりでとても居心地が良いですよ。

アフタヌーンティータイム(午後2時から午後4時)の時も利用しましたが写真を撮り忘れてしまったようです。 サンドイッチやスィーツが並べられていました。 飲み物はソフトドリンクだけです。

そしてこちらがイヴニングカクテルタイム(午後5時半~7時半)の時の写真です。 ドリンクは、各種アルコール(シャンパン、ワイン、ビールなど)にソフトドリンク、何でも飲み放題です。 ラウンジの中央付近では希望するカクテルを目の前で作ってくれるサービスもありました。 そしてフードはもう完全にディナーレベルです。 うまく組み合わせれば、そこそこのディナーコースのような料理になりますよ。 クリックすると拡大します。

朝食

今回の2泊の滞在中、朝食をエグゼクティラウンジに加えて2階のScaliniレストランでもとったので両方の写真を貼っておきます。

エグゼクティラウンジで

トムヤンクンのスープやバッタイがありました。 朝からタイ料理満喫です。 ラウンジでも卵料理はリクエストに応じて好きなスタイルのものを作ってもらえます。

下の写真はクリックすると拡大します。

エグゼクティブラウンジでは、そのスペースが限られるのでヌードルバーがないんです。 これさえ不満でなければゆったりとした空間の中での食事は最高です。

2階のScaliniレストランで

窓側に行くと外の景色を眺めながら食事をとることができます。

窓側のテーブルはこんな感じです。

卵料理もヌードルも作ってもらえます。 下の写真はクリックすると拡大します。

レストラン内のバッフェスタイルの食事はとても種類が多く歩き回って眺めるだけでも大変です。 テーブルの上にはバッフェカウンターのマップ(日本語解説付き)があります。 これを参考にすると探し物はすぐ見つかるかも。

レストランの方がエグゼクティラウンジよりも品数が多いです。 ここでいろいろなものにトライしてみるのも良いでしょう。 これまでの経験からすると遅めの時間帯になるとレストランの方は込み合う時があるので早い時間帯に利用するようにしています。

まとめ

今回の記事では、タイ・バンコクにある『ヒルトン スクンビット バンコク』の客室・エグゼクティラウンジ・朝食をヒルトンダイヤモンドメンバーの視点から詳しく紹介しました。

  • ヒルトン スクンビット バンコクにはエグゼクティブラウンジがあります。 ダイヤモンドメンバーとエグゼクティブフロアーに滞在する方が利用できます。 ゆったりくつろぎながらのアフタヌーンティー、夕方のカクテルタイム、一日中好きな時にコーヒーを飲んだり汗をかいた後に冷たいジュースを飲んだりという天国のような場所です。
  • 今回の宿泊ではスィートタイプの部屋にアップグレードされました。 リビングとベッドルームに分かれています。 バスルームはバスタブとシャワーが各々独立しています。
  • 朝食、ダイヤモンドメンバーの場合はエグゼクティブラウンジでも2階のレストランScaliniでもどちらでもOKでした(無料サービスとして)。 ゆったり食事をとりたければエグゼクティブラウンジ、多くの料理を見比べてみたければ2階のレストランがいいでしょう。