ユナイテッド航空 エコノミープラス搭乗記 大阪~サンフランシスコ 2018年2月

2018年2度目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して2018年で4年目。 早くも2月にして2018年2度目のアメリカ個人旅行*です。2月の後半10日程度の時間をかけてアリゾナ州ツーソンを起点にアリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州の国立公園を巡ります。 またニューメキシコ州のTruth Or Consequencesという街にある民間宇宙港スペースポートアメリカ (Spaceport America) にも立ち寄ります。 この一連の旅行記事はこちら(2018 2月 アメリカ(AZ, NM, TXの国立公園巡り))に順次追加してゆきます。

* 今回は一人でなく連れがいますが、ブログ記事には連れが出てこないようにしています。



日本⇔アメリカ間の飛行ルート

いつものようにユナイテッド航空を利用します。 1Kの底なし沼から抜け出せません。

往路は、大阪・関西~サンフランシスコ~ツーソンです。

Great Circle Mapper

復路は、ツーソン~サンフランシスコ~東京・成田~大阪・伊丹です。

Great Circle Mapper

ユナイテッド航空の大阪・関西とサンフランシスコ間のノンストップフライト、通常は毎日の運航なのですが、2017年~2018年の冬スケジュールでは、

  • 大阪・関西発(UA34便)は、月・火・金・土・日曜日の週5便
  • サンフランシスコ発(UA35便)は、月・木・金・土・日曜日の週5便

へと減便中でした。 帰国希望日の大阪への直行便がなかったため、成田経由にしました。

今回の記事では、ユナイテッド航空エコノミークラス(エコノミープラス)を利用した大阪~サンフランシスコのフライトを紹介します。

大阪・関空 ぼてぢゅう

https://www.kansai-airport.or.jp/shop-and-dine/dine/d041

今回は、出発前に関西国際空港(関空)内のぼてぢゅうを利用しました。 ぼてぢゅうは、お好み焼のチェーン店です。 店名は、お好み焼きを「ぼて」と返し、「ぢゅう」と焼くリズムに由来しています。

“関空のぼてぢゅう”、ググってみると分かりますが、いまとっても有名、旬のお店です。 何が旬かというと、”関空のぼてぢゅう”がプライオリティパスで利用できるようになったのです。

プライオリティパスは、世界の各地の空港にあるラウンジが利用できる有料会員制のカードです。 なんと”関空のぼてぢゅう”がこのプライオリティパスで利用できるようになり、3,400円分の飲食が無料でできるようになったとして、多くのブログに取り上げられました(このブログの過去記事にも少し触れました)。 あまりにも有名になりすぎて、あっという間に終了してしまうのではないかと心配する声も上がっているくらいです。

エイドリアンはアメックスのプラチナカードを持っているので、家族全員がプライオリティパスを持っています。 今回は、家族4名でこのぼてぢゅうをプライオリティパスで利用し、3400 * 4 = 13,600円分を無料で美味しくいただいてきました。

クリックすると拡大します。

席に着いて店員さんにプライオリティパスを利用することを申告します。 家族4名分、4枚のプライオリティパスをスキャンされました。 これで安心して注文できます。

4人でいただいたものをランダムですが貼っておきます。

クリックすると拡大します。

他にもいろいろ、テーブルに並びきらないくらいたくさんいただきました。 大満足でした!

往路の大阪(関西)からサンフランシスコ

大阪・関西発サンフランシスコ行きのユナイテッド航空34便を利用します。

2018年2月 UA34便 大阪・関西(KIX)ー サンフランシスコ(SFO)
出発: 18:10 / 到着: 10:50
飛行時間: 9:40
機材: B787-8
搭乗クラス: エコノミークラス(エコノミープラス)

UA34便はサンフランシスコからUA35便として飛んできた機材の折り返し便になります。

今回はアップグレードなし

今回はアップグレード可の運賃ではなく、最安値のエコノミークラスの運賃でチケットを購入しました。 エイドリアンは1K(プロフィールはこちら)なので予約時にエコノミープラスの席を確保できます。 下のシートマップの青い色のところです。

B787-8 Seatmap / United Airlines Homepage

通常のエコノミー席よりも少し足元のスペースが広くなるだけですが、長時間のフライトなのでありがたいです。

インボラはもうなさそう

以前はユナイテッド航空でインボラ(航空会社都合で無料で乗客を上のクラスの座席へアップグレード)を味わったことがありましたが、最近ではアップグレードリストに載っている乗客の数が多くインボラが発生することはほとんどないように見受けられます。

搭乗です

座席はエコノミープラス席、17J、前方右通路側です。

搭乗後すぐに、エイドリアンの座席から後ろの方に向けて写真を撮りました。

座席の写真です。 クリックすると拡大します。

離陸後の機内サービス

最初の飲み物です。 1Kメンバーに送られてきたドリンク券を使って、ブラッディ・マリーをいただきました。

エコノミーの機内食です。(通常のエコノミーもエコノミープラスも機内食は同じ)

クリックすると拡大します。

ユナイテッド航空のエコノミーの機内食は、ネットでは”ぼろくそ”に書かれていることが多いことをご存知の読者も多いと思います。 確かに”美味しい”とはお世辞にも言えませんが、”まずい”というほどでもなく、まあほどほどのお食事をいただけるというところじゃないかなと思います。 チキンカツカレー、サラダ、パン、アイスクリームにお水、これらにいくらのお金を払うかというと、800~1,000円くらいかなあ。

機内Wi-Fi

機内Wi-Fiを利用できます。 今回は利用しませんでした。 ユナイテッド航空の機内Wi-Fiについてはこの記事にかなり詳しく紹介したので興味があればご覧ください。

到着前の食事

エコノミーの到着前の食事です。 薄焼き卵、ハム、チーズが挟まった温かいサンドイッチとヨーグルトです。 もう少し、工夫してほしいですね。

クリックすると拡大します。

往路はあっという間

冬場の強い偏西風に後押しされて、サンフランシスコまではあっという間です。 定刻10:50到着のところ、10:07になっています。

トイレに行った後に、エコノミープラスキャビンを後ろから前に撮りました。

到着後はアメックスセンチュリオンラウンジで朝食

アメックス・プラチナカードを持っているので、サンフランシスコに到着後はセンチュリオンラウンジ(過去の利用記はこちらこちら)へ直行し、朝食をいただきました。

このあと、ツーソンへの乗り継ぎになります。 次回紹介させていただきます。

まとめ

2018年2回目のアメリカへの個人旅行になります。 今回は、大阪・関西からサンフランシスコへのユナイテッド航空エコノミークラス(エコノミープラス)搭乗記です。

  • 関空では、最近、プライオリティパスで利用できるようになったぼてぢゅうで粉物を堪能しました。
  • エコノミークラスの離陸後の食事は、美味しいとまではいかないけど、まずくはないと感じました。
  • 着陸前の食事はとてもシンプル。 もう少し工夫がほしいなあ。
  • サンフランシスコ国際空港に到着後、アメックス・センチュリオンラウンジで朝食をとりました。