ユナイテッド航空 エコノミープラス搭乗記 フェニックス~サンフランシスコ 2018年1月

2018年最初のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して2018年で4年目。 2018年最初のアメリカ個人旅行は、1月の後半2週間程度の時間をかけてフェニックスを起点にセドナ、フラッグスタッフ、アリゾナ大隕石孔(ミティア・クレーター(Meteor Crater))、化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)、アルバカーキ、サンタフェ、世界遺産タオス・プエブロへとドライブします。 この一連の旅行記事はこちら(2018 1月 アメリカ(セドナ、アリゾナ大隕石孔、サンタフェなど))に順次追加してゆきます。

この旅行の全体のあらましについてはこちらの記事で紹介しました。

今回の記事では、ユナイテッド航空エコノミープラスを利用したフェニックス~サンフランシスコのフライトを紹介します。



フェニックスからサンフランシスコへ

2018年1月のアメリカ旅行もあっという間に終わりました。 フェニックスからサンフランシスコへと飛び同日の接続で日本への帰国です。

2018年1月 UA781便 フェニックス(PHX)ー サンフランシスコ(SFO)

出発: 6:30 / 到着: 7:45
飛行時間: 2:15
機材: B737-800
搭乗クラス: エコノミープラス

Great Circle Mapper

TSA Preをゲット

早朝便なので、前日午後にレンタカーを返却し、当日はホテルのシャトルバスで空港へ向かいました。 朝4時頃にチェックインしました。

最近はTSA Preの配給に制限がかかっているので、あたりを引き当てることが減ってきましたが、この日は見事に当たりです。 TSA Preがついている乗客はセキュリティ通過の時にバッグからPCを取り出す必要がなく、靴も履いたままでOKという特別待遇を受けることができます。 本当に楽です。

United Clubで朝食

アメリカの空港の朝は早いです。 フェニックススカイハーバー国際空港のUnited Clubは朝の4時オープンです。 トーストにチーズスプレッド、ギリシャヨーグルトにフルーツとシンプルですがこの早い朝なのでこれで十分です。

搭乗ゲートへ

7番搭乗ゲートへ移動しました。 ユナイテッドはイレギュラーなことが起こった場合を除き最近では搭乗開始時刻を分単位で守るようにしていますね(特に米国本土の各空港の場合)。 分単位で時間を守るなんてアメリカらしくないという声が聞こえてきそうです。 逆に日本の方がなんだかんだと搭乗開始が遅れていることが多いように感じます。 出発の時刻に影響がないように帳尻を合わしているからいいのかもしれませんが、乗客の立場からは搭乗券に記載された搭乗時刻を信じてゲートへ行くわけなのでやっぱりその時刻を守ってほしいですね。

アップグレードならずエコノミープラス席へ

この便ではファーストクラスへのアップグレードはクリアされず、エコノミープラス席への搭乗です。

B737-800 Seatmap / United Airlines Homepage

エイドリアンの座席はエコノミープラス席の前方右通路側です。

機内エンターテインメントサービス

往路のサンフランシスコ~フェニックスの時と同じく、個人用モニターはありません。

自分のデバイス(スマホやタブレット端末)を使って無料の機内エンターテインメントサービス(映画やTV番組、音楽など)を利用することができます。 エコノミー席の場合は、ヘッドフォンは用意していないように見受けられるので自分のヘッドフォンを用意しておく方が良いでしょう。(エイドリアンは自分の物を持ち歩くようにしています。)

ユナイテッド航空のアプリはこのブログで何度か紹介しましたが、搭乗前にダウンロードしておくことをお勧めします。 機内での退屈度合いが大きく違ってきますよ!

 App Storeでダウンロード Googleプレイで入手可能 Amazonで入手可能
後ほどこの記事内で機内エンターテインメントサービスでどんなことができるかを紹介します。

 飲み物のサービス

離陸後、ソフトドリンク(だいたい何でもそろっています)とスナックが配られます。 エコノミー、エコノミープラス席ではアルコール飲料は有料になります。 ノンアルコールの場合、例えばジンジャエールやトマトジュースなどでは缶丸ごと1本欲しければそのように申し出ましょう。 今回はスパークリングウオーターをいただきました。

スナックはワッフルです。 ちょっと固めです。 コーヒーなど、温かい飲み物をもらったらその上で少し温めておくとワッフルが柔らかくなって食べやすくなります。

機内エンターテインメントサービスは優れもの

この便では、機内エンターテインメントサービスのスクショをいっぱい撮ってきましたのでどんなことができるか紹介してみたいと思います。 なかなかの優れものです。 利用しないともったいないです! 何はともあれ、搭乗前に自分のデバイスにUnitedのアプリをダウンロードしておきましょう。

 App Storeでダウンロード Googleプレイで入手可能 Amazonで入手可能

以下、搭乗前にアプリをダウンロードしていたという前提で進めます。

クリックすると拡大します。

機内の無料映画・テレビ

「Browse movies and TV shows」をタップすると次の画面へ飛びます。

この先は、映画やTV番組、子供向け番組など盛りだくさんのチャンネルへとつながります。 すべて無料ですよ! この2018年1月のフェニックスからサンフランシスコの便で楽しむことができた番組の一部を紹介します(実際にはもっともっと多くの映画・番組が収録されています)。

映画

サムネイルでザックリと眺めてみましょう。

クリックすると拡大します。

見たいと思ったものを選ぶともう少し詳しく確認できます。

クリックすると拡大します。

TV番組・子供向け番組

クリックすると拡大します。

搭乗予定の便で何を見ることができる?

ユナイテッド航空の機内エンターテインメントの導入状況です。 100%(*)ですから外れることはありません。 クリックするとユナイテッド航空の該当するページへジャンプします。

そして実際に自分が搭乗する便で何を見ることができるかについては予めここで確認することができます。 過去には、米国内線であっても日本の映画が収録されていることがありました。 この便(2018年1月のフェニックス~サンフランシスコ)では、日本の映画は収録されていませんでした。

有料のWi-Fi

ここでの有料のWi-Fiは搭乗している機内の枠を超えて一般のインターネットへと接続するサービスです。 「Continue to unitedwifi.com」をタップすると次の画面へ飛びます。

「Internet」を選択すると次の画面へと飛びます。

クリックすると拡大します。

できれば、ゲストでインターネットサービスを購入するのではなく、UAのメンバーとしてログインした状態で購入しましょう。 UAにマイルをためていないANA/JAL命の方もアカウントだけ作ってしまいましょう。 デバイスごとにUAメンバーとしてログインすれば何度でもデバイス間でスイッチすることができてとても便利です。 購入はクレジットカードでも自分の口座にあるマイルを使うこともできます。 例えば、往路でたまった自分のマイルを復路で機内Wi-Fiに利用するということもできます。 購入手続きが完了したら、途中で入力したEメールアドレスへ領収書が送られてきます。

機内Wi-Fiは高速で飛んでいる飛行機であるため接続状況が良くないということも起こりえます。 そういう時は返金手続きを行えば速やかに対応(以前の記事内で紹介)してもらえます。

United Partnersは無料で閲覧できます

ユナイテッド航空のパートナー企業のウエブサイトは無料で閲覧できます。 以下のサイトです。

ここだけの話

エイドリアンの経験からは、Google関連のアプリは理由は良く分かりませんが無料で利用できることが多いです。 例えば、「Google News」、「Google ドライブ」、「Google Trips」、「YT Studio」などです。

スピードは速くなく、利用できないとき・利用できるときが繰り返されることもありますが、「Google News」を見ることができれば、機上の人になっていても無料で世の中で大事件が起こっているかどうかくらいはタイムリーに確認できます。

運航に関する情報

運航に関する情報ももちろん無料で利用できます。 アプリのトップページから、「Flight Status」または「My Reservation」から自分の予約情報へと入ってみましょう。

到着予定時刻やゲート情報、さらには預け荷物が出てくるターンテーブルの番号まで確認できます。 これは便利です。 飛行機の位置情報もこの通り。 機外の景色がどこか分かりますよ。

自分が預けた荷物がどうなっているかも確認できます。

クリックすると拡大します。

さらに自分の乗り継ぎ便情報も確認できます。 エイドリアンのこの日の乗り継ぎはUA35便サンフランシスコ~大阪・関西です。

機内Wi-Fiの導入は大変な作業

日本ではJALに続いてANAももうすぐ機内Wi-Fiが国内線で無料になるようですが、利用できる機材はまだまだ限られるようです(その点、ユナイテッドは優秀です)。 機内Wi-Fiなんてさっさとアンテナをつけて全機で利用できるようにしてしまえばいいじゃないかと思っていましたが、そんな簡単なものではなく大変な作業が必要になるようです。 ユナイテッド航空のビデオですが興味のある方はどうぞ。

全日空NH1986「行くハム」便がフェニックスへ

前後しますが、フェニックス出発の前日午後にレンタカーをフェニックススカイハーバー国際空港のレンタカーセンター内のHertzへ返却したちょうどその時に清宮幸太郎選手が入団した北海道日本ハムファイターズ御一行様を乗せた全日空NH1986「行くハム」便が着陸するところだったので動画に撮ってきました。 日ハムはこの暖かいアリゾナの地でキャンプができて幸せですね。

まとめ

ユナイテッド航空エコノミープラスを利用したフェニックス~サンフランシスコのフライトを紹介しました。

  • 早朝便だったのでレンタカーは前日に返却。 ちょうど北海道日本ハムファイターズ御一行様を乗せた全日空NH1986「行くハム」便がフェニックススカイハーバー国際空港に着陸するところだったので動画に撮ってきました
  • 当日は朝4時過ぎにチェックイン。 アメリカの空港の朝は早いです。
  • ユナイテッドクラブは朝4時のオープン。 朝食をいただきました。
  • この便ではアップグレードはクリアされず、エコノミープラス席

機内エンターテインメントの利用方法、どういったサービスが利用できるか詳しく解説しました。 搭乗前にユナイテッドのアプリをダウンロードしておきましょう。