ユナイテッド航空 2018年の1Kメンバーキットにコースターがついてきた

2018年のユナイテッド航空1Kメンバーキット

今回はユナイテッド航空の1Kメンバーに送られてくるキットを紹介したいと思います。 ユナイテッド航空のプレミアレベルに馴染みのない読者も多いかと思うのでまずはその紹介からします。



ユナイテッド航空のプレミアレベル

ユナイテッド航空には次の表にあるように4段階のプレミアレベルがあります。

プレミアレベル 必要なPQM*1とPQS*2(および米国在住者に必要なPQD*3)
プレミアシルバー   25,000 PQM  または  30 PQS(および $3,000)
プレミアゴールド   50,000 PQM  または  60 PQS(および $6,000)
プレミアプラチナ   75,000 PQM  または  90 PQS(および $9,000)
プレミア1K 100,000 PQM  または 120 PQS(および $12,000)

*1 PQM: プレミア資格対象マイル
*2 PQS:  プレミア資格対象区間
*3 PQD:  プレミア資格対象ドル

(PQM, PQSのカウント方法はこちら)

1Kはユナイテッド航空の最上位のプレミアレベルになります。 日本在住者の場合はPQDは免除されるので、日本に住んでいる方で1Kを何とか安く取得したいと思えば、安いチケットを買って100,000 PQMを飛ぶのが近道です。 このPQMはスターアライアンスの他社便もカウントされますが、

1暦年にユナイテッドおよび/またはユナイテッド・エクスプレスが運航するフライトを有料で最低4区間ご利用いただくことが条件となります。

マイレージプラスプレミア資格は、必要なプレミア資格対象マイル(PQM)、プレミア資格対象区間(PQS)、プレミア資格対象ドル(PQD)を獲得することで取得できます。

・・・こういった条件があるので注意が必要です。 ANAだけに乗ってユナイテッド航空のプレミアステータスを獲得することはできないようになっています。

1Kの底なし沼からは抜け出せない

プレミア特典にはいろいろとありますが1Kとして受けることができるメリットはとても大きいです。 スターアライアンスのゴールドのメリットは当然として、

  • 使い勝手の良い(NHを含むスタアラ各社にも利用できる)アップグレード券(電子証書)をもらえたり、
  • 米国内線では無料でアップグレードのリストに載せてもらえたり、
  • 積算マイルが増えたり、
  • 1Kのカスタマーセンターはいつも電話はすぐにつながり、そしてカスタマーセンターの皆さんなかなかスキルが高いので予約をゴニョゴニョするときなどいつも本当に助かっています。
  • 特典航空券直前発券・変更手続費用が免除されるのも嬉しいところです。
    • ユナイテッド航空の5000マイルを使ってANAの国内線を予約できるということをご存知の方も多いと思いますが、実際には直前(といっても搭乗の20日前からの)予約・予約変更・キャンセル等での制約がかなりあります。(ユナイテッド航空のホームページから引用しました。↓)
    • UAの5000マイルを使ってANAの日本国内線の便を予約できるのは出発日の60日前から4日前までなので、UAのゴールド以下の場合はANAの日本国内線予約後の変更・キャンセルには必ず手数料が発生してしまうことになります。 慎重に予約手続きを進める必要があります。 でもあまり慎重になりすぎて出発の20日以内になってしまうと今度は予約手数料が発生してしまいます。
    • 1Kの場合はこういったすべての手数料が免除されるのです。 とっても助かっています。

その他に、イレギュラーなことがおこったり、トラブル発生時の手当てなどは、明文化されているわけではないのですが、1Kとして手厚く対応してもらっていると感じています。

更には、ここにはあまり書かない方が良いだろうということもあったりで、エイドリアンはユナイテッドの顧客囲い込み戦略にまんまと足をすくわれ1Kの底なし沼から抜け出せなくなり、今年(2018年)で14年目連続で1Kを継続するに至っているのです

1Kよりも上のGS(グローバルサービス)

厳密にはプレミア1Kの上に招待制のGS(グローバルサービス)というのがあります。 GSは招待制ですから、自力ではどうすることもできません*4。 おそらくファースト・ビジネスクラスをノーマル料金でバンバン利用してくれる顧客や営業からの働きかけなどで選ばれた顧客だけがその資格を得ることができるのだと思います。 安いチケットを買って何とかアップグレードして飛び回っているだけではなかなかGSに有り付けるものではないと思います。

このGSのサービスは謎が多いのですが、1Kよりも明らかに優遇されていることは間違いないので、1Kに到達した者にとっては憧れ(?)のステータスです。

*4 ハードルは高いですが例外的に実力で獲得する方法があります。 次のご褒美のところで紹介します。

100万マイル飛ぶとご褒美があります

ユナイテッド航空にはミリオンマイラープログラムというのがあります。 ユナイテッド航空の実飛行マイルで100万マイルを飛ぶごとにご褒美があります。

生涯フライトマイル 資格特典 同伴者様の
年間プレミア資格
100万 プレミアゴールド
200万 プレミアプラチナ
300万 プレミア1K
400万 ユナイテッド・グローバルサービス

一旦100万マイル(PQMではなくユナイテッド航空の実飛行マイル)飛ぶと、以降全く飛ばなくても生涯スタアラゴールドです。 追加のお金を払わなくても生涯スタアラゴールドなのです。 さらに、だれか同伴者を指名することによりその同伴者も本人と同じ資格をゲットできます。

・本人が1Kになれば同伴者も1K、
・全く飛ばずに本人が100万マイルの恩恵でゴールドになったら同伴者もゴールド

ということで一旦100万マイル飛んでしまえば死ぬまで無料で二人分のスタアラゴールド以上の資格が保証されるのです。

さらに100万マイルごとにご褒美が続きます。  生涯でユナイテッド航空に実飛行距離で400万マイル乗ればその後死ぬまでGSの資格をいただくことができます。 同伴者もGSです(同伴者は常に1名だけです)。 GSは招待制ですが、例外と書いたのはこのことなのです。 でも、東京とサンフランシスコ間をざっくり400往復する必要があります(ユナイテッド航空の実飛行距離なのでANAに乗ってもカウントされません)。 とってもハードルが高いですね。

エイドリアンは現時点でユナイテッドの生涯マイルが190万マイル程度です。 頑張ればちょうど寿命が来る頃に400万マイルあたりに到達できるかもしれません。

2018年のプレミア1Kメンバーのキット

1Kのメンバーキットはここ数年は1月末頃に登録している自宅住所に送られてきています。

2018年も1月末に送られてきました。 A4サイズよりも一回り小さい大きさの薄手の箱のようになっていてビニールでラッピングされています。 発送元は日本です。

裏面はこんな感じです。 厚みは郵便受けに入る程度に抑えてくれています。

1Kのメンバーキットは毎年少しずつ内容が異なっているので今年はどんなものだろうか、と少し楽しみです(大きな期待をするとがっかりします)。

開封してみます。 まず開いたところに1Kのメンバーカードが差し込まれています。 1Kでありかつ、1MM(Million Miler)であることが分かると思います。 1Kの資格は2019年1月末までです。 また下右側にはCEOのあいさつ文があります。

下の方の見開きを開くとこの通りです。

四角いのはプラスチック製のコースターでした。 2018年の新しい趣向です。 ユナイテッド航空が就航しているメジャーな都市の絵が描かれています。 これはなかなかいいですね。 早速利用しています。

それから荷物に括り付けるネームタグ。 名前は印字されていないので、名前を書くのであれば裏面の所定の欄に自分でマジックで書き込む必要があります。

それから、1Kのトールフリーカスタマーセンターの電話番号一覧表。 この裏面に各国の電話番号が記載されています。

機内で利用できるアルコールドリンクのバウチャー。 10枚あります。 毎年、ほとんど使うことなくゴミ箱いきです。 (ユナイテッド航空の機内飲み物の紹介 と 1Kメンバーがエコノミークラスを利用するときの特典

先ほど紹介したようにユナイテッド航空を実飛行距離で100万マイル以上飛ぶと同伴者を指定することができ、その同伴者も本人と同じプレミアステータスが与えられます。 エイドリアンは2018年のステータスは1Kなので、同伴者も1Kで、そのカードも同封されています。

まとめ

今回の記事では、

  • ユナイテッド航空のプレミアレベルの紹介
  • 2018年の1Kメンバーキットの紹介

をしました。

2018年の1Kメンバーキットには次のものが同封されていました。

  • 本人の1Kメンバーカード
  • 同伴者(companion)の1Kメンバーカード
  • コースター4枚
  • 荷物に括り付けるネームタグ2枚
  • 1Kのトールフリーカスタマーセンターの電話番号一覧表
  • アルコールドリンクのバウチャー10枚

一度1Kの旨味を覚えてしまうとなかなか足を洗うことができません。 その特典・メリットをフルに活用して今年もいっぱい旅行を楽しみたいと思っています。