ニューメキシコ州ホワイトサンズ国定公園は真っ白な静寂の世界を楽しめる大砂漠

2018年2度目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して2018年で4年目。 早くも2月にして2018年2度目のアメリカ個人旅行*です。2月の後半10日程度の時間をかけてアリゾナ州ツーソンを起点にアリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州の国立公園を巡ります。 またニューメキシコ州のTruth Or Consequencesという街にある民間宇宙港スペースポートアメリカ (Spaceport America) にも立ち寄ります。 この一連の旅行記事はこちら(2018 2月 アメリカ(AZ, NM, TXの国立公園巡り))に順次追加してゆきます。

* 今回は一人でなく連れがいますが、ブログ記事には連れが出てこないようにしています。

今回の記事では、ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国定公園(White Sands National Monument)を紹介します。



ホワイトサンズ国定公園
White Sands National Monument

ホワイトサンズ国定公園はアメリカニューメキシコ州の軍事基地の街であるアラモゴード(Alamogordo)の近くにある、文字通り下の写真のような真っ白な砂の砂漠の広大な公園です。

朝夕は風紋が鮮やかに映りとってもいい写真を撮ることができます。 このホワイトサンズ国定公園、日本でもテレビを通じてみたことがあるという人は多いはずです。

  • ファイト!一発、のリポビタンDのCMが撮影されたところとしても知られています。
  • イモトの世界の果てまでイッテQ!」や昔の「世界!弾丸トラベラー」っていう番組でも取り上げられました。 何を隠そう、ホワイトサンズ国定公園は第1回弾丸アカデミー大賞で第1位に輝いているのです。

このホワイトサンズの白い砂は石膏でできています。 山から石膏を溶かし込んだ水が流れ降りてきてできた近くの盆地状の湖には流れ出る川がありませんでした。 やがて、気候変動で乾燥が進み結晶性の石膏が出来上がりました。 長い年月が経つうちに風化と浸食が進んで結晶が崩れ、そして山から吹き降りてくる強風によって現在のホワイトサンズの場所へ運ばれてくる間に徐々に小さな砂になり、そして砂が擦れあう中で透過性が落ちて白く見えるようになっていったのです。 現在でもその強風によって砂漠全体がアラモゴードの街の方に向かって1年に10メートルくらい移動しています。

一面が真っ白なとても美しい静寂の世界を感じることができる砂漠です。 エイドリアンは、このホワイトサンズが大好きでこれまでに何度も訪れています。 退職後は、年に1~2回のペースでこのニューメキシコ州のホワイトサンズ国定公園へ来ています。 今回の記事は、2018年2月の訪問時の写真をもとに紹介します。

アメリカの国立公園管理局 (NPS, National Park Service) が運営するホワイトサンズ国定公園(White Sands National Monument)のオフィシャルサイトです。

National Monumentの日本語訳は、「国定記念物」と「国定公園」が主に使われています。 このブログ記事では、「国定公園」を採用することにします。

アクセスは

最寄りの大都市・大きな空港があるのはテキサス州エルパソです。 約160キロメートル、1時間30分ほどのドライブです。

今回は、カールスバッド洞窟群国立公園を訪れた後にこのホワイトサンズへ向かいました。 ニューメキシコ州カールスバッドからは、約260キロメートル、3時間ほどのドライブです。

宿泊

宿泊に適した一番近くの街はアラモゴード(Alamogordo)です。 軍事基地の街として栄え、最近大手スーパーマーケットWalmartも進出し便利になりました。 ここには全米大手チェーン系列のホテルがあります。 エイドリアンは、これまでにアラモゴードではHampton Inn(ヒルトン系列), Fairfield Inn(マリオット系列), Holiday Inn(IHG系列), Days Inn(Wyndham系列)に宿泊したことがあります。 リゾート地ではないので洗練されたホテルではありませんが、最初の3つのホテルであれば、まずまず快適に過ごせるのではないかと思います。

エントランス

アラモゴードの街からだとUS-70を南西に向けて25キロメートルほど走ると右手にWhite Sands National Monumentの案内が見えてきます。

ビジターセンター前にあるホワイトサンズ国定公園の看板です。 (この日は2018年2月14日にフロリダ州で起きた銃乱射事件の犠牲者に弔意を表すために半旗が掲げられていました。)

ビジターセンター

ビジターセンターに立ち寄ってみましょう。 ホワイトサンズの紹介映画を見ることもできます。 夕方のガイド付きツアーの集合場所・時刻の案内があります。 ホワイトサンズが初めてであれば是非参加してみましょう。 ビジターセンターまたは入園料を支払う料金所でホワイトサンズ国定公園の地図をいただくことができます。

ビジターセンターのすぐ横にはお土産物売り場があります。 園内の砂を無断で持ち帰ることは違法ですが、ここであれば砂漠の砂を使ったお土産物を買うことができます。 公園内の砂丘で砂滑りを楽しむためのソリ(有料)を借りることができます。

一番人気のアルカリフラットトレイル

アルカリフラットトレイル (Alkali Flat Trail)は園内で一番人気のトレイルです。 ビジターセンターからは一番遠いところにあります。 園内の地図はこちらで確認できます。

こんなにも美しい景色を楽しめます。

このトレイルの名前には、「Flat」がついていますが、「平ら」ではありません。 足が取られて上り下りが大変な砂丘が何か所もあります。 出発地点にある注意書き、命に関わることもあるのでしっかりと確認しましょう。

万全の態勢で

トレイルのスタート地点には、これでもかというくらいに注意書きがあります。 なぜでしょうか? それは、このトレイルで時々死者が出るからです。 脅かしではなく、本当なのです。 砂漠のトレイルは、日差し・照り返しが強く、途中トレイルには多少のアップダウンはあるものの日陰を作るようなものは何もありません。 日中は気温がとても高くなります。 十分な水を持たずにこのトレイルへ出てしまったがために命を落としてしまう方が出るのです。 でも、ここはアメリカ。 死者が出るからトレイルを閉鎖するのではなく、自己責任で楽しんでくださいというスタンスです。 トレイルに出る前には、十分な量の水を持って行きましょう。 以前は、トレイルの入り口に、名前や連絡先を記入するノートが置いてありましたが、2018年2月の時点では撤去されていました。 ますます、自己責任の度合いが強くなったということだと思います。

ホワイトサンズ国定公園の気候についてはこちらを参照ください。

ホワイトサンズ国定公園の気候 / weather.com

いざ、出発!

トレイルの出発地点です。

トレイル上には、このオレンジ色の立て札が一定距離ごとに立っています。 必ずこの目印を見ながら進みましょう。 風で砂が移動していくので、このオレンジの立て札が埋もれてしまって見えなくなる可能性があります。 その場合は、そこでストップ、引き返しましょう。

真っ白い砂漠の丘(砂丘)のようなところ、そしてくぼ地のようなところもあります。

風紋がとっても美しいです。 夕方に近づくとより美しく見えるようになっていきます。

今回のトレイルハイキングのベストショットです。 この写真をスマホ、PCの壁紙にしました!

この場所での動画を貼っておきます。

最初に紹介したトレイルの立て札。 迷子になると、即、命に関わる事態です。 しっかり確認しながら進みましょう。

日没が近づいてきました。

途中、砂漠の中で逞しく生きる植物を見ることができました。

クリックすると拡大します。

素晴らしい夕日

夕方に近づき、ホワイトサンズがオレンジ色に色づき始めました。

サンセットの時刻に合わせて駐車場近くに戻り、静寂の中でサンセットを眺めました。

ホワイトサンズ国定公園のサンセットをタイムラプス動画で貼っておきます。 よろしければどうぞ。

まとめ

アメリカニューメキシコ州の軍事基地の街であるアラモゴード(Alamogordo)の近くにある、文字通り真っ白な砂な砂漠のホワイトサンズ国定公園への訪問記です。

  • 過去には、ファイト!一発、のリポビタンDのCMが撮影されたところとしても知られています。 「世界!弾丸トラベラー」っていう番組でも取り上げられました。
  • 一面が真っ白なとても美しい静寂の世界を感じることができる砂漠です。
  • 最寄りの空港がある大都市は、テキサス州エルパソになります。 約160キロメートル、1時間30分ほどのドライブです。
  • ビジターセンターに立ち寄りましょう。 夕方のガイド付きツアーの集合場所・時刻を確認しましょう。
  • 公園の地図は、ビジターセンターか入園料を支払う料金所でゲットできます。
  • 園内のハイキングの一番人気のトレイルは、アルカリフラットトレイル (Alkali Flat Trail)です。 ハイキングするときは十分な量の水を持って行きましょう。 時々死者が出るトレイルです。
  • サンセットが近づくと、真っ白な砂漠が少しオレンジ色に色づきます。 とっても美しい光景です。
  • 日本からホワイトサンズ国定公園へのツアーというのは見かけたことがありません。 アクセスもあまりよくありませんが、でもそれだけ感動も大きいと思います。