アリゾナ「セドナ」のエアポートメサとオーバールックで早朝の心地よい時間を楽しみましょう

2018年最初のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して2018年で4年目。 2018年最初のアメリカ個人旅行は、1月の後半2週間程度の時間をかけてフェニックスを起点にセドナ、フラッグスタッフ、アリゾナ大隕石孔(ミティア・クレーター(Meteor Crater))、化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)、アルバカーキ、サンタフェ、世界遺産タオス・プエブロへとドライブします。 この一連の旅行記事はこちら(2018 1月 アメリカ(セドナ、アリゾナ大隕石孔、サンタフェなど))に順次追加してゆきます。

この旅行の全体のあらましについてはこちらの前回の記事で紹介しました。

今回の記事では、アリゾナ、セドナで朝日・夕日を眺めるのに大人気のエアポートメサとエアポートオーバールックを紹介します。

(エアポートオーバールック(Airport Overlook)については、こちらの記事でも簡単に紹介しています。)



アクセスはとても簡単

セドナの中心点、「The Y 」(Y字三叉路)からだとAZ-89Aを西へ2~3分程度走り、Airport Rd.の標識のところを左折します。 中腹にエアポートメサが、上まで登り切ったところにエアポートオーバールックがあります。

中腹のエアポートメサの駐車場は無料ですが10数台程度の駐車スペースしかありません。 いつも駐車場はいっぱいです。 Airport Rd.は片側1車線の急な坂道でお世辞にも広い道路というわけではありません。 ここの駐車スペースが空いていない場合は潔く広大な駐車場があるてっぺんまで上ってしまう方が良いでしょう。

てっぺんのエアポートオーバールックの広い駐車場は有料で駐車料金は3ドルです。 駐車場の入り口に有人の料金所があります。 料金所に係りの人がいないときはすぐ近くの自動券売機を利用します。 右の写真のようなレシートをもらうのでダッシュボードの上に置いて外から見えるようにしましょう。

この駐車券・レシートは1日有効です。 朝・夕2回の利用でも3ドルで済みます。

それでは、エアポートオーバールック、エアポートメサの順に紹介します。

エアポートオーバールック

セドナ空港

エアポートオーバールックという名前の通り、ここには空港があるのです。 空港の名前はずばり、Sedona Airport。 セドナの多くのエリアを見渡すことができる小高いメサのてっぺんにある滑走路全長約1,500メートルの空港です。 大阪の八尾空港くらいの規模です。 セドナ空港のオフィシャルサイトはこちらです。

Official Website of Sedona Airport KSEZ, Sedona, Arizona with Live View Webcam of Sedona, Sedona Tourist Information, Important Pilot Information, Sedona Online…

Sedona Airportの入り口の看板です。 この前日の夜に雪が降りました。 サボテンが少し雪化粧しています。

この空港には朝・昼・夜と利用できるレストラン(Mesa Grill)が入っています。 一度利用してみたいと思います。

エアポートオーバールック

その空港施設から徒歩圏内、先ほど紹介した駐車場に隣接するようにエアポートオーバールックがあります。

日の出直後の眺めです。 とっても寒かったけど、空気が澄んでいてセドナの街を一望でき、朝日に照らされる向かい側の岩山の色合いが刻々と変わっていく素晴らしい眺めでした。

拡大してみました。 街の中もところどころ雪化粧しているのが分かります。

皆さん、こんな感じで景色を楽しみ、そして記念撮影をしていました。 いろいろなブログの書き込み情報からもっと多くの観光客が集まってくるのかと踏んでいましたが、思いのほか少なかったです。 アリゾナとはいえ、セドナの1月の朝はとっても寒かったので気候が影響しているのかもしれません。

エアポートメサ

次は、エアポートメサです。 AZ-89Aからエアポートオーバールック(下の地図ではAirport Vista)へ向かう山道の中腹にあります。 「You are here」と書いてあるところにエアポートメサの駐車場があります。

車を停めたら、「SUMMIT TRAIL」の矢印の方向へと歩いていきます。 少し急な坂道もありますが距離が短いのでそれほど負担にはならないでしょう。

エアポートメサの駐車場が満車の時はてっぺんのエアポートオーバービューの駐車場まで上がり、そこからトレイルを使ってハイキングをしながら下ってくるのが良いでしょう

途中、ところどころに雪化粧したサボテン。

あっという間に上ってきました。

振り返るとエアポートメサの駐車場が見えます。 10数台くらいの駐車スペースしかなくいつも満車であるということが理解できたと思います。

もうすぐです。 「SUMMIT TRAIL」の矢印に従って進みます。

そしてエアポートメサのてっぺんへ。 中腹の駐車場からは15分とかかりません。

いい眺めです。 エアポートはこの写真の右側の方になります。

下の写真のような平ぺったい岩が数か所あります。 そこでヨガをしている方もいました。 エイドリアンは朝日を眺め、深呼吸をして、セドナの自然の空気の香りを楽しみました。

おススメルート

前々回が夕日に染まるカセドラルロック

セドナの中でも特に写真映りのいい場所として知られている4大ボルテックスのひとつ、カセドラルロック (Cathedral Rock) 。どこから、どの時間帯で撮ればいいのかを実際に足を運んで確認してきました。朝・夕を対比させた写真も掲載。動画もあります

前回がベルロックのトレイルハイキング

セドナを代表するほど有名なベルロックの早朝のトレイルハイキングを実体験をもとに紹介。トレイルヘッドからベルロックの反対側までの往復で1時間少し。ベルロックの麓までアクセス可。ベルロックの反対側ではセドナのバレーを一望できます

そして、今回がエアポートメサとエアポートオーバールック

セドナで朝日・夕日を眺めるのに大人気のエアポートメサとオーバールックを紹介。セドナを一望できる高台で記念撮影をするもよし、陽の光で赤茶けた色がさらに際立つセドナの景色を写真に収めるもよし。ヨガに取り組んでいる方も見かけました

また2017年11月のセドナへの旅行記の中では今回の記事で紹介したところ以外にセドナの街の中、スタバからのスヌーピーロックやドライブルートなど

アメリカ原住民の聖地セドナはスピリチュアルな街として世界中に知れ渡り年間400万人の観光客が訪れる一大観光地。手頃な料金で利用できる大満足ホテルと写真スポットを紹介。「The Sedona Airport Overlook」は是非行きたい見晴らしの良い場所です

を紹介しました。

セドナでの限られた時間を有効に使うためのエイドリアンからのおすすめは次の通りです。

① まず、あさイチで、エアポートメサとエアポートオーバールックへ行って朝日に照らされ赤く染まるセドナの街と周辺の岩肌を一望し朝の心地よい時間を過ごし、

② 次いで、ベルロックのトレイルハイキングを楽しみ気持ちのいい汗をかく

③ 昼間はセドナの街の中を歩きながら楽しんだり、スタバからのスヌーピーロックを眺めたりドライブルートでセドナの自然のダイナミックさを感じ、

④ そして、〆に夕方、夕日に染まるカセドラルロックでセドナの思い出の写真を撮る。

これだけ1日で楽しむことができれば最高だと思います。 是非ご検討ください。

この記事がセドナへの旅行を検討されている方々のお役に立つことができればうれしいです。

まとめ

アリゾナ、セドナで朝日・夕日を眺めるのに大人気のエアポートメサとエアポートオーバールックを紹介しました。

セドナの街中近くの小高いセドナ空港がを擁するメサがその人気の場所です。 中腹にエアポートメサ、てっぺんにエアポートオーバールックがあります。 朝日・夕日を眺めながら記念撮影をするもよし、陽の光で赤茶けた色がさらに際立つセドナの景色を写真に収めるもよし。 岩場でヨガに取り組んでいる方も見かけました。

アリゾナとはいえ、1月のセドナの朝はとっても寒かったです。 この時期は温かい恰好をして出かける方がよいでしょう。