ザイオン国立公園のすぐ近くにある美しいパウダー砂丘 Coral Pink Sand Dunes State Park

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 3~9

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 3~9は”The Wave”へのチケットをかけてガラガラ抽選に臨みました。 ガラガラ抽選については最後にまとめてブログ記事にします。

DAY 7

“The Wave”のガラガラ抽選に外れた後、DAY 7のこの日は拠点にしているユタ州Kanabの街からコーラルピンク砂丘州立公園(Coral Pink Sand Dunes State Park)とザイオン国立公園(Zion National Park)へ行ってきました。 今回の記事では、コーラルピンク砂丘州立公園(Coral Pink Sand Dunes State Park)を取り上げます。

コーラルピンク砂丘州立公園
(Coral Pink Sand Dunes State Park)

コーラルピンク砂丘州立公園(Coral Pink Sand Dunes State Park)のオフィシャルサイトはこちらです。

アクセスは簡単、目的地まで舗装道路なので安心

ユタ州Kanabから車で約30分のところにあります。 ユタ州の観光案内で紹介されているところへ行く場合には未舗装道を運転していかないといけないケースが多いです。 4WDで悪路の運転も自信あり、というなら別だけど携帯もつながらないようなところではちょっと勇気がいると思います。 さらに未舗装道を利用するとレンタカーの保険対象外なのでできれば避けたいですよね。 この砂丘へはずっと舗装道なので運転は楽だし万一の時の保険の心配もないですよ。

KanabからZionやBryce Canyonに向かうAZ-89を北上し、途中で、Coral Pink Sand Dunes State Parkの道路標識が出てきたら、Hancock Rd.へと左折します。

こういった道を走り続けます。

そうするとT字路が現れ、Coral Pink Sand Dunes State Parkの矢印の方角へ左折します。 その道路は目的地の名がついた、Coral Pink Sand Dunes Rd. です。

看板が現れました。 ここから公園内に入っていきます。 ユタ州が管理する公園ですね。

無料で十分に砂丘を楽しめます

この看板から数分走ると左手に10台分くらいの駐車場が現れます。 Google Mapにはその位置表示がされていなかったので、衛星写真から場所を特定しました。 下のスクリーンショットで、「無料で見事な砂丘を楽しめます!」としたところがその場所です。

下のマップをクリックすると衛星写真に飛ぶように設定しています。

”無料で見事な砂丘を楽しめます”の位置情報: 37.053402,-112.712989

衛星写真(2017年11月11日時点)を見ると車が1台停車しているのが確認できると思います。 そこが今回紹介する場所です。

本当にきれいな色の見事な砂丘です

この案内板の前に車を停めましょう。

このコーラルピンク砂丘州立公園(Coral Pink Sand Dunes State Park)について説明してくれています。

クリックすると拡大します。

Coralっていう名前が使われているので、珊瑚が由来しているかと思ったのですが、”Coral Pink”という意味で”珊瑚のようなピンク色”を意味しているようです。 実際に見た感じでは、ピンク色からオレンジ色というところでしょうか。 人によって色の表現が異なるかもしれません。 砂粒そのものは石英のクリスタルですが、酸化鉄に覆われているためにこのようにきれいな色に見えるのです。

この周辺にあるピンク色のナバホ砂でできた砂岩が浸食されて砂粒になり、強風で飛ばされこの場所で積み重なって砂丘となったものです。 部分的に非常に高く積もっている場所があり、最大で30メートルにも達しているとのことです。

砂丘を歩いてみました

駐車場から少し砂丘を上ります。 少しの高さなので心配無用です。

てっぺんに立つと砂丘の砂がきれいな風紋を作っていました。

触ってみると砂粒の細かさにびっくりです。 本当に細かかったです。 パウダーという表現がぴったりです。 さらっとしていて、服についても手で叩けばきれいに落ちました。

砂丘のてっぺんで左手から順に写真を撮りました。 クリックすると拡大します。

エイドリアンの記念写真です。

細かい砂に少し足を取られましたが、砂丘の中を30分程度歩いてみました。 ここはそれほど有名にはなっていないので観光客が少ないです。 静寂の世界を楽しめました。

子供がいたら最高の砂場で大喜び間違いなしです!

有料エリアもあります

この場所から車でもう少し先へ(南へ)進むとこの公園の有料エリアへ到着します。 先ほどと同じ地図の下の方に印をつけた”Coral Pink Sand Dunes State Park”がその場所です。 下のマップをクリックすると衛星写真に飛ぶように設定しています。

”Coral Pink Sand Dunes State Park(有料エリア入口)”の位置情報: 37.037252,-112.731439

有料エリアは車1台8ドルです

これが実際の有料エリアへ入る料金所になります。 入場だけなら車1台8ドルです。

料金所で撮った写真です。 クリックすると拡大します。

先ほどの無料エリアと違いはなし

有料エリアに入って車を停めました。 砂丘の方へ歩いて行って眺めても先ほどの無料で楽しめるとして紹介した場所と何ら変わりません。

この有料エリアにはキャンプ施設が整えられていました。 キャンプしそして宿泊も許可されています。 キャンプの場合には別料金が発生しますが、設備が整っているので利用価値大だと思います。

キャンプはせずに砂丘を楽しむだけなら無料のエリア、キャンプをするなら有料のエリア利用というのが良いでしょう。

動画をお楽しみください

無料エリアで撮影した動画2本を貼っておきます。

1本目は砂丘のてっぺんに立って周りをぐるっと撮った動画です。 大体のイメージがつくと思います。

2本目、こちらは砂丘のてっぺんから少し下って、足元から順に上の方へと撮影しました。

まとめ

ユタ州Kanabやザイオン国立公園からすぐ近くにあるコーラルピンク砂丘州立公園(Coral Pink Sand Dunes State Park)。 舗装道だけで現地までたどり着ける安心のアクセスです。

有料エリアと無料エリアがありますが、キャンプはせずに砂丘を楽しむだけなら無料エリアで十分です。 今回の記事で写真や動画を使って説明しましたが、砂丘の色合いやキメの細かいパウダーの砂についての素晴らしさは言葉で表現しきれません。

この砂丘はまだそれほど有名にはなっていないので観光客は少ないです。 グランドサークルの有名どころはどこに行っても人で溢れかえっています。 その中で、しばしの静寂の世界を楽しんでみるのも良いでしょう。