カナディアンロッキー Bow Summitの景色は素晴らしかった

2017年5~6月 カナダとカリフォルニアへ

カルガリーを起点にカナディアンロッキーの大自然を満喫し、サンフランシスコ周辺でチェリー摘みを楽しむ旅。 この旅の一連の流れは2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)から確認できます。



Bow Summitはどこに?

ルイーズ湖(Lake Louise)からアイスフィールドパークウェイ(Icefield PKWY)を北に車で45分程度、左手にBow Summitがあります。 駐車場は左折してからすぐです。

駐車場から展望台までは10分程度のはずが。。。

案内板には展望台まで10分程度と記載されています。 ここを訪れたのは2017年5月末だったのですがまだ雪がたくさん残っていました。 多くの観光客がBow Summitを目指し、残雪が踏み固められて、とても滑りやすくなっていました。 滑りやすいというよりもツルツルのツルツル。 氷の上を歩いているようです。 特に展望台から駐車場に戻るときは下り坂になるので、それはそれは大変。 歩くのをあきらめてお尻で滑り降りてくる観光客もいました。 エイドリアンはツルツルのところを歩いて3回もコケてしまったので、雪が踏み固められていない柔らかそうなところなら大丈夫、って思ったのですがちょっと甘かったです。 雪解けが進んでいたので踏み固められていない雪の下の方はスカスカだったみたいです。 まもなくエイドリアンの体全体がズボッと雪の中に埋まってしまい身動きが取れなくなりました。 あがけばあがくほど雪の中に体が包み込まれていきます。 自力で脱出するのは無理だと悟りました。 そこに運よく中国語をしゃべるグループが通りかかり快くエイドリアンを引っ張り上げて助けてくれました。 本当に感謝感謝です。 でも気を付けないといけませんね。 もし誰も通りかからないような時間帯だったりしたり本当に命の心配をしないといけない状況でした。

季節にもよると思いますが、底が滑りにくい靴か、登山用の杖(トレッキングポール)を準備しておくほうがいいと思います。

少しずつ、本当に少しずつ進むしかありませんでした。 案内板には10分程度と記載のあった道のりを結局、登りが30分、下りは40分くらいかかりました。

でも苦労して登った甲斐がありました。 展望台からの眺めの写真です。 素晴らしい景色です。 Google Mapのクチコミ評価で4.8になっています。 レビュー数が140件以上あるのにこのポイントを取るのは相当な高評価である証です。 向かい側の険しく切り立った雪山には右上から左下に向かって地層が走っています。 湖に川が注ぎ込んでいるあたりの湖面の氷が先に溶けているのが良く分かります

下に見えている湖はペイトー湖(Peyto Lake)と言います。

狭い展望台はこの人だかり。 5月末ですが既に汗ばむ陽気。 半袖のTシャツ姿の人が多いですね。 展望台の囲いから出ている迷惑行為の人もちらほら。 いい写真を撮ろうとするとそのDQNたちが邪魔になるのです。 そしてちょっと危険ですね。 足を滑らせるとすぐ先の崖を転落です。 若者は、しょうがないなあ、という感じでみな困っていました。 読者の皆さんはそんなことはしないでくださいね。

バンフとジャスパーの間のアイスフィールドパークウェイ(Icefield PKWY)をドライブするならここは是非立ち寄って欲しい所です。 時期によりますが、展望台に続く10分程度のハイキングの道には雪が残っていることがあるので注意が必要です。 観光客の多いところなのでツルツルに踏む固められたところだけでも少し公園側がメンテナンスしてくれるともっと安全に展望台にたどり着けていいんだけどね。

自己責任ですから、しっかり準備しておくことに越したことはありません。