ブライスキャニオン国立公園 そびえ立つ奇岩群のビューポイント13か所を徹底解説

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 10~11

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 10~11はブライスキャニオン国立公園 (Bryce Canyon National Park) へ行ってきました。 侵食によって形成された土柱という奇岩が連続していてこの地を訪れる観光客を魅了する人気の国立公園です。

当初の予定はちょっと違ってたんだけど。。。

当初予定では、ユタ州のKanabの街で“The Wave”の現地でのガラガラ抽選に臨んだあとは、ネバダ州のグレートベイシン国立公園(Great Basin National Park)へ行くことにしていました。 その国立公園がある場所は、本当にど田舎、大手のチェーンホテルなどは周辺何百キロの範囲内にはなく、最寄りの街にはろくなレストランやスーパーもない有様です。 そこでの宿泊は、Booking.comを通じて現地の良く分からないホテルらしきところを予約していました。

ところが何と前日になって、宿泊先のトラブルで泊まれなくなったとBooking.comからメールが来ました。 代替案としてはるか彼方のホテルを提案してくれているけど、手続きは自分でやれ(代替案のホテルの予約だけでなく、泊まれなくなったホテルのキャンセルもやれ!というのにはあきれ返りました)、という内容です。 変な日本語を使うBooking.comとメールでやり取りしましたが、訳が分からず、結局英語で確認すると、”it is not my fault” のスタンスで怒り心頭!

顧客志向でないところは2度と使いません、Booking.com。

でも結局近くで代りになる適当なホテルが見つからず、”The Wave”の抽選に8日連続敗退したことによる心労(?)も響いて、結局、近くのブライスキャニオン国立公園に行き先を変更することにしたのです。

ブライスキャニオン国立公園
(Bryce Canyon National Park)

ブライスキャニオン国立公園はユタ州南西部に位置する侵食によって形成された土柱という奇岩が見どころの国立公園です。 無数の岩が本当に柱のように高くそびえているのです。

アメリカの国立公園局が運営するブライスキャニオン国立公園のオフィシャルサイトはこちらです。

Kanabからブライスキャニオン国立公園へ移動

“The Wave”の現地でのガラガラ抽選に臨んでいたKanabからブライスキャニオン国立公園へ移動しました。 距離にして77マイル(約123キロメートル)、1時間30分程度のドライブです。

US-89を北へ進み、UT-12との交差点で右折し東へ進みます。 ユタの州道12号線、気合いが入っています。

国立公園に入る前から見どころがいっぱい

気合いが入っていると思わせるUT-12号線に入ってから少し進むといい感じ。 まだブライスキャニオン国立公園内には入っていないのですが、車を脇に停めて景色に見入ってしまいます。

クリックすると拡大します。

岩を刳り貫いたこのトンネルでは皆さん車を停めて写真を撮っていましたね。

ブライスキャニオン国立公園に到着

お決まりのいつもの写真です。 ここの公園入口のこの案内板はまっすぐ北を向いています。 ここでの写真は南側を向いて撮ることになるため一日中逆光となります。 エイドリアンの腕とiPhoneではきれいに写真を撮るのは難しかったです。

アメリカの国立公園 入園料金無料の日

ブライスキャニオン国立公園を訪れた時はちょうど、Veterans Day Weekend (退役軍人を称えるお祝いの週末)でアメリカの国立公園の入園料が無料になる日でした。 特に多くの人が押し寄せていたと思われます。

アメリカの国立公園局のオフィシャルサイトでは国立公園への入園料が無料になる日がリストアップされています。 最新の入園無料の日のリストについては以下のリンク先をご確認ください。

Mark your calendar for these entrance fee–free dates in 2017:

  • January 16: Martin Luther King Jr. Day
  • February 20: Presidents’ Day
  • April 15-16 and 22-23: Weekends of National Park Week
  • August 25: National Park Service Birthday
  • September 30: National Public Lands Day
  • November 11-12: Veterans Day Weekend

ビジターセンターで情報収集

こちらは国立公園内に入ってすぐ右手にあるビジターセンターです。

このビジターセンターの脇には大きな太陽光発電パネルが設置されています。

公園内の最新情報を確認します。 クリックすると拡大します。

まだ雪は降っておらず、公園内はすべてオープンです。 ただしこの時期は園内を無料で周遊するシャトルバスは運行されていないので自分の車で移動する必要があります。

ブライスキャニオン国立公園はザイオン国立公園と並んでとても人気のあるアメリカの代表的な国立公園です。 多くの観光客が押し寄せる夏場は駐車場不足解消と自然保護のために無料のシャトルバスが運行されるので、そちらを利用する方が良いでしょう。
なお、この記事を書いている2017年11月時点では、「シャトルバスが運行されている時であってもその利用を強制するものではない」、とオフィシャルページには記載されています。

ブライスキャニオン国立公園のビジターセンターでは無料Wi-Fiを利用できます。 ザイオン国立公園と同じです。

11月に入り、年末までに売りさばける目途が立たなかったのでしょうか? 2018年のカレンダーがBuy 1 Get 1 Freeのセール品になっていました。

見どころを順に紹介

こちらはブライスキャニオン国立公園園内の地図です。 クリックすると拡大します。

https://www.nps.gov/brca/planyourvisit/upload/Whole_Park_summer-web.pdf

地図の上の方が公園の入り口側です。 公園の入り口側に近い方から、(”ホニャララ” POINT)と記載されている見どころを順番に紹介します。 なお、ビューポイントはすべて見晴らしのいいところにあります。 それだけ、冷たい風を受けることになるので防寒対策はしっかりしておきましょう(耳当てがあるとずいぶん助かりますよ!)。

SUNRISE POINT

名前の通り、日の出が美しい場所とされています。

遠くまで見通せます。

今回は昼間の写真ですが少し離れたところに岩が柱のようにそびえたっているのが確認できます。

SUNSET POINT

ここは名前の通りサンセットが美しい場所とされています。 人気のあるポイントだけに駐車場はとても広く、トイレもあります。 ここを出発すると次のトイレは「FARVIEW POINT」までありません。

目の前の岩が本当に柱のようにそびえたっています。 トゲトゲ感が最高です。 写真映りもいい場所です。 クリックすると拡大します。

時間があればNavajo Loopを使って下の方まで降りていきましょう。 おすすめです!

上から見たときはこういった眺めでも下へ降りていくと大きく変わります。

Navajo Loopを使って下に降りていくと。。。

上から眺めていたものが下に降りていくと当然ですが視界が大きく変わってきます。 2016年4月にここを訪れたときはNavajo Loopを使って下まで降りていきましたので、その時の写真をギャラリーにしておきます。

クリックすると拡大します。

INSPIRATION POINT

駐車場からINSPIRATION POINTへは急こう配の坂が続きます。 ちょっと汗をかきますがいい運動になって景色を眺めるときの爽快感が格別です。

こちらはLowerのビューポイント。

こちらはupperのビューポイント。

INSPIRATION POINTで撮った動画を貼っておきます。

BRYCE POINT

BRYCEと名前がつくだけあって、これぞブライスキャニオンという感じの代表的な景色です。

クリックすると拡大します。

PARIA VIEW

ここではすぐ目の前のそびえたった岩、少し離れたところの土柱と緑、そして遠景と欲張りなところです。

クリックすると拡大します。

FARVIEW POINT

ここでは高いところから見下ろすような感じになり名前の通り遠くの方まで見通せます。

どれをとってもすべてがいい絵になります。

クリックすると拡大します。

「FARVIEW POINT」にはトイレがあります。 次のトイレは終着点の「RAINBOW POINT」です。

PIRACY POINT

PIRACY POINTへはFARVIEW POINTから5分強歩きます。

クリックすると拡大します。

NATURAL BRIDGE

アメリカの国立公園を巡っていると”Natural Bridge”と名前の付くところが多いです。 それぞれ特徴があり、また一番の見どころになっていることが多いですね。

ブライスキャニオン国立公園のNatural Bridgeは、うーん、まずまずというところでしょうか? ブライスキャニオンはやっぱり、そそり立つ土柱の方が似合いそうです。

AGUA CANYON

ブライスキャニオン国立公園を貫く舗装道路もここまで来れば終点までもうすぐです。

クリックすると拡大します。

PONDEROSA POINT

少しずつですが標高が上がっているのに気づきましたか?

そびえたつ土柱を目の前で見下ろす感がすごいです。

クリックすると拡大します。

BLACK BIRCH CANYON

行き(公園入口から終着のRainbow Pointへ向かう時)の場合には、案内板が視界に入りません。 駐車スペースがとても狭いので帰りの車のみを誘導しているものと思われます。

ここもいい眺めです!

YOVIMPA POINT

公園内を貫く舗装道路の終着点。 RAINBOW & YOVIMPA POINTSの駐車場に車を停めて、少し後戻りするように5分程度歩きます。 平坦なトレイルです。

この日は青空もきれいでした。

RAINBOW POINT

一番遠いところにある、そして一番高いところにあるビューポイントです!

来たぞー、と叫びたくなります。

これまで見てきたのと似たような眺めですが、一番遠いところにまで来るとちょっと違うんだぞという特別な感じがあります。

ここでは、朝10時30分からガイドと一緒にトレイルを歩くチャンスがあるみたいです。 時間はその都度変わる可能性があるので、ビジターセンターで確認しましょう。

まとめ

ブライスキャニオン国立公園はユタ州南西部に位置する侵食によって形成された土柱という奇岩が見どころの国立公園です。 無数の岩が本当に柱のように高くそびえ立ち、この地を訪れる観光客を魅了します。

きれいに舗装・メンテナンスされた道路がブライスキャニオン国立公園を貫いています。 そのところどころに見どころとなるポイントが設置されています。 国立公園に入るときにもらう地図を見ながらポイントを巡ってみましょう。 今回紹介した案内文と写真をもとに絞り込んでみても良いでしょう。

エイドリアンの一番のおすすめは、「SUNSET POINT」。 目の前に迫る柱のように高くそびえ立つ土柱は迫力満点です。 時間があれば是非「SUNSET POINT」のトレイルにもチャレンジしてください。 スイッチバックしながら下っていき奇岩群の中に吸い込まれていくような感覚はきっと忘れることのできない体験になることでしょう。