ルイーズ湖(Lake Louise) ハイキングと宿泊

2017年5~6月 カナダとカリフォルニアへ

カルガリーを起点にカナディアンロッキーの大自然を満喫し、サンフランシスコ周辺でチェリー摘みを楽しむ旅。 この旅の一連の流れは2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)から確認できます。



バンフからだと日帰りでも問題ない距離

バンフ国立公園内になるルイーズ湖(Lake Louise)は、バンフから車で40分程度のところに位置しています。 バンフからの日帰りでも問題ない距離ですね。 写真を撮って終わりでなく、ぜひ湖畔沿いのトレイルをハイキングしてみてください。 そして時間に余裕があるときは現地で1泊してみましょう。

ルイーズ湖へ向かうときにちょっと注意が必要

Lake Louiseという名称は、ルイーズ湖の湖そのものの名称、そしてその湖の周辺の街の名称の両方に使用されます。 車で走っていて道案内を見るときにもちょっと注意を払う必要があります。

カーナビにLake Louiseとだけ入れるとLake Louiseの街への案内になる可能性があります。 もしあなたが湖の方に行きたいのなら、超有名・高級ホテルである “Fairmont CHATEAU LAKE LOUISE” を行き先にしておくといいかもしれません。 そのホテルは、ルイーズ湖の湖畔にあり、ルイーズ湖を訪れる観光客用の大駐車場がすぐ隣にあるからです。

高速道路からはこのように進みます

高速道路を走っていてこのサインのところでアイスフィールドパークウェイ(Icefield PKWY)をおります。

そして、Lake Louise Dr.(Dr. はDriveの略。 Driveは”~通り”としてよく使われます)を走って湖へ向かいます。 近くまで来ると誘導員が案内してくれるので指示に従って進みます。

いよいよルイーズ湖へ

ここには大きな駐車場があります。 車を停めてルイーズ湖へ向かいます。

ルイーズ湖とご対面。 訪れたのは2017年の5月末。 まだ湖面は凍っているのでちょっと残念。 湖水がこの写真を撮った小さな橋が架かる川から流れ出ていきます。 20年前にルイーズ湖でボートを漕いでいて、ちょっとぼんやりしていたら、この川の方へボートが流されかかって慌てたことを思い出しました。

Fairmont CHATEAU LAKE LOUISE

写真は Fairmont CHATEAU LAKE LOUISE です。 今回の旅行を決めたときに真っ先にチェックしたのがこのホテルの宿泊レート。 やっぱりここに泊まってみたいですもんね。 でもびっくり仰天。 日本円に換算して税込みで1泊約10万円でした。 エイドリアンが許容できる金銭感覚からはかけ離れています。 Fairmont CHATEAU LAKE LOUISEを諦めて他の宿泊先を探し、ルイーズ湖から徒歩圏内にあるDeer Lodgeに宿泊しました。 Deer Lodgeについては今回の記事の下の方で紹介します。

でも一生に一度ということでレートが高くてもFairmont CHATEAU LAKE LOUISEに泊まってみたいという方はこちらで予約できます。

Elegant yet inviting, our Lake Louise hotel accommodations provide guests with lavish rooms and world-class views of the natural wonder that surrounds us. See o…

時期によってはもう少し手ごろな宿泊レートに落ち着いてくるときもあるみたいです。 ものは試し、一度チェックしてみてもよいかもしれません。

ホテルの正面入り口からルイーズ湖側を撮ったのがこちらの写真。 この方角には雲が多いですね。

湖畔をハイキング

湖に沿うように “Lake Louise Lakeshore Trail” というトレイルが整備されています。 湖面を眺めながら気持ちよいハイキングを楽しめます。 トレイルに沿って歩き始めて3~4分したころでFairmont CHATEAU LAKE LOUISE側へ振り返って写真を撮りました。

トレイルを進んでいきます。 湖岸の氷がどんどん溶けていっているのが音で分かります。 耳を澄ますとパリパリ、パリパリという音が聞こえてきます。

ところどころに案内板が出ているので安心です。

トレイルには警告が。 自己責任です

ルイーズ湖の北端まで来てさらにトレイルは続きます。 が、ここでWARNING!と書かれた案内板が置かれていました。

このWarningのところを拡大するとこの通り。 ”AVALANCHE” とは雪崩のこと。 5~6月は春の雪崩に注意、ということです。 高所から湿った雪が突然落下してくることがあるみたいです。 場合によってはその雪で怪我をしたり雪に埋まってしまうことも。 でもここまで書いておきながら立ち入り禁止ではないんです。

進むなら完全に自己責任ですよと宣言されているわけです。

その警告の案内板から少しだけ先に行ってみました。 このようにトレイル上に急に雪が増えてきます。

ちょうど引き返してくる観光客にこの先の様子を聞いてみると、この先トレイル上の雪がかなり増え、崖の上の雪が多いところがあって警告文の通り落雪の危険が本当に有りそうだった、ということでした。 エイドリアンは、結局ここでトレールを引き返すことにしました。 往復で約1時間30分。 気持ちよいハイキングでした。

謎の動物と遭遇

引き返そうとしたちょうどその時、林の中の方でザワザワという音がしました。 目を向けると何やら動物が奥の方へのしのしと進んでゆきます。 写真では真ん中あたりに見える黒っぽいもの、お尻だけが見えますね。 クマではなかったです。

ルイーズ湖の湖面に映る雪山は見事です

是非、映像でお楽しみください。

宿泊はDeer Lodgeに

Fairmont CHATEAU LAKE LOUISE の宿泊レートがあまりにも高かったので周辺で手頃な宿泊先を探した結果、Deer Lodgeに宿泊することにしました。 1923年にTea Houseとして建造、1925年にロッジとして開業したという歴史があります。 高級感はありませんが、歴史に裏打ちされた重厚感のある佇まいに行き届いたメンテナンス、そしてルイーズ湖まで徒歩圏内ということで十分満足いく滞在でした。 宿泊レートは1泊約2万円(予約時全額支払い、キャンセル不可条件)。

Deer Lodgeからルイーズ湖を直接眺めることはできませんが、ルイーズ湖まで徒歩で10分とかかりません。

Lake Louise Dr. から見たDeer Lodgeです。 Lake Louise Dr.に面した側は、レストランになっています。

Deer Lodgeの宿泊客用の駐車場はホテルの裏側にあります。 広場のようなところに自由に停めてください、といった感じになっています。

客室内の写真は撮り忘れてしまいました。 歴史あるロッジです。 その気持ちで利用すれば何ら問題はないと思います。 都会的なホテルを期待する方には向かないと思います。

セルフでコーヒーやお茶を頂けます。

宿泊客が自由に利用できるラウンジです。 セルフで淹れたコーヒーを片手にこのラウンジでくつろぐことができます。 暖炉があり、動物の剥製があり、雪の中で使用するいろいろな道具が何気なく置かれていてなかなか良い雰囲気です。

Deer Lodgeでは、客室内やラウンジで無料のWi-Fiを利用できました。 速度はそれほど早くはありませんでしたが電波は安定していました。 映像をリアルタイムで見たりしなければそれほどストレスなく利用できるのではないでしょうか。

Deer Lodgeの予約はこちらからできます。 特定の日に限り予約と同時に支払いを済ませると25%引きになるキャンペーンをやっています(2017年8月7日時点)。 旅行の予定を早い段階で固定できるならお得に宿泊できるかもしれません。

Looking for a quiet retreat with dazzling views, delicious cuisine and attentive staff - Deer Lodge has it all. Located just minutes by foot from the enchanting…