モニュメントバレー 絶好写真スポット フォレストガンプポイント おススメの時間帯は朝ですよ!

今年最後6回目のアメリカ個人旅行

年6回のアメリカへの個人旅行を実践して3年目。 2017年最後のそして6回目のアメリカ個人旅行では11月の丸々1か月間をアメリカで過ごしてきます。 ラスベガスを起点にネバダ州、ユタ州、アリゾナ州の自然を楽しむ予定です。 この1か月間の旅のあらましはこちらの記事に、一連の旅行記事はこちら(2017 11月 アメリカ(モニュメントバレー、The Waveなど))に順次追加してゆきます。



米国1か月間の旅行 ~ DAY 16~21

今回は米国への出発から現地出発までがちょうど30日間です。

何日目かが分かるように、DAY X でカウントしていくことにします。

DAY 16~21はモニュメントバレーで5泊6日の滞在を楽しんできました。

今日はモニュメントバレーでぜひ行ってみたいフォレスト・ガンプポイントの紹介です。

フォレスト・ガンプポイント (Forrest Gump Point)

映画 「フォレスト・ガンプ一期一会」でフォレストガンプ扮するトム・ハンクスが最後に走ったところがここです。 この写真はいつかどこかで見たような、という読者も多いのでは?

どんな映画だったかなという読者はこの絵を見れば思い出すかも。

フォレスト・ガンプポイントまでは結構遠いです

この場所、あまりにも有名になってしまってフォレスト・ガンプポイントと名前がついてしまいました。 多くの観光客の方々のこの場所に来てこの光景を写真に収めて帰ります。

グーグルマップにもForrest Gump Pointとして登録されています。

上の地図では、The View Hotel からフォレスト・ガンプポイントまでのルート検索をしたのですが、所要時間は約20分、距離は約26キロメートルです。 結構遠いですよね。

どの時間帯にこの場所へ行くのが良いか?

上の地図からもわかるようにフォレスト・ガンプポイントからモニュメントバレーへは、北東側から南西側を向くことになります。

アリゾナ州やユタ州の赤茶けた岩場が舞台になる観光ポイントでは、一般的に朝・夕がその色が際立つために写真撮影に適しています。 このフォレストガンプポイントでは南西側を向いて写真を撮ることになるので、夕方だと逆光になってしまいます。 腕のいい写真家さんで太陽と同じ位置にあるモニュメントバレーを同じフレームの中で見事に写真に収めることができるのであれば夕方でもいいですが、エイドリアンのようにスマホでパシャリという人の場合には絶対に朝がおすすめです。 朝日を受けた岩肌が赤さを増してとても写真映りが良くなります。

今回このフォレスト・ガンプポイントへ出向いたのは2017年11月中旬。 この時期は太陽は左斜め後ろの方から昇ことになります。 この後の写真を見ればわかりますが、延々と続く道路がビュートの陰に入って道路がカーブしているところが見えにくいんですね。 この場所で太陽がちょうど後ろ側から昇るのは夏場です。 夏場だと今回よりももっときれいに写真を撮ることができます。

11月中旬、朝は氷点下です!

この日の日の出の時刻は朝の6時56分でした。 朝6時過ぎに宿泊していたThe View Hotelのすぐ近くのロッジを出発しました。 フォレスト・ガンプポイントへ向かう途中で撮りました。

日の出前のこの時刻が一番寒くなる時だと思います。 天気予報では朝の気温はマイナス4℃でした。 本当に寒かったです。 耳を覆う帽子のようなものは必携品です。

朝夕は動物が活発に動く時間帯、安全運転です

日没・夜明けの時間帯は、野生の動物が活発に活動し道路に出てくることも多いです。 動物を轢きたくはないのでスピードを落として安全運転です。 フォレスト・ガンプポイントに近くなるとかなり明るくなってきました。

フォレスト・ガンプポイントに到着!

そしてこれがフォレスト・ガンプポイントに到着した時の写真です。 日の出まで、まだ15分くらいありました。 いい眺めです。

2017年11月中旬のこの寒い早朝に、このフォレストガンプポイントに写真撮影に来ているのがエイドリアンを含めて8名でした。 エイドリアンのようにスマホで写真撮影の人もいれば三脚を持ってきていて本格的な撮影に取り組んでいる人もいました。

日の出の時刻を迎えました

日が昇るにつれて岩肌の赤みが増してゆきます。

そして完全に日が昇りました。

道路脇の小高い土手からの写真です。

この写真を撮って帰路につきました。

帰る途中の写真もあります

ロッジへ戻る途中にも写真を撮りました。 すべての場所ですべてがいい絵になるのがモニュメントバレーです。

フォレスト・ガンプポイントで正面から眺めていたビュートを斜め横から撮りました。

動画をどうぞ

モニュメントバレーのフォレスト・ガンプポイントの動画です。 まだ凍えるように寒い時間帯です。 手足が竦み、ぎこちない揺れになっています。

ロッジに戻った後、The View Restaurant で朝食(リンクは別の日の記事・写真)を取り体を温めました。

まとめ

映画 「フォレスト・ガンプ一期一会」でフォレストガンプ扮するトム・ハンクスが最後に走ったモニュメントバレーへ続く1本道。 とても有名になり、フォレスト・ガンプポイントと名前がついています。

多くの観光客がここへやってきてモニュメントバレーの姿を写真に収めて帰ります。 フォレスト・ガンプポイントからはモニュメントバレーを南西側に見ることになります。 夕方にこの地に来ても逆光になるため、期待外れということになりかねません。 腕のいい写真家でないとなかなかきれいな写真は撮れません。

フォレスト・ガンプポイントへ行くなら日の出の時間帯がおすすめです。 朝日に照らされた岩肌が赤く染まりとても綺麗です。 2017年11月中旬、日の出の時間帯ですがエイドリアンを含めて8人がこの場所に集まってきました。 とても寒かったです。 温かい服装が必要です。

夏場の方が太陽はより後ろ側の方から昇ってくるので、モニュメントバレーへと延々と続く道路がビュートの陰に入ることなく鮮明に見えるのでより美しい写真を撮ることができます。

モニュメントバレーへ行ったら、フォレスト・ガンプポイントへは朝! 読者の皆さんもチャンスがあればチャレンジしてみてください。