ユナイテッド航空 ポラリス・ビジネスクラス 搭乗記 サンフランシスコ~大阪

2017年5~6月 カナダとカリフォルニアへ

カルガリーを起点にカナディアンロッキーの大自然を満喫し、サンフランシスコ周辺でチェリー摘みを楽しむ旅。 この旅の一連の流れは2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)から確認できます。



2週間のカナダ・アメリカの旅も終わり 帰国の途へ

2017年6月 UA35便 サンフランシスコ(SFO)ー 大阪(KIX)
出発: 11:25 / 到着: 15:00
飛行時間: 11:35
機材: B787-8
搭乗クラス: ポラリス・ビジネスクラス

Great Circle Mapper

 搭乗機材は往路と同じB787

サンフランシスコ空港の窓ガラス越しに撮影した搭乗間際のB787の写真です。 真ん中少し右あたりに時空のゆがみのようなものが生じていますが、それは単にガラスを通して撮影した影響ですのでご心配なく。

サンフランシスコ空港のモザイク壁画

サンフランシスコ空港のこの日のUA35便の搭乗口です。 これまで繰り返し利用していてもあまり気に留めていなかったのですが、写真に撮ってじっくり眺めてみると、搭乗口の上部にある絵はなかなかインパクトがありますね。 モザイク壁画だそうです。 各ゲートのモザイク壁画を撮ってみるといいコレクションになりそうです。

UA35便はANAとの共同運航便です。

アメリカから日本へのフライトでの座席選択は?

ユナイテッド航空のB787-8型機のシートマップです。 今回の座席はポラリス・ビジネスクラスの1L、一番前の右側です。

B787-8 Seatmap / United Airlines Homepage

アメリカから日本へのフライトでは、太陽の動きと同じで東から西の方角に移動していくことになります。 午前中出発のこの便の場合は、太陽と一緒に移動していくことになり11時間強の長時間、ずっと昼間になります。 そして南側を向くことになる左の窓側の席(Aの側)は飛行機に乗っている間、ずっと太陽の光を受けることになります。 従来タイプの飛行機の場合は手動サンシェードを押し下げて完全に太陽光線をブロックできますが、B787ではサンシェードは液晶サンシェードが装着されています。 液晶サンシェードの機能を最大にしても太陽の明かりが少し入り込むように感じます。 また手動でも液晶サンシェードでも長時間太陽光線を浴びていると窓際では暑さを感じるようになってきます。 エイドリアンの場合はその暑さと太陽光線の差し込みが少し気になるのでアメリカから日本へのフライトの時は可能な場合は右側を選ぶようにしています。(下の写真の太陽光の差し込みはサンフランシスコ空港で駐機中のもの)

座席1Lのすぐ下側のところで貨物室の扉が開いているのが分かります。

ブランケットの袋に謎の中国語

2016年12月から運用が始まったポラリス・ビジネスクラスのサービスで提供されるアメリカの高級デパート、サックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)の寝具もお馴染みになってきました。 これはブランケットです。

裏返してみると、何やら謎の中国語が。 「消毒済み」という意味であることは漢字から容易に想像できますが、サンフランシスコ発の便だったので少し違和感がありました。 ユナイテッド航空のアプリでこの便を遡ってみると直前に中国四川省成都からサンフランシスコ間を飛んでいました。 納得ですね。

ユナイテッド航空のアプリは搭乗前にダウンロード

ユナイテッド航空のアプリは利便性が高くなかなか有能です。 搭乗予定の飛行機がどこから飛んでくるか・今どこにいるか、また搭乗ゲートや出発時刻の最新情報を確認することができます。 乗る飛行機のシートマップを見ながらアプリ上で座席を変更することができます。 飛行中は自分の飛行機の位置情報や運行情報をリアルタイムでフォローできます。 アプリを搭乗前にダウンロードしておくと自分のスマホやタブレット機器を使って機内で無料の映画を楽しむこともできます。

エイドリアンがこれはスゴイ、と思ったのは、アメリカ国内線でフライトがキャンセルになった時にアプリ上で自分の代替便や乗り継ぎ便の情報を確認できたときかなあ。 イレギュラーなことが起こるとサービスカウンターの前は長蛇の列となりがちで焦ってしまいますが、こういう情報が予め分かっていれば落ち着いて行動できます。

最近では、ゲート前や機内でこのアプリを使っている搭乗客を見かけることが増えてきました。 エイドリアンはユナイテッド航空の回し者ではありませんが、ユナイテッド航空に乗るのであればこのアプリをダウンロードしておいて損はないと思います。 このアプリは、エコノミーやビジネスクラス利用の違いに関係なく皆さん平等に利用できるので、念のため。 そのアプリのダウンロードはこちらからできます。

United Airlines

United Airlines
開発元:United Airlines
無料
posted with アプリーチ

離陸前のサービス

シャンパンをいただきました。 エイドリアンは、このグラスの方が安定していて好きです。

いよいよ絶滅危惧種という言葉が聞かれるようになってきたB747です。 ユナイテッド航空のB747は日本路線から完全に退役してしまいました。

シンガポール航空、エアカナダ、ユナイテッド航空、ANAとスターアライアンスの飛行機が並んでいます。

気がついたら離陸

滑走路へ向かう途中で寝てしまっていました。 目覚めると雲の合間からサンフランシスコ市内が見えました。

離陸後のサービス。 まずはテースティング

ワインメニューです。

暖かいナッツとスパークリングウオーターです。

赤ワインのテーステイングをしました。

選んだのは、

Chateau Ste. Michelle 2013 Indiann Wells Merlot
Columbia Valley, Washington, USA

でした。 大きめのグラスに改めて注いでもらいました。

食事は和食を選択

食事のメニューです。 北米に2週間いると和食を選択したくなってしまいました。

前菜トレーです

鰻はちょっと固め。 温かくするともう少しおいしくなりそうです。

こちらの前菜はおいしかったなあ。 ロブスターは食べ応えがありました。

煮物です。 手前の白いのは平目。 これも合格点です!

メニュー上はお味噌汁はメインと一緒のはずですがなぜか前菜とともに。

香の物もお味噌汁と一緒で前菜扱いです。。。

メインです

メイン料理はヒウチ鯛。 人参や椎茸の下に隠れています。 量的にもう少しあってもよかったかな。

メニューには味付きご飯となっていましたが、まあ白米ですね。 機内でのお米を美味しく提供するのは本当にむつかしそうですね。 部分的に(写真では左上周辺)ちょっとパリパリになっていました。

デザートです

エイドリアンにとってはこれが至福の時です。

ユナイテッド航空のポラリス・ビジネスクラスで提供されるアイスクリームは路線によって異なっています。 サンフランシスコ発ではVilla Dolceのイタリアンジェラートでした。

コーヒーをいただきました。

フライト中の燃料補給

フライト中から日本時間に合わせるために機内で寝ないように頑張りました。 途中、ブラッディ・マリーで燃料補給をしました。

少しお腹がすいてきました。 緑茶、焼きそば、ツナサンドイッチです。

着陸前の食事

チキンカツを選びました。

カツの衣がふにゃふにゃでした。 これはしょうがないかなあ。

カレールーは美味しかったです。

アメリカ発の食事の付け合わせではよく出てきます。

フルーツ、食べやすくカットされていてみずみずしく美味しかったです。

ギリシャヨーグルトです。 エイドリアンのお気に入りです。

着陸前のチョコレートです。 そういえば、この便の出発時にはチョコレートがなかったなあ。

雨の関空に到着です。 隣はエアカナダの飛行機です。

2週間に亘った2017 5~6月 カナダ & アメリカ(カリフォルニア)の旅はこれで終了です。

少しでも読者の皆さんの旅の参考になればエイドリアンもうれしいです。 この旅行記の記事の中で、こういったところをも少し詳しく教えてほしいというような要望があれば是非コメントください。